みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


Amazon検索
最近の入力
原作版『モジャ公』がロックすぐる件
アバター観てきた
ゾンビ・ストリッパーズ(2008)
今年の映画納め予定
ダイアリー・オブ・ザ・デッド(2008)
年越しエロゲを買ってきた
クリスマスイブだし木曜日なのでチャンピオン読んでました
『ヤング功夫マスター ジャッキー・チェン』
2009年のエロゲ私的ベスト5
手塚治虫恐怖短編集(2)「悪夢の迷宮編」と(5)「妖しの怪談編」読了
カテゴリー
アニメ [501 items]
本・マンガ [462 items]
チャンピオン感想 [54 items]
blogメンテ [28 items]
ゲーム [120 items]
[17 items]
ジャンプ感想 [44 items]
映画 [304 items]
音楽 [55 items]
ニュース [85 items]
雑記 [838 items]
写真・映像 [4 items]
WEBラジオ等 [2 items]
読みもの [3 items]
お仕事 [65 items]
過去ログ

2010 05 04 03 02 01
2009 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2008 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003 12
全エントリ一覧

出入り口


2009年12月31日


原作版『モジャ公』がロックすぐる件

 これが年内最後の更新になるかな。
 今夜はヱヴァ破のラスト上映を観てから年越しエロゲで忙しくなると思われるので。

 ■

 こないだ図書館で借りた藤子・F・不二夫『モジャ公』読了。

モジャ公 (1) (小学館コロコロ文庫)モジャ公 (1) (小学館コロコロ文庫)

小学館 1995-09
売り上げランキング : 206885
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 いやー、すごいですね。アニメの牧歌的なムードとは大違い。後半にいくほど血と死と終末が話の軸になる陰鬱な想像力によって描かれたエピソードが目立ってとても面白かったれす。
 マスコットキャラ系ではあるんだけど、異色SF寄りの作品なんですね。原作の家出肯定みたいな筋立てに配慮してアニメでは旅に出てはまた地球の家に帰ってくる設定にしたらしいというのは聞いてたんですが、それ以前のところでもそりゃまあこのまんまアニメ化はできんわな。

 ■

 で、とくに強烈だったのが「自殺集団」というエピソード。
 不老不死のため生きるのに疲れ果てた人々ばかりの星で、モジャラたちが自殺するところを見世物にするイベントが計画されたもんだから、みんなが野次馬根性で活気を取り戻す話。ひでぇ(^_^;;

moja.JPG
劇中で星の人々へ配布されたチラシ

 ラストは主人公達が自殺を強要されるギリギリのところで、宇宙で有名なドキュメンタリー映画監督がやってきて助けてくれるんだけど、その助ける方法は観衆に向かって地球の戦争の記録映像を見せて興味を逸らすというもの。

監督「みなさん! ただ今お見せしているのは/近日ロードショー『宇宙(秘)地帯』予告編です(略)一つの星にいくつもの国がある不思議な世界/同じ星の人間同士 血を流し合っている おそろしい星!」
観衆「なにっ同じ星の人間同士が!/まだそんなやばんな星があるのか」
監督「本物の戦争ですよ 自殺フェスティバルなんかくらべものにならない迫力ですよ!/さあさあ観に行くなら今だ 戦争が終わらないうちに」

 F先生ロックすぎます。

【関連】
SFマンガの傑作「モジャ公」 [天のろくろ]
 リンク先でエピソードごとのあらすじ紹介。
 恐竜のあたりからだんだんF先生のネジがゆるんで素のヤバいものが漏れてきてます。

Posted by みやも at 08:49 | コメント(0) | トラックバック (0)

2009年12月30日


アバター観てきた

 予定通り3D・日本語吹替で観た。
 ヒロインがキュアパッション声で「赤んぼうみたい!」「何も学ばない!」「ダメ!」「あっちいけ!」「大嫌い!」「いなくなれ!」等々容赦ないツンツン台詞を言うたびに俺の中で幸せの嵐が吹き荒れました ( ^ω^)オッオッオッ

 以下、微妙にネタバレ気味なのでたたみます。

 金の鉱脈の上に集落つくってるネイティブを立ち退かせようとする傭兵部隊に、先住民の文化を調査してたらすっかりスピリチュアルに染まっちゃった退役軍人+αが立ち向かう…… みたいなポスト西部劇プロットのSF仕立て。

