みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


Amazon検索
最近の入力
いそがちい
スルメックス
今週の「エデンの檻」感想
購入録
また更新テスト
更新テスト
繁忙期につき縮小更新中
【ハートキャッチプリキュア】 キュアフラワーこと花咲薫子おばあちゃんのシワを消してみた
今週の「エデンの檻」感想
『ちばてつやとジョーの闘いと青春の1954日』読んだ
カテゴリー
アニメ [501 items]
本・マンガ [462 items]
チャンピオン感想 [54 items]
blogメンテ [28 items]
ゲーム [120 items]
[17 items]
ジャンプ感想 [44 items]
映画 [304 items]
音楽 [55 items]
ニュース [85 items]
雑記 [838 items]
写真・映像 [4 items]
WEBラジオ等 [2 items]
読みもの [3 items]
お仕事 [65 items]
過去ログ

2010 05 04 03 02 01
2009 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2008 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003 12
全エントリ一覧

出入り口


2010年02月28日


いそがちい

 あばばばばば

 今週の仮面ライダーWは放送禁止ぎりぎりもんの変態医者とか浜辺でキラキラ追いかけっことかフィリップの変身時の格好がアレだったりとかてんこ盛りな内容でしたね。そしていずれやりそうだなーと期待されていたアクセルにWがライドオン実現。一話の間によくこんだけ詰め込めたな

Posted by みやも at 23:10 | コメント(0) | トラックバック (0)

2010年02月27日


スルメックス

20100227.jpg

 近所のスーパーの駄菓子フェアで見かけて思わず買った。これはひどい
 味はよっちゃんいかの黒酢バージョンみたいな。

 あと、よっちゃん製のすももの酢漬け「すもも兄妹」を買ったんだけど、以前食べたことのあるミサキ社の「すも太郎」の味には及ばず。 すも太郎どこかに売ってないかなあ。


マトリックス リローデッド [Blu-ray]マトリックス リローデッド [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-11-03
売り上げランキング : 4755
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 23:02 | コメント(0) | トラックバック (0)

2010年02月26日


今週の「エデンの檻」感想

第56話。

 
 (更新準備中。扉絵ワロタ おっぱいオリンピックでしてやったり顔の大森さん輝いてるよ! つかアオリ自重しろ(笑)) 
 
 
【関連】
 これまでの「エデンの檻」感想


【最新巻】

エデンの檻 6 (少年マガジンコミックス)エデンの檻 6 (少年マガジンコミックス)

講談社 2010-02-17
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【既刊】
エデンの檻 1 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 2 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 3 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 4 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 5 (少年マガジンコミックス)

Posted by みやも at 01:24 | コメント(1) | トラックバック (0)

2010年02月25日


購入録

 一昨日、PCを買った帰りに古本屋で入手したもの。
 入手したはいいが、読む時間はない。

20100225-1.JPG
20100225-2.JPG

【フィルムブック】
 ・「あれから四年…クラリス回想」
 ・「ASUKA エヴァンゲリオン フォトグラフ」
 ・「未来少年コナン 大団円」(最終回のフィルムコミック)
 ・「劇場版超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか ストーリー&絵コンテ」

【小説】
 ・「小説 ヤダモン」全3巻

【漫画】
 ・「お嬢様特急」全2巻 花田十輝(原案)、勝又礼夫(画)
 ・「エプロンおばさん」(2) 長谷川町子
 ・漫画名作館シリーズ「矢車剣之助」(7) 堀江卓
 ・「超気功忍法催淫列伝フーマ」 雨宮淳
 ・「パラレル狂室」 吾妻ひでお
 ・「ザ・グリーンアイズ」全3巻 巻来功士

ASUKA(アスカ)―新世紀エヴァンゲリオン文庫写真集 (角川文庫)ASUKA(アスカ)―新世紀エヴァンゲリオン文庫写真集 (角川文庫)

角川書店 1997-02
売り上げランキング : 353062
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版 [DVD]超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版 [DVD]

バンダイビジュアル 2007-12-21
売り上げランキング : 2064
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ヤダモン DVD-BOX 1ヤダモン DVD-BOX 1
SUEZEN

ジェネオン エンタテインメント 2007-12-20
売り上げランキング : 18589
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 16:46 | コメント(0) | トラックバック (0)

2010年02月24日


また更新テスト

きのう買い換えたPCがどうも不良品だったらしく、買ったその日に死んだでござる。
店に持っていったらさすがに初期不良あつかいで無料で替えてくれたが時間ないちゅうねん。

windows7と相性悪いのかな、俺・・・・

Posted by みやも at 18:01 | コメント(5) | トラックバック (0)

