【オルクセン王国史】謎の小銃Gew61【ネタ】

投稿日:

コミカライズ版「オルクセン王国史」。

240122_01.jpg

オルクセン王国史~野蛮なオークの国は、如何にして平和なエルフの国を焼き払うに至ったか~1 [AA]

--------------------------
ネタバレ注意!!
そして本稿はあくまでネタ
→真に受けてはいけない!!!!
--------------------------


5話前半を見てひっくり返りました。

「えぇっ?! コボルト族って、並ぶとこんなデカいの?!」

240622_01.jpg

コボルドのRPGデザイン [AA]

本当にびっくりです。ワタシ脳内では「2足で歩く犬」→それこそダンジョン飯のチルチャックみたいなバランス感で描かれてた→ほぼ人間サイズであることに驚愕。

240622_02.jpg

ダンジョン飯 Blu-ray BOX 1《通常版》 [Blu-ray] [AA]

コボルト族は身体が(人間やエルフと比べて)小さいので航空兵になったという理解だったのですが、もしかして「主力であるオーク族よりも小さい」というだけの話で、人間よりも小さいとまでは言われてなかった...?(^^;;

改めて見直してみると、コボルト族の場合「コボルト族」のあとに

・コーギー種
・ビーグル種

のように「なんとか種」という記述がつき、これによってサイズが大きく変わるみたい。

で、ワタシが犬のことよくわからないのでテキトーな、それこそ犬みたいなサイズでコボルト族全体を認識してた模様(^_^;)

オークの体重の話は何度も出てきて覚えてるけど、コボルトの体格の話は全然記憶に残っていない。

コボルトがこの体格なら、オーク用の装備はともかく人間/エルフ用の装備がふつーに使える→いろんな兵科に編成できそうな気がします。エルフがGew74を装備してるなら、コボルトがGew74を使えない理由を思いつかない。

あとずーっと英語式に「コボルド」と読んでそう記述してましたが、オルクセンではドイツ式に「コボル」と言ってることにようやく気づきました。Koboldの綴りは同じなんだろうけど、最後のdが濁ってない。

「エルフ式の敬礼とオルクセン式の敬礼」

をきっちり描き分けてるあたり、やはり野亀センセ...ではなく野上武志氏すごいなぁ、と感心。まぁ本編でわざわざきっちりと描写してたトコなんで、これを描かないわけにもイカンのですが。


で、記述チェックしてるときに気づいた小ネタ。

それまでも、基礎体力作りや、整列、行進や行軍といった兵士としての基本的動作の訓練は行われていたものの、小銃を模したかたちで木材を加工しただけの木銃や、あるいはそれさえ不足して棒くれを用いていて、ごく僅かに前世代銃のGew六一があっただけだから、真新しい小銃が届きその木箱が開封されるたびに、営庭のあちこちで歓声があがったものだ。

我々の知るドライゼ銃の採用は1841年で全然年代が合いませんので、オルクセンではGew74の前の世代としてGew61という、また別の小銃が作られてた模様。

これ、どういう銃だったんですかね。口径は未だ15.4mmなのか、11mmなのか。薬莢の形式や撃発方式はどうだったのか、すごく気になる。

ドライゼ銃の弱点は薬室の閉鎖不完全によるガス漏れ→これをなんとかできれば小口径化とか高性能化とか出来るのですが、燃焼ガスのシールはなかなか大変で、構造の工夫に加え、ゴム加硫加工の確立とその性能向上が欠かせない。

最終的には金属薬莢を投入するしかないと思うんですが、オルクセンは1861年というすごく早い段階でセンターファイア(?)金属薬莢弾を製造できていたのかなぁ...??

これが(ガトリング銃みたいに)リムファイア弾だとまた面白い感じの歴史になるんですが、金属薬莢なしでも閉鎖方式や形状の工夫である程度までは密閉できることがわかってる→たぶんこっち。

慶喜、謀叛!! [AA]

これ年代を74式とか61式とかの記述に変えると、なんかどこかで見たことあるような並びになる気がする→もしかするとコレもミリオタギャグの一つなのかもしれない...(^^;;

元々Gew七四という一種異様な漢字記述には違和感があって、佐藤大輔パロor縦書き対応?とか思ってた。これでGew88に相当するGew74の後継小銃が「Gew90」になれば、並びから見てほぼ間違いなさそう(^_^;)

HJモデルキットシリーズ No6 1/35 74式戦車改リアクティブアーマー[バトルオーバー北海道Ver.] [AA]


オークの王様がスパダリ!?コミック版「オルクセン王国史」漫画・野上武志氏/原作者・樽見京一郎氏インタビュー

オルクセン王国史~野蛮なオークの国は、如何にして平和なエルフの国を焼き払うに至ったか~2 [AA]