 資源のモチーフが石油だったらもうちょい現代政治的にとんがってたでしょうけど、わりと臭みを抜いた、良い意味でよくある寓話の次元に重心が寄ってますね。

 後味としてはある意味で「第一部・完!!」どーん!! みたいな。
 けっきょくあの後、地球サイドがどんなリアクションを取るのか、それによっていったい惑星パンドラがどうなっていくのか考えるとシビアな見通ししかないっちゃないんだけど、ただどの程度までナヴィたちにとってシビアなリアクションが出てくるかというのは可能性の幅があるような気がします。今回、劇中で起こった事の地球人サイドの意志責任の一番大きな単位は地球とか国家じゃなくて、あくまでも一企業だったので。
(しかも武力行使はほとんど傭兵チームのボスの突っ走りに引きずられる形で、企業サイドの強行姿勢はマスメディアに叩かれないよう気をつけつつ程度のもんだった)

 あと、パンドラの真の資源はあの鉱石じゃない……というのもストーリーの要点なので、まあ根こそぎ住人が全滅させられるってことはないでしょう。(保護と研究の名目で強制移住の憂き目にあって飼い殺しにされるような可能性はあるけど)

 もしくは、ナヴィたちがゲリラ戦を身に付けて泥仕合になるかもね。

 実際観ないと分からない映画としての部分では、デジタル3Dの奥行感が、高さの感覚をアピールするのに強みを示している場面が多々あって肌がぞわぞわしました。
 ちょくちょく高所からの垂直落下の絵ヅラがあって、高所恐怖症の人とかぞっとするだろうなと(笑)

 秘境探検モノっぽくもあるし怪獣映画みたいな趣もあるし、いろいろな角度から入れるエンタメ作品でしたね。

 エイリアンとしての人類という視座や、終盤のロボ戦とか、いくつかの意味で「エイリアン2を撮ったキャメロンの超進化型」としても楽しかった。

 そうそう、ロボといえば、ストーリー序盤でジェイクの人物紹介から初めてアバターに乗るまでのくだりが、日本でいえばロボットアニメの第一話でずぶの素人の主人公が主役機に乗り込むまでみたいな展開で面白かったです。 これでジェイクが14〜15歳の男の子だったら完璧でしたね!(笑)

【関連記事】
 新作「アバター」宮崎アニメにオマージュ J・キャメロン監督

>「ミヤザキの新作は必ず見ているよ。実は映画の最後に
>『もののけ姫』にオマージュをささげたシーンがあるんだ」

 もののけはええからポニョを観て何を思ったか聞かせてキャメさん!


The ART of AVATAR ジェームズ・キャメロン『アバター』の世界 (ShoPro Books)The ART of AVATAR ジェームズ・キャメロン『アバター』の世界 (ShoPro Books)
菊池由美

小学館集英社プロダクション 2009-11-28
売り上げランキング : 161

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 22:49 | コメント(2) | トラックバック (0)


ゾンビ・ストリッパーズ(2008)

ゾンビ・ストリッパーズ -コレクターズ・エディション- 無修正版 [DVD]ゾンビ・ストリッパーズ -コレクターズ・エディション- 無修正版 [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-04-22
売り上げランキング : 20738
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 舞台はブッシュ政権が第四期に突入したアメリカ。
 世界各国へ戦争をふっかけているせいで兵力不足に悩む政府は、その解消のため死人を蘇らせて兵士にするウイルスを開発。しかしそれが外に漏れて研究所近くのストリップ劇場のダンサーが感染してしまう。

 ゾンビと化したストリッパーはそのまま舞台に上がり、独特の凄みに満ちたダンスを披露してお客から好評を博し、たちまち大人気。それを見た他のダンサーたちも対抗心や憧れから次々とゾンビ化を望んで自ら噛み付かれてゾンビになる。やがて劇場はゾンビ・ストリッパーたち目当てのお客でにぎわっていくが、彼女たちは舞台裏でお客を襲って食い荒らすため、ゾンビはどんどん数を増やしていって……というお話。