2010年02月23日


更新テスト

 パソコンがぶっこわれたので買い換えました。二月〆の仕事が積んでる真っ最中に神の試練か。
 いまは新マシンに環境を移行中。設定まわりの再現でつまずきつつもなんとかブログ更新できるところまでこぎつけた。

 某氏にはお手数かけました<()>

 新機のOSはWindows7なんですが、まだちょっと要領がつかめてません。どうなんだろねこれ

Posted by みやも at 22:06 | コメント(2) | トラックバック (0)

2010年02月21日


繁忙期につき縮小更新中

 仕事が月末まで立て込んでおりまして、しばらくまとまった更新ができなさそうです。

 プライベートの読み物では、最近になって初めて「じゃりン子チエ」原作を読み始めました。超面白い。アニメ版は子供のころにあらかた見たので既視感のあるエピソードが多いけど、自分がテツとおなじ三十路に入ってからみると人間関係の機微が違う角度からもうかがえてなんとも味わい深いですね。チエちゃんすごい家庭環境だよなーw

じゃりン子チエ (1) (双葉文庫―名作シリーズ)じゃりン子チエ (1) (双葉文庫―名作シリーズ)

双葉社 1998-09
売り上げランキング : 42547
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 19:33 | コメント(0) | トラックバック (0)

2010年02月19日


【ハートキャッチプリキュア】 キュアフラワーこと花咲薫子おばあちゃんのシワを消してみた

 というエントリを上げる前に、やはりというか既に同ネタが。

【参照】
花咲薫子(キュアフラワー)を若返らせてみた [Syu's quiz blog]

 かわえええええ


 というわけで、遅きに失した感じはありますが、うちもやってみました。
 といっても何のひねりもなくシワを消すのみ。

cureflower01.jpg

 横顔美人ですねー。

cureflower02.jpg

 正面は…うーむ。

cureflower03.jpg

 ううーーーーーんん(笑)
 こうしてみると、つくづく頭の大きさが超絶妙なバランスのキャラデザインですよねえ。

 というわけでアゴを少し削ってみました。

cureflower02b.jpg

 20代くらいのイメージに。
 なんか通りすがりのモブキャラっぽいな。
 つか、この人って髪型はむしろえりか似なんですね(^_^;;)

 さて、果たして若き日のおばあちゃんの姿やキュアフラワーのありし日の勇姿は本編中でも描かれるのでしょうか。今後の展開が楽しみです。


ハートキャッチプリキュア!&フレッシュプリキュア!おはなしブ (講談社MOOK)ハートキャッチプリキュア!&フレッシュプリキュア!おはなしブ (講談社MOOK)
なかよし編集部

講談社
売り上げランキング : 174
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
体内から若返るアンチエイジング 125歳まで元気に生きる体内から若返るアンチエイジング 125歳まで元気に生きる
野村 滋

小学館 2005-03-31
売り上げランキング : 144661
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 00:45 | コメント(0) | トラックバック (0)

2010年02月17日


今週の「エデンの檻」感想

第55話。
 
 
 (更新準備中。ヒロインたちが寒さ高さにさらされる中でアキラが抱きかかえるのは真理谷くんなのであった) 
 
 
【関連】
 これまでの「エデンの檻」感想


【最新巻】

エデンの檻 6 (少年マガジンコミックス)エデンの檻 6 (少年マガジンコミックス)

講談社 2010-02-17
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【既刊】
エデンの檻 1 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 2 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 3 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 4 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 5 (少年マガジンコミックス)

Posted by みやも at 21:48 | コメント(4) | トラックバック (0)

2010年02月16日


『ちばてつやとジョーの闘いと青春の1954日』読んだ

ちばてつやとジョーの闘いと青春の1954日ちばてつやとジョーの闘いと青春の1954日
豊福 きこう

講談社 2010-01-06
売り上げランキング : 11594

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 お友達から借りて読みました。
 豊福きこう氏が、いろんな媒体に残っているちばてつや先生の発言や記述をまとめて『あしたのジョー』連載の時系列に沿って並べた本で、作品のストーリー進行に描き手がコメンタリをつけていく日誌のような形をとっています。ちば先生と原作者(梶原一騎)との作品観のダイナミックな応酬、ジョーや力石たちメインキャラの人間像が掘り下げられていく過程、作者と作品/作品と読者/作者と読者の関わりあいかたなどいろんな論点が詰まっており、『あしたのジョー』副読本として現時点でベストに近い一冊ではないでしょうか。