 ■

 序盤ちょっとタルくて不安だったけど、本筋に入ってストリッパーたちが一人ずつゾンビになっていく運びからは面白かったです。

 どのストリッパーも、生きてる時より死人になってからのダンスのほうがよほど生き生きしてるという皮肉(笑) いや実際そういうふうに描かれてるんですけどね。
 ただし、動きは生き生きしててもその物言いは非常に虚無的になっていて、「そこまでして舞台に上がる意味があるのか」という肝心なところを投げ出してるのがポイントになってます。つまりストリッパー達のゾンビ化は生命を失う恐ろしい災いじゃなくて、芸道に生きる者としての思考停止(自分で考え悩んでスタイルを創るのを放棄して、安易に客ウケを取れる手段に溺れる)の愚かしさを招く黒い誘惑として描かれているのがいい味を出してました。
(だからどっちかというと、その誘惑という性質に限れば吸血鬼モノに近い仕立てともいえる)

 一人だけゾンビ化に頼ることをギリギリまで拒んで「だめよ! 自分らしくやらなくちゃいけないの! 心は水を入れる容器じゃない、燃え上がる炎よ!」と主張しているストリッパーが熱かったんですけど、結局その子も最後には……ああ無情。

 ■

 生前からライバル同士だったゾンビストリッパー二人のダンス対決吹いた。
 ポールダンスで超スピード回転して風を巻き起こし敵を吹き飛ばすとか、陰部にビリヤード球を詰めては膣圧でポンポン発射して敵を撃ち抜くとか、なかなか楽しい絵ヅラでした。

Posted by みやも at 01:44 | コメント(3) | トラックバック (0)

2009年12月28日


今年の映画納め予定

 いろいろ迷ってたんですが、今年観る最後の新作映画は『アバター』にします。理由はヒロイン(先住民族ナヴィの女性)の日本語吹替キャストが小松・キュアパッション・由佳さんだから。

 あとTOHO系列でヱヴァ破の特別再上映が大晦日の深夜に一回あるので、それをしめくくりにしようかなと。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」大みそか限定で全国一斉再上映 [eiga.com]

 ちょうど運良く、近所のTOHOシネマズ泉北でもやるらしい。

Posted by みやも at 23:36 | コメント(2) | トラックバック (0)

2009年12月27日


ダイアリー・オブ・ザ・デッド(2008)

ダイアリー・オブ・ザ・デッド プレミアム・エディション [DVD]ダイアリー・オブ・ザ・デッド プレミアム・エディション [DVD]

ジェネオン エンタテインメント 2009-04-24
売り上げランキング : 12385
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 フェイクドキュメンタリー形式なんですが、ちと中途半端な感じ。
 いや編集が施されてるとかは劇中でそういう設定なのでいいんだけど、えーと何だろう、画質の問題かしらん?? 小奇麗すぎるというか。

 使命感にかられてウザい記録魔と化してる主人公にイラッときたヒロインがもうひとつカメラを見つけて、カメラを構えてる主人公にカメラを向けてイヤミを言うシーンの視点切り替えの一瞬は輝いてました。

 それにつけてもサミュエルじいさん面白すぎる(笑)
 役まわりはすごい使い捨てキャラなのに、それが非常に惜しまれるキャラ立ててますね(^_^;;

Posted by みやも at 22:07 | コメント(2) | トラックバック (0)

2009年12月26日


年越しエロゲを買ってきた

 去年だか一昨年だか大晦日ふつうにエロゲやってて年明けの一瞬をガチで気づかず過ごした経験を活かし、今年はあえて年越しそばならぬ年越しエロゲを敢行したい所存。

 ちうわけで、きのう発売のタイトルからひとつ見繕って買ってきました。

091226.jpg
ういろうソフトの新作『お母さんがいっぱい!!』
……限定版の特典でオナホールがついてきとるんですが、
どないせーっちゅうねん。

[公式サイト:お母さんがいっぱい!!]

お母さんがいっぱい!! 限定ママBOXお母さんがいっぱい!! 限定ママBOX

ういろうそふと 2009-12-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 01:08 | コメント(5) | トラックバック (0)

2009年12月24日


クリスマスイブだし木曜日なのでチャンピオン読んでました

 つまりいつもどおりです。

Posted by みやも at 23:13 | コメント(3) | トラックバック (0)

2009年12月23日


『ヤング功夫マスター ジャッキー・チェン』

091223_01.jpg

 1981年に芳賀書店から発売された映画アルバムシリーズの一冊。
 うちの弟が近所の古本屋で見つけて買ってきてくれました。250円。(元価格は1800円)

091223_02.jpg 091223_03.jpg
091223_04.jpg 091223_05.jpg
091223_06.jpg 091223_07.jpg
091223_08.jpg 091223_09.jpg

 若いころのスナップ写真をあらためてみると、やっぱりアイドルの香りが強いですね。

 取り上げられてるタイトルは、

・新精武門(邦題「レッド・ドラゴン / 新・怒りの鉄拳」
少林寺木人拳
・風・雨・雙流星(邦題「キラー・ドラゴン 流星拳」「ファイナルドラゴン」
・剣・花・煙雨紅南(邦題「成龍拳」
・飛渡捲雲山(邦題「ジャッキー・チェンの飛龍神拳」
拳精
・一招半式闖江湖(邦題「カンニング・モンキー 天中拳」
・蛇鶴八歩(邦題「蛇鶴八拳」
龍拳
スネークモンキー蛇拳
ドランクモンキー酔拳
クレージーモンキー笑拳
ヤング・マスター
バトルクリーク・ブロー

091223_12.jpg 091223_10.jpg
091223_13.jpg 091223_11.jpg

 あとはジャッキーの自伝的なエッセイとか、ロー・ウェイ監督とのあれこれについての解説記事とか。

【関連?リンク】
 ジャッキー・チェン&内村光良アクション比較映像 [Youtube]


I AM JACKIE CHAN―僕はジャッキー・チェン 初めて語られる香港帝王の素顔I AM JACKIE CHAN―僕はジャッキー・チェン 初めて語られる香港帝王の素顔
Jackie Chan

近代映画社 1999-05
売り上げランキング : 22153
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ジャッキー・チェン ザ・ベスト・アルバムジャッキー・チェン ザ・ベスト・アルバム
ジャッキー・チェン

ロックレコード(ジャパン) 2006-09-20
売り上げランキング : 11711
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 08:10 | コメント(2) | トラックバック (0)

2009年12月21日


2009年のエロゲ私的ベスト5

 ちょっと早いですが、今年ぼくがプレイしたエロゲから特に楽しめたものをピックアップしておきます。

 仕事に関係する以外でプレイしたタイトルの分母は50本前後。ただし去年や一昨年から積んでるのを後追いしてばかりで、実は今年出た作品はあまりやってなかったり(^_^;; 以下は今年のタイトルからに限りました。

(注:この「ベスト5」はそれぞれ僕のなかで一定の閾値を越えて面白かったもの順不同で5本という意味で、ランキング付けではありません)

巨乳ファンタジー巨乳ファンタジー

WAFFLE 2009-10-23
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 タイトルがド直球すぎて方向性を誤解されやすいですが、実際にプレイしてみるとたいへんドラマ的に充実した逸品でした。通称・エロゲ版無責任艦長タイラー(笑)
 プレイした当時の僕の感想はこちらにて。/落ちこぼれ騎士のサクセスストーリー『巨乳ファンタジー』おもしろい

特濃・汁まみれ! ~ザーメンだらけのプールサイド~特濃・汁まみれ! ~ザーメンだらけのプールサイド~

汁・ザル 2009-03-27
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 これは卑語ゲー枠で。
 いちおうゆるやかに設定がつながってるシリーズもので、二本目だったかな。
 エロエロな女の子たちにいいようにやられてたのを、神秘の野菜の汁を飲んで精力絶倫になった主人公が一矢報いるという、ごくシンプルな願望充足型の仕立てです。
 前作「先輩はミルクまみれ」から続いて卑語ゲーとしてとても高い水準にあるのでお気に入り。

相姦遊戯2相姦遊戯2

BLACK RAINBOW 2009-01-30
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 スゴロクで、出た目に書いてあるエロい指示を強制的に実行させる魔のゲームをそうと知らずに遊び始めてしまった家族(主人公・義妹・義母)のお話。第一作は主人公・姉・母で仲良し家族がゲームによって淫らに転落していくお話でした。対して、今回は主人公が初めから義妹に下心があって、ゲームの呪いに便乗して積極的にエロ行為に向かっていくため、彼の劣情に以前から感づいていた義母が主人公を牽制したりと、キャラクター同士のせめぎあいが場を盛り上げていきます。
 でも、エンディングによっては、このエロゲームのおかげで、ギクシャクしていた家族のわだかまりが解けて家庭円満になるお話とも言える(笑) エロゲにしてもエロ漫画にしても「ハッピーエンドなんだけど、それを維持する手段がインモラルなため微妙にキャラから狂気の匂いがする」という歪さでしめくくる図はとても好きです。