 連載当時の宣伝関係の図版やキャッチなどがふんだんに収録されていて、資料性も高いですね。

Posted by みやも at 03:44 | コメント(3) | トラックバック (0)

2010年02月14日


今週のハートキャッチプリキュア感想(不定期)

第2話。

・絶望先生!? 後のシーンとのつながりからみるに、やっぱあの妖精さんがYP5のココ・ナッツみたいなアレなんでしょうか。

・おばあちゃんが先輩! 非日常サイドでの保護者がいるのは安心感ありますね。 これはプリキュアとして珍しいだけで魔法少女物のフォーマットとしてはむしろ先祖返りといえるかな。セラムンじゃなくて、もうちょい底の魔法少女物そのものね。おばあちゃんおじいちゃんが魔法使いってのはキッズファンタジーではむしろ定道。

・えりかの純潔がピンチ…と書くとエロい

・こういう細っこいデザインでも肉弾戦いけるもんですねえ

・ブロッサムの必殺技でアイテムくるくる手回しするのがマニ車みたいでワロタ

・ えりかは第一話のアクが抜けましたね。来週はいよいよ彼女もプリキュア化するようで楽しみ。

・心の種は尻から出る。上級者向けすぎるぜェ…

・おばあちゃん若返って参戦したりしないかな…

これまでのハートキャッチプリキュア感想


さよなら絶望先生 特装版1 [DVD]さよなら絶望先生 特装版1 [DVD]

キングレコード 2007-09-26
売り上げランキング : 21062
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ハートキャッチプリキュア!&プリキュアオールスターズまるごと (講談社MOOK)ハートキャッチプリキュア!
&プリキュアオールスターズまるごと

なかよし編集部

講談社
売り上げランキング : 72

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 09:12 | コメント(4) | トラックバック (0)

2010年02月13日


最近読んだもの

 仕事してるのに無関係なプライベートの読書が進んでいる不思議。

みかこさん 1巻 (モーニングKCDX)みかこさん 1巻 (モーニングKCDX)

講談社 2009-10-23
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 一人の女子高生(と、彼女に淡い想いを抱く同級生の男子)の日常を満たす叙情を描いた、今日マチ子先生のWEB漫画の書籍化。[みかこさん公式サイト]
 寡言志向な漫画で、たとえば何かとても冴えた詩集を読んでるときと同じ気分になる瞬間を何度もしみじみと感じる。ような気がする。
 ふだん漫画読むときは効果音やガヤ音やBGMなどなど脳内で勝手にアテてにぎやかになるよう読んでるけど、「みかこさん」はあんまりそれをしたくならないな。擬音ひとつの響きに懸けるため静かに待ち構えながら手と目が進む。

 あと、毎回要所で赤い色が画面を彩るところが目に沁みる。赤をつないで読む漫画。
 とくに温度計の回が好きだな。短冊型にざっくり大きく縦長に並べたコマで、すとんと下に目が落ちるなかじわじわと温度計の赤い目盛りが持ち上がっていく味わい。
 

ぷちえヴぁ ぼくら探検同好会 (角川コミックス・エース 240-1)ぷちえヴぁ ぼくら探検同好会 (角川コミックス・エース 240-1)

角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-06-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ほのぼのした。
 

プライム・ローズ (1) (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)プライム・ローズ (1) (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)

秋田書店 1998-09
売り上げランキング : 466695

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 全4巻、読了。
 あらすじはこちらを参照
 使命感に乏しいわがまま娘が試練を経て自分の役割に目覚めたら最後は目覚めすぎてヤバいところまでいっちゃうバッドエンドルートな物語……になる手前で、途中から別のキャラが主人公格に割り込んでプライムローズを押し出し、抜本的な解決を施して全部チャラにしてしまうという、なんだか変な接ぎ木の感じがある構成でありました。(ようするにジョジョの第●部オチなんだけどプライムローズの関与が薄くていまいち落ち着かない)

 でも後半に明かされるSF設定というかシチュエーションそのものは超好みだなー。

 ググって調べてみたら、どうも当初の構想どおりじゃなかったっぽいですね。(単行本で全体の構成を直す予定だったけどその前に手塚先生が亡くなってしまい連載時のまま本になったとか)アニメ版のほうが本来の構想に近いらしいのでそっちも見たいな。

 それにしても、タイトルの看板になってるヒロインよりも馬とか悪魔とかのほうがエロくて可愛いあたり手塚先生はどこまでも手塚先生すぎますね。

[追記]
 構成には問題はあっても「惚れた男・関わった男がことごとく死んでいく」というプライムローズのさげまんキャラは終始一貫してぶれなかったんだよな(笑) 最初から彼女を主人公として読まず、そういう呪縛を受けているお姫様を周りの男が救おうと次々挑んでは散っていくトライアンドエラーの仕立てとみなせば通しでみても納得できるかな。

ゴクウ (1) (MF文庫)ゴクウ (1) (MF文庫)

メディアファクトリー 1999-11
売り上げランキング : 181312
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 全4巻、読了。
 近未来を舞台に、衛星を介して世界中のコンピュータに割り込んでどんな情報でも引き出したり操作したりできる「神の瞳」を左目に埋め込まれた私立探偵ゴクウの活躍を描くSFハードボイルド。ゴクウがかっこよくて女は死ぬ。ハードボイルドだから。

恐るべき子供たち (岩波文庫)恐るべき子供たち (岩波文庫)
鈴木 力衛

岩波書店 1957-01
売り上げランキング : 239310
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 学生時代に読んだかもしれないけどあらすじしか記憶になかったからひょっとしたら読まなかったんじゃないかなーという気がして念のため読んでおいた。
 夢想で飾り立てた部屋に閉じこもって無邪気な愛執に耽る姉弟が、その自分達の世界の論理を守るためほとんど心中のような死を迎えるまでのお話。難儀なお姉ちゃんって素敵ですね。

Posted by みやも at 22:50 | コメント(4) | トラックバック (0)


ルパン三世 the Last Job

 ラスボスは平野綾に粘着する声オタ。ブラックホールに飲まれて死ぬ。
 うーん、深いお話でしたね。

Posted by みやも at 00:05 | コメント(2) | トラックバック (0)

2010年02月12日


けいおん第14話「ライブハウス!」観た

けいおん! 7 (初回限定生産) [Blu-ray]けいおん! 7 (初回限定生産) [Blu-ray]

ポニーキャニオン 2010-01-20
売り上げランキング : 235
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 TV未放映でDVD/BD限定収録の新作をようやく視聴。良かったです。
 あの世界にもプロを目指してガチで音楽やってる人たちはちゃんといるという平行モデルが示され、また、さわちゃん先生が直に音楽のプロの道には進まなかったけど人生で無駄にもなってない人間だという先行モデルとして並べられて、いまここにいる唯たちの姿が照らされる作り。まあ素直にいけば蛸壺屋の同人誌みたいなことにはならないよな、と(笑)

 余談。
 最近『究極超人あ〜る』を読み返してたんですが、光画部のありようから改めて考えてみるに、『けいおん!』は同系統の“ご休憩ストーリー”ではありつつも、それでもまだ青春の圧力(なんだそりゃ)を帯びた真面目な物語ではあるよなーという気がしました。
 80年代だったら廃部の危機に陥った軽音部が部室に立てこもって生徒会とドンパチするお話があったかもしれないけど、そういう方向ではエネルギーを浪費させないからねー。

究極超人あ~る (1) (小学館文庫)究極超人あ~る (1) (小学館文庫)

小学館 1998-03
売り上げランキング : 186082
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 17:55 | コメント(4) | トラックバック (0)

2010年02月10日


雑記

 ちょっと作業がたてこんでいまして、いただいたコメントへのレスが滞っております。申し訳ない。
 コメント欄はすべて目を通しておりますので、しばらくご容赦ください。

 今週は少年サンデーよかったです。

 『神のみぞ知る世界』身体交換編おもろい。
 いままでずっと男主人公視点からのノウハウでヒロインたちを攻略してきた桂馬くんが女性主人公視点を得たり、さらに自分に攻略されるヒロインの気分まで体感する仕立て。これは桂馬が女性化するお話というより、いずれ元に戻ったときに攻略者としての物の見方に厚みが増すという、レベルアップに向かう修行期間なのかなーと。
 そして過去に攻略したヒロインの再登場は盛り上がりますね。本格的に、今までまいた種の収穫期に入ってきてる感じ。

 『史上最強の弟子ケンイチ』もいいですね。こないだエデンの檻を読んだときからこっち、「他人を自分の道の平行or先行モデルに見立てる」話型が琴線に響くモードに入ってたのでとくに沁みました。

 あと、祝日前で少年チャンピオンも本日サンマガといっしょに発売、チャンピオンはいまとても脂がのったラインナップで読み応えあります。弱ペダ、バチバチ、ケルベロス、GFたまらん。
 しかし今週一番気になったのは『みつどもえ』のアレをパンツ解禁といっていいのかどうかかということなのであった。


神のみぞ知るセカイ 7 (少年サンデーコミックス)神のみぞ知るセカイ 7 (少年サンデーコミックス)

小学館 2010-01-16
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
史上最強の弟子ケンイチ 36 (少年サンデーコミックス)史上最強の弟子ケンイチ 36 (少年サンデーコミックス)

小学館 2009-12-18
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 23:12 | コメント(0) | トラックバック (0)

2010年02月09日


[ハートキャッチプリキュア第1話感想・補記] つぼみとえりかの陰陽/出会う必要のある相手に出会えたのは、どっち?