仏蘭西少女 ~Une fille blanche~ 初回限定版 ~PrettyBOX~仏蘭西少女 ~Une fille blanche~ 初回限定版 ~PrettyBOX~

PIL 2009-07-10
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 かつて「Fateは文学」とネタ的に言われておりましたが、ガチで文芸的な趣へ挑んだ意欲作が、かの鬼才メーカーPILが長年の延期の果てにとうとうリリースをなしとげた本タイトル。
 舞台は大正時代、莫大な維持費とひきかえに究極の純真さ・可愛らしさ・一途さをご主人様へ捧げてくれる純粋培養の"少女"をめぐって、"少女"に入れ込むあまり身を持ち崩していく浅はかな青年、彼に想いを寄せるも自虐的な性格から陰気に沈む義妹、大陸の裏社会でのしあがって日本へ帰ってきた昔馴染みの女などの思惑があやをなしながら、だんだんと現実と幻想が入り乱れていく背徳的な物語です。漫画でいえば『観用少女』を連想させる設定ですね。

教育指導教育指導

BISHOP 2009-08-07
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 BISHOPの陵辱系学園物は、昨今の情勢からこれが最後になるかもしれないとのこと。その記念も含めてピックアップ。 
 この作品からして、もうちょっと味付けを換えればふつうに恋愛物にできそうな内容でもありました。(水泳娘の楓ちゃんとかは特に)
 じつはこの手の作品って、システムや構造的に「同級生」とか「ときメモ」とかの、かつてナンパゲーと呼ばれてた類の遺伝子を受け継いでるんですよね(女の子を積極的に漁って口説いて喰うことを開き直って露悪的に描いたら…という意味で)。いっぽうで、いわゆる純愛系とか称される類のはまた別の系統から進化してるような気がします。


 たぶん僕の2009年ベストは以上で決まりになると思いますが、ただ今月25日にういろうそふとから発売される「お母さんがいっぱい!!」の出来次第では変動するかもしれません。楽しみです。

お母さんがいっぱい!! 限定ママBOXお母さんがいっぱい!! 限定ママBOX

ういろうそふと 2009-12-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 あと、プレイするかどうか決めてませんが題名の釣りっ気が素晴らしいこれがちょっと気になります。

世界に男は自分だけ、全世界の女性を妊娠させて人類を救え!〜ザーメンキャラバン認定ソフト〜
 なんちゅうタイトルや(´・ω・`)

世界に男は自分だけ全世界の女性を妊娠させて人類を救え!世界に男は自分だけ全世界の女性を妊娠させて人類を救え!

MBS TRUTH -CherishPink- 2009-12-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 20:13 | コメント(3) | トラックバック (0)

2009年12月19日


手塚治虫恐怖短編集(2)「悪夢の迷宮編」と(5)「妖しの怪談編」読了

 前回の日記の続き。
 図書館で借りた漫画から、手塚治虫恐怖短編集(2)「悪夢の迷宮編」と(5)「妖しの怪談」を読みました。

手塚治虫恐怖短編集 (2) (講談社漫画文庫)手塚治虫恐怖短編集 (2) (講談社漫画文庫)

コミックス 2000-12
売り上げランキング : 334725

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「ペーター・キュルテンの記録」「ラインの館にて」「ずんべら」「STEREOTYPE〜ステロタイプ 」「料理する女」「悪魔の開幕」「帰還者」「刑事もどき 鹿の角」……と、猟奇色の強いサスペンス系統を8本集めた一冊。

手塚治虫恐怖短編集 (5) (講談社漫画文庫)手塚治虫恐怖短編集 (5) (講談社漫画文庫)

コミックス 2001-11
売り上げランキング : 336181

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「電話」「怪談雪隠館」「ブロッケンの妖怪」「レボリューション」「もの憂げな夜」「カノン」「百鬼丸の巻(どろろより)」「雪の夜話(ブラックジャックより)」……と、人間が異界や霊界のものと関わり合いになってしまう怪談系統を8本集めた一冊。

 迷宮編・怪談編どちらも収録タイトルの大半がヤング誌や大人向け雑誌に掲載されたなかで比較的トーンの低い部類だったのと、たまたま既読作が多かったのもあってテンションあまり上がらず。
 こうしてみると、この選集の7巻「千年の孤独編」はかなり神がかったセレクションでした……変態性という一点において(^_^;;