 「ウザい」もしくはむしろ「ウザ可愛い」と一部視聴者のハートをキャッチしている来海えりか。
 ぱっと見、くるくると表情も言動もめまぐるしくアップテンポな彼女は活動的でネアカなキャラクターのように見えますが、第一話の後半に描かれた姉への態度や、デザトリアンの材料にされた際にあがった心の叫び(姉へのコンプレックスと憧れが混ざった鬱屈)をみれば根っこに深い陰がある子で、外面とギャップが甚だしいのが特徴ですね。「よく動く子」というより「止まるとダメになる子」という感じ。そこが分かってから改めて第一話を最初から見直してみると、あのアクティブぶりは楽しいというよりむしろ痛ましいところでもあります。

 たぶん、彼女はあのまま一人で突っ走り続けていくと次の学年か高校あたりで周りに本格的にウザがられてハブられる恐れがある(というかファッション部から退部した子たちの様子からするとすでにウザがられはじめてる兆しが……)ので、つぼみとえりかの出会いは、つぼみのイメージチェンジの契機としての救いという以前に、むしろえりかにとってこそ早急に必要だった救いにあたるんでしょう。だから実際プリキュアになる順番にラグがあって、まずえりかが心の叫びを聞いてもらって助けられるところから始まると。

 そして対極にあるのがつぼみで、彼女は外面は地味で暗そうだけれど、自発的に変わろう、変わってみせると強いエンジンをかける心性はたいへんネアカ。
 つまり、えりかは陽中に陰があり、つぼみは陰中に陽がある。陰陽太極図のように、二人でそろってちょうどいいバランスといえるかもしれません。

 この陰陽のバランスは初代にも通じるところですね。なぎさは活発なスポーツ少女だけど内面はたいへんソフトで恋に弱気な乙女さんだったのに対し、ほのかは大人しげな文化部系お嬢さまでありながら内面がかなり強(こわ)い子でした。そういう意味でたしかにハトプリはスタッフのいうように原点回帰なコンセプトなんでしょう。

 以下、余談。
 先に述べたような、出会う必要のある相手に出会えたのは本当は一体どちらなのか……がリバーシブルに捉えることができる関係は個人的にツボです。

 方向は違うけど、フレプリのラブせつもそうだったんですよね。
 せつながラブに救われたということを裏返してみると、とにかく人を救わずにはいられないようなヒーロー気質のラブやんが最大にその本然をつぎこめる対象としてせつなが現れ、自分に「救われてくれた」ってのがラブにとってある種の救いだったともいえるわけで。

(だから桃園ラブという個人の物語はせつなが桃園家に家族入りしたところでいったん区切りがついていて、その後は長いエピローグのようなものだったともいえる)

 そういう、表面上の恩の施しの方向の底に流れている、真なる相補的な救済関係というのはかなり汎用性がきく軸で、たとえば恋愛ゲーの主人公とヒロインとか、格闘物やスポーツ物の師匠と弟子とか、家族ドラマの親と子とか、さまざまな分野のお話で見かけることができますので、ちょっと意識しておくとまた味わいが増すかもしれません。


ハートキャッチプリキュア!&フレッシュプリキュア!おはなしブ (講談社MOOK)ハートキャッチプリキュア!&フレッシュプリキュア!おはなしブ (講談社MOOK)
なかよし編集部

講談社
売り上げランキング : 30
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
フレッシュプリキュア!【8】 [DVD]フレッシュプリキュア!【8】 [DVD]

ポニーキャニオン 2010-01-20
売り上げランキング : 1140
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 01:23 | コメント(0) | トラックバック (0)

2010年02月07日


今週のハートキャッチプリキュア感想(不定期)

第1話。

・くりくり軽快に動いてましたねー。作画マニアが大喜びしてそうなOPと本編でした

・不コミュから抜け出そうとあがく少女が非コミュばりばりの少女とガールミーツガール。たいへんスリリングです

・ムーンライト先輩は馬越デザインとしてはおジャ魔女というよりキャシャーンsinsっぽいなーと思ってたらアクションまでキャシャーンsinsだったでござる

・ダーク“バーロー”プリキュアさん目当てに見続けようというモチベ確保

・ロリ巨乳はほかまみつり先生に任せとけばええねん

・えりかのコンプレックス対象になってるおねえちゃんの美人描写やモテ具合がセリフで語られてるだけなので心の叫びと言われてもちょっとな…(これから掘り下げられてくんだろうとは思いますが)

・ED、マエケン振り付けの3D。フレプリからさらに進化した動作感。そしてパンツみえそうでハラハラさせられた。見えてもいいのよ(よくない)

・予告に絶望先生みたいな和服イケメンがブロッサムを助けて?るカットが。タキシード仮面相当のキャラは歴代が封じ手にしてきたところだけど、本作はどうなるんだろ。


キャシャーンSins 7 [DVD]キャシャーンSins 7 [DVD]
馬越嘉彦

ジェネオン・ユニバーサル 2009-10-23
売り上げランキング : 120254

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ハートキャッチプリキュア!&プリキュアオールスターズまるごと (講談社MOOK)ハートキャッチプリキュア!
&プリキュアオールスターズまるごと

なかよし編集部

講談社
売り上げランキング : 72

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 09:34 | コメント(3) | トラックバック (0)

2010年02月06日


今週の「エデンの檻」感想

第54話

作品最大の謎が解けました!! ……そう、真理谷くんの無限電源ノーパソの謎が!!(どーん) いや〜、永遠の謎にしてくれてもそれはそれで面白かったんですけど、さすがに作者サイドも何も考えてないわけはないですよね(笑)

・気になるのはタイミング。ここしばらく、真理谷くんのクレバーさを目立たせる流れがあったうえで今週はとうとうPCの謎や「主人公アキラを見つめていたメガネくん真理谷の内面」という深いところまで掘り下げられちゃって、真理谷くんファンとしては大変うれしいながらも持ち弾をすべて吐き出したらあとはどうなるんだ……とイヤなフラグ思考がぐらぐらとゆさぶってきます。

・一方で、鈴木くんのように死にそうで死なないキャラがいたり、微妙なところでズラしをおこなうこともある本作なので、この真理谷くんの掘り下げ・積み上げがどこに向かうかはまだ予断を許しません。

・ともあれ、予定調和に向かうドラマの圧力はありつつも、同時に本気でメインキャラの安否が心配できるというサジ加減は、エンタメとして良いことなんでしょうね。(「どうせ」とナメる思考をおさえこんで「ひょっとしたら」と思わせる手腕が問われる──もちろんその上で本当に不安に思わせたとおりしんどい展開にもっていくのも、そっちのほうが面白いのであればアリ)

・ところで、今回の真理谷くんの「もしももう一人の僕がいたら、ああいう生き方も……」という独白には感銘を受けるところがありまして、ちょうど昨今、平行世界ネタでヒットする作品がちょくちょく耳目に入ってくるのとつなげてみると、沁みるところがありました。「違う可能性の自分を考えて己の生を省みる」というのは現実的には、他人をみることによってなされることなんですよね。その他人というのはじっさい身の回りにいる尊敬できる誰かでもいいし、歴史上の偉人でもいいし、フィクションのキャラクターでもいい。もちろんそこで実際に生まれ変わったりはできないので、そうした可能性を考えることを経由したうえで、いまここにいる自分がどうするか、どうなれるか詰めていく。他人は自分のパラレルワールドのようなものなのかもしれません。

【関連】
 これまでの「エデンの檻」感想


【最新巻】

エデンの檻 5 (少年マガジンコミックス)エデンの檻 5 (少年マガジンコミックス)

講談社 2009-12-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【既刊】
エデンの檻 1 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 2 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 3 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 4 (少年マガジンコミックス)

Posted by みやも at 16:22 | コメント(7) | トラックバック (0)


今週の「エデンの檻」感想

第53話。
  
・毒ダニ対策編。扉絵の人物表が『金田一少年の事件簿』の生死者一覧みたいで不吉すぎます。いや実際この中から顔にバッテンつけられるキャラが出そうですが……。

・ベースから退去するとともに、外壁と小屋に火を放って毒ダニだちを一網打尽にするアキラ。せっかくの拠点を失う悔しさが皆を包む前に、自分たちが生き残ったという最大の勝利を告げてみんなを励ます。城はなくとも人こそクニ、という指針をつねに忘れさせないようにして次へ進ませるアキラくんは、すっかりリーダーの顔になっております。