 怪談編には「ブラック・ジャック」からの抜き出しで、BJが死人の兄妹に脅されて姿かたちのまったく見えない触れもしない霊魂と化した母親を手術してくれと無茶ぶりされる一編が収録されてて、それは面白かった。

Posted by みやも at 21:24 | コメント(0) | トラックバック (0)

2009年12月18日


図書館で借りた漫画

どろんこ先生 (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)どろんこ先生 (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)

秋田書店 2000-09
売り上げランキング : 484588
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 表題作は1976年に読売新聞の日曜版に連載された、一編3頁〜10頁余くらいの一話完結式ショートコミック。グータラでだらしないけど気の良い先生が、くせのある生徒達に慕われたり手を焼かされたりする学園日常噺。どろんこ先生がじつはむかし不良で番長で暴走族のリーダーだったという設定で、GTOの先取りしてた手塚先生すごいねーとか(笑)

 というより、“ハミ出した者たちの気持ちが分かるのは、かつてハミ出していた者である”というのは教師ものに限らず鉄板の道理なんでしょうね。

マコとルミとチイ―The best 2 stories by Osamu Tezuka (秋田文庫)マコとルミとチイ―The best 2 stories by Osamu Tezuka (秋田文庫)

秋田書店 2001-11
売り上げランキング : 588786
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「マコとルミとチイ」は手塚先生の新婚時代から始まるホームコメディで、お子さん3人の育児で家庭がおおわらわになる様子を描いた小品。

 題材になった「ルミ」こと手塚るみ子さんが巻末の解説を書いてて、デリケートな逸話まで事細かに描かれてある本作に対し、もしも連載当時に自分がこれを読んでいたらブチギレて家庭崩壊していただろう(というくらい子供達の行動をよく見てよく覚えていた手塚パパに感心する)みたいなことを述べています。

 あとがきによると、手塚先生本人としては子供視点の世界観を描きたかったようですが、その路線は読者(※)に受けなくて"漫画家手塚一家の日常描写"にシフトしたとのこと。

※)掲載誌は「主婦の友」誌。なので本作はどちらかというと手塚夫人の視点寄りで“夫と子供に手を焼かされるママさん”のお話といった感じ。ついつい父親目線で描きそうになるので苦労したそうな。

手塚治虫恐怖短編集 (2) (講談社漫画文庫)手塚治虫恐怖短編集 (2) (講談社漫画文庫)

コミックス 2000-12
売り上げランキング : 334725

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 まだ読んでまへん。

手塚治虫恐怖短編集 (5) (講談社漫画文庫)手塚治虫恐怖短編集 (5) (講談社漫画文庫)

コミックス 2001-11
売り上げランキング : 336181

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 まだ読んでまへん。

手塚治虫恐怖短編集 (7) (講談社漫画文庫)手塚治虫恐怖短編集 (7) (講談社漫画文庫)

コミックス 2003-01
売り上げランキング : 314874
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 収録タイトルは10篇。

「安達が原」 日本古典のSF翻案。

・「クレーターの男」 宇宙飛行士が月のクレーターの中で事故にあって命を落とすも星が生物に生命力を与える特殊なガスを浴びて不死化し、その場から離れられなくなって独りで永い時を生きるはめになる話。

「ヒョーロク記」 宇宙開拓のためのロケットに乗ってあちこちの星に立ち寄っては女難にあう親子の艶笑譚。

「わが谷は未知なりき」 深い谷底で暮らし外界の様子をまったく知らされず父一人に育てられてきた姉弟が谷の向こうから迷い込んできた男と出会って恐るべき真実を知るSF悲劇。

★★★「聖女懐妊」 ロボット娘が人間と結婚したら子供ができました、たぶん宇宙の奇跡です! すごいね! というだけの筋で一本描き上げた手塚先生は偉大すぎます。

「ひとでの秘密」 人間の背中にはりついて行動を操り、馬のように乗りこなす異星生物と出くわしてしまった若者の回想談。

「女隊長デルマ」 小型UFOをみつけて家に持ち帰った少年が、中にいるという宇宙人の声とあれこれ会話する。しかしそのUFOの正体は、彼をからかうために友人たちが作ったただの無線機。やがて友人達は、宇宙人の女隊長デルマというキャラをでっち上げて、その声を入院中のクラスメートの女子に頼むことにした。少年と女子生徒は、お互いの顔も見ぬまま奇妙なウソを介して友情を育んでいくが……というお話。ラストはしんみり。