・で、次なる目的地は周辺で一番高いお山のてっぺん。真理谷くん提言で、高いところから海岸線や他の遭難者を探すメリットを求めることに。サバイバルは場所取りひとつで状況がガラっと変わりますからねー。良くも悪くも……

・昼夜を越す長旅の合間、休憩中に雑談(というか猥談)に花を咲かせる生徒たち+α。遭難直後のパニックや巨大コンドルに襲われていたときの狂乱には望むべくも無かった和気藹々とした空気。さしあたりでも目的があること、また、ある程度まとまった人数がいる安心感が、生きることに余裕を生んでいますね。

・年齢差をいいことに女性として見栄をはるレイさん、どんなに褒められても謙遜するのにバストに関する自信だけは引かない大森さん面白すぎます。 
 
・そんな中、我らがメガネくんはひとりシリアスムードで島のマップを作りながら、さまざまな疑問に頭をめぐらせる。たしかに「エデンの檻」はサバイバル物でまっさきに描かれそうな食糧問題はわりと致命的な壁にはなってないのがユニークですね。食べると危ない、というものはあっても食べるものが無い、足りないという状況にはなってない。

・と、そこで作品タイトルの「檻」というのが想起されて、やはりなにか人為的な操作を感じさせますね。「檻」とは何かを閉じ込めるために存在するもの。そして中に閉じ込められた動物に適したエサを与える“誰か”がいる──。このへんは作品のコアの部分なので、まだしばらくお預けかもしれませんがとりあえず劇中の人物がはっきり疑問として考え始めたのは大きな進展です。

・疲れて眠り込んだアキラに寄り添うりおん。ちくしょう、ラブでコメりやがって……!! がんばった主人公にメインヒロインからのご褒美キス(そしてご褒美をもらったことに主人公本人はまだ気づかない)。うーん、正しい(笑)

【関連】
 これまでの「エデンの檻」感想


【最新巻】

エデンの檻 5 (少年マガジンコミックス)エデンの檻 5 (少年マガジンコミックス)

講談社 2009-12-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【既刊】
エデンの檻 1 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 2 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 3 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 4 (少年マガジンコミックス)

Posted by みやも at 00:07 | コメント(2) | トラックバック (0)

2010年02月05日


今週のフレッシュプリキュア感想(最終回)

第50話(完)
 
・最終回。大筋はすでに繰り返し描かれてきた「一元的な管理(楽)」VS「多様で自主的な生き方(しあわせ)」のせめぎあいであり、今回はとうとう後者を代表するプリキュアがそれに押しきって勝利を収めます。

・プリキュアシリーズは歴代とおして(正義と悪ではなくて)「光vs闇」だったり「希望vs絶望」だったりと属性戦・信念戦が軸になっているわけですが、フレッシュの場合、そのうえ、戦いの相手がそもそも人間によって作られたコンピュータだということで、いちど人間の出した答えにあらためて別の人間がよりよい(と信じられる)答えを出し直すという、人間という枠組の内側で自省する構図になっているのがシリーズ上の特徴といえますね。それはつまり「また第二第三のメビウス様を我々が生みだすのではないか、いやプリキュアが頑張ってくれたのをムダにしないためにもそうならないように生きないとね」というのを、パラレルワールドのうちのひとつであるこの現実の世界の子供たちにもかぶさるメッセージとして描いたということもできます。
 
・全員参加のラビングトゥルーハートおもしろすぎる。ホホエミーナまで……!!

・Bパートいっぱい使ってエピローグ。例の大輔の告白、いったいどんな返事をするのかなーとやきもきしていたんですが。……意外ッッ!(笑) ひどいといえばひどい保留っぷりだけど、緊急時のどさくさの告白だったんだし、ちゃんと日常のなかでの仕切りなおしのチャンスをもらったということでむしろ大輔はホッとした様子でもありましたね。二人の未来の関係に含みをもたせつつ、まあ自然消滅もありうるかなという感じでもあり(笑) くっついてほしい派とくっついてほしくない派の双方にカドが立たない見事な処理でした。

・ラブたちが優勝したことについてダンスの練習量はどうだったんだと気にする向きもあるでしょうが、そこはほら、プリキュアとして呼吸を合わせて戦うのを積み重ねてきたことのフィードバックという事で。

・きれいな南さん。「あまずっぺー」やらダンス大会での応援など妙にかわいい表情をみせて最後の最後で西さんをくってしまった感が(笑) まあ彼、基本引きこもりでこちらの世界に接する機会が薄かったせいでタイミングが遅れただけで、改心の素地はイースにもウエスターにも並ぶものだったのではないかなーと。そんなだから、ラビリンスが側近に国民ではなくて自家栽培のクリーチャーをはべらせてたのはよく分かりますね(^_^;;

・さまざまなことを学んで成長したせつな、ラビリンスへの帰還を決意。でも寂しくなったらわりとちょくちょくアカルンでラブに泣きつきにくるような気がするな。せつなが通い妻になるってあたし信じてる! というか桃園家からラビリンスに出勤するのでもいいんじゃないかな!