「光線銃(レイ・ガン)ジャック」 長い逃亡の旅の果て故郷の地球へ戻ってくるも当局の監視が厳しく家族に会えない宇宙のおたずね者が、ロボットばかりで構成された一家庭にかくまわれて交流を温め、やがて人間から用済みになり処分されそうになった彼らを守るため戦い散っていくお話。

「さらばアーリィ」 中国の奥地で遺跡の発掘用資材を運搬している若者が野人の一族の娘を救って惚れられるお話。お別れしてすっきり終わるのかなーと思ったらそこからもう一段先があった。

★★★「低俗天使」 サイゴンでひと仕事してきた戦場カメラマンが帰国した矢先に難民で全裸の幼女になつかれて、とある事情からスパイあつかいされて当局に追われているその全裸の幼女を守るため逃避行するはめになるお話。全裸の幼女はベトナム難民と思われていたがじつは未来人で、未来に日本で起きる戦火から逃れるべく親が過去の時代にタイムスリップさせた時空難民だった。しかしそんな真実は知らず全裸の幼女を追っている当局は彼女を射殺。悲嘆にくれる主人公は逃避行の間に撮影していた全裸の幼女のビデオ記録をいつかテレビで放送して、いつまでも愚かな争いにかまける人々への反戦メッセージにしようと決意するのだった。おわり。……って、それ映ってるのはただの全裸の幼女じゃないのか!?(^_^;;

 手塚先生は長編で忙しいあいまにアイディア一本でガーっと描き上げた短編がたくさんあって、どちらかというと手塚先生の素のヤバさはそういう短編に漏れ出てますね。

 ちなみに「低俗天使」のヤバさはこの一枚絵がよくあらわしてます。
 いやまあ、時代背景やテーマを考えれば幼女が全裸なのも含めてコンセプト的には分からなくもないお話なんだけど、描かれてる絵ヅラがあまりにもこう、なんというか……ヤバい。そしてこれ掲載誌は週刊少年ジャンプなのだった。

モジャ公 (1) (小学館コロコロ文庫)モジャ公 (1) (小学館コロコロ文庫)

小学館 1995-09
売り上げランキング : 465163
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 まだ読んでまへん。
 久しぶりにアニメ版のED映像を観たんですが、「恋人が宇宙人なら」が名曲だったことにいまさらながら気づきました。キテレツ大百科の「メリーはただのともだち」とか、こういう、子供の大人ごっこ感というか背伸び感はすごい沁みるなあ。最近のキッズアニメのOPやEDでこういう系統のものって何かあったかな。

魔法使いサリー魔法使いサリー

講談社 2004-08-06
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 まだ読んでまへん。

Posted by みやも at 06:36 | コメント(3) | トラックバック (0)

2009年12月17日


ジブリの新作

[公式サイト] 借りぐらしのアリエッティ

 1950年代の英国の児童文学のアニメ化だそうで。監督は新人さんなんですね。
 なお、舞台は現代の日本にアレンジするそうです。
 ご当地英国のひとからするとどういう印象になるんだろうかといまから興味を惹かれます。

【関連記事】
ジブリ新作「借りぐらしのアリエッティ」来夏公開 新人監督で英文学映画化
 ちなみに90年代に作られた実写映画版には、ハリポタ映画でドラコ・マルフォイを演じたトム・フェルトン君が出演してました(それが映画デビューだった)。DVD化されてないんだよねー。


床下の小人たち (岩波少年文庫)床下の小人たち (岩波少年文庫)
ダイアナ・スタンレー

岩波書店 2000-09
売り上げランキング : 30
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 06:38 | コメント(4) | トラックバック (0)

2009年12月15日


今週のフレッシュプリキュア感想

第44話。

・冒頭、久しぶりのダンスレッスン風景から。以前ラビリンスのせいでわやくちゃになったダンス大会の仕切りなおしがあるのでエントリーしないかとミユキさんのすすめ。せっちゃんの申し訳なさそうな表情と、それをそっと気にかけるミキタソの仕草がいいですね。