・非日常で得たものを日常にフィードバックさせて日常をよりよいものにする、という意味では、せつな視点だとこちらの世界で学んだしあわせを持ち越すためにラビリンスへ帰還するというのはきれいな結論だったと思います。まあ、ひとは心に第二の故郷をもつことができる生き物でもあるので、彼女はその気になればいつ戻ってきてもいいし、だから去り際につぶやいたのは「行ってきます」だと個人的には解釈したいところです。

・さて、シリーズ開始前、俺としては「プリキュアシリーズの枠を終わらせず次につなげてくれさえすれば」というくらいで観始めていた本作だったんですが、終わってみればキャラもお話も歴代1、2をあらそう深い思い入れを抱くまでになりました。一年前の俺に正座させて説教させたい気分です。

・フレッシュは長く続くシリーズに生じがちな「(プリキュアとは)こうであるべき」という表層の枠を良い意味で壊して自由度を上げてくれた面がある──文字通りのリフレッシュですね──ので、ここからプリキュアシリーズは新しい地層に移ることになると思われます。果たして次のハートキャッチとはどんなお付き合いになるのか……ドキドキしております。

・一年間お疲れ様でした!

【関連】
これまでのフレッシュプリキュア感想
 


フレッシュプリキュア!【7】 [DVD]フレッシュプリキュア!【7】 [DVD]

ポニーキャニオン 2009-12-16
売り上げランキング : 2489
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
Posted by みやも at 09:39 | コメント(3) | トラックバック (0)

2010年02月03日


ジンジャーティーによろしく

 のど風邪ひいたみたいで、咳が止まらない数日でした。
 体調不良はほんの軽い発熱があったくらいだったんで特にしんどくはなかったんですが。

 とりあえず対策として紅茶におろしショウガとネギとハチミツと梅干しをどばどば入れた「どれか効くだろうティー」を飲みました。二杯目以降はめんどくさくなったんでショウガだけ入れた紅茶に切り替え。なかなか効いたような…気がする…!


生姜で体を温めれば、血液サラサラ病気も治る―クスリいらずの、簡単・安全な内臓強化法 (知的生きかた文庫)生姜で体を温めれば、血液サラサラ病気も治る
クスリいらずの、簡単・安全な内臓強化法


三笠書房 2006-11
売り上げランキング : 13149
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 23:14 | コメント(0) | トラックバック (0)

2010年02月02日


今週のジャンプ一口メモ

・底堅いワンピ・バクマン・トリコ。

・ぬらりひょん淡島とてもよろし(二面性アピールのキャラ造形として瞬間最大風速で主人公を喰いかねない魅力……反動でしばらく当番エピソードないと思うけど) 。twitterで「淡島が妊娠したまま朝を迎えたらどうなるのか心配。らんま脳の恐怖」とつぶやいたら友達が「淡島なら自分の子種で妊娠出来そうな気がします。自分の精子を注射され受精させられる淡島漫画とか誰か描かないものか」とレスしてきて恐れ入った。アリだな(byバクマン編集長)

・サイレン、表雨宮は不安定なキチガイで、裏雨宮は安定したキチガイ。どっちかというと実は表のほうがヤンデレとしてエッジが効いてるんちゃうかとも思うけど、ともあれ分かりやすいことはいいことです。たぶんな。

・保健室の死神、例の姉弟編と、ここ二週のお話で確変起こした感があるも作品自体の先行きや如何に。できるだけ長く学園エロコメ路線でToLOVEっていただきたいのだが

・めだかボックス、今更言うても詮無いけれどこういう男の子を立てる構図を序盤できっちり積んでおいてくれてれば違った展望もあったろうか……いやよそうIFの話は切なくなる


ぬらりひょんの孫 1 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 1 (ジャンプコミックス)

集英社 2008-08-04
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
PSYREN-サイレン 9 (ジャンプコミックス)PSYREN-サイレン 9 (ジャンプコミックス)

集英社 2010-01-04
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 09:34 | コメント(3) | トラックバック (0)