・このへんちょっと改心キャラとしてのイース─せつなのドラマの問題があって、改心にスポットを当てる物語の場合はあんまり過去を責めなくてもいい(極端な例では、たとえばDBのべジータとか大量虐殺者だけど着地点は家庭人としての幸福で、べつにそれをとがめるドラマの圧力は無いですよね)んですが、償うことに重心を置く物語の場合はあえて責めを負ってなんぼになるわけで、せっちゃんの場合そこがちょっとどちら向きなのか曖昧にされてます(自責の念は描かれる一方、そこから直に償いの行動をするとか被害者にカミングアウトするようなところまではいかない)。なかよしの上北ふたご版コミカライズだと、もうすこしハッキリと贖罪のドラマ寄りに演出をアレンジしていますね。

・ミユキさん、弟の大輔くんにまでダンスのすすめ。ラブやんを妹分のように可愛がってる身としてラブやんと弟がくっついたらいいとか思ってたりするんでしょうか(^_^;; 困るなあ。

・というわけで大輔くん、ラブやんにいいところを見せるべくいつもの友達二人を巻き込んでユニット「三色団子」を結成。ミユキさんのレッスンに急遽参加することに。部活で身体を作っているたまものか、意外とダンスがうまいところをみせてラブやんに「かっこいいかも」と思わせる。引き返せラブやん! それはワナだ!

・大輔「俺、この戦争が終わったらラブに告白するんだ…」 大体そんな感じ。

・ダンス大会前夜、ふきあれるラブたちの口癖の嵐。なにこの面白い子たち。

・ダンス大会開幕。他のチームはなんか過去のプリキュアにひっかけたようなユニット名ですね(笑) 三色団子は衣装のダサさが半端無くて素晴らしいです。指抜きグローブ! やめて! バリバリ そしてラブたちの衣装からは70年代アイドル臭がほとばしります。この野暮ったさがたまらないハァハァ

・おっ、エンディングのダンスが2Dで。しかし歌詞に思いっきり「プリキュア」という固有名詞が入ってるわけですが……(笑)

・前にも同じような事を書きましたが、ちょっと想像をふくらましてみると、「H@ppy Togather」はあの世界でプリキュアの活躍をみた音楽業界の誰かがプリキュアに捧げる歌として作ったもの……みたいに解釈してみると面白いかもしれません。その歌にのせて日常パートでラブたちがダンスをいっしょうけんめい頑張るというのは熱いですね。

・ダンス大会の結果。三色団子はあえなく敗退。なんか大輔くんすごいショック受けてるけど、数日練習しただけでラブたちを上回る結果が出るとか本気で思ってたのならナメてるよね!?(^_^;;

・ソレワターセの襲撃。第一話に出てきたような音楽機材をベースにした怪物ですが、それに対して今度は危ないところをミユキさんが助けてくれるという構図がちょっと胸にせまりました。

・しかし戦闘は陽動作戦。シフォンがノーザに狙われ拉致される。インフィニティ状態で「ラブ」と心の声で呼びかけてくるシフォン。あの状態でも自我が残っているというのは今後の展開に大きく影響しそうです。

・そして(仕方がないことですが)空気もタイミングも読めない大輔くんの間接的な告白。それどころじゃないキュアピーチはスルーしてしまいますが、逆にいえば事態が落ち着いたら改めてリアクションすることが保留されているわけで、さてどうなるかなー。正直、大輔くんにはラブやんの恋のお相手となるような格の積み方がいまいち無い感じなのでお友達の閾値を越えることはたぶんないんじゃないかと推測しますが。願望まじりで(笑)

【関連】
これまでのフレッシュプリキュア感想


「場の空気」が読める人、読めない人―「気まずさ解消」のコミュニケーション術 (PHP新書)「場の空気」が読める人、読めない人
―「気まずさ解消」のコミュニケーション術 (PHP新書)


PHP研究所 2006-06
売り上げランキング : 144238
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
フレッシュプリキュア!【1】 [DVD]フレッシュプリキュア!【1】 [DVD]

ポニーキャニオン 2009-06-17
売り上げランキング : 3973
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 09:00 | コメント(4) | トラックバック (0)


今週のフレッシュプリキュア感想

第43話。
 
・占い館の決戦、決着編。前回、一人でみんなのために玉砕覚悟で戦おうとしたパッションを引き戻してみんなでみんなのために戦おうと結束を高めたプリキュア4人衆。対してノーザさんは、その結束を崩す策を打ってくる。
 
・不幸のエネルギーで生み出された幻覚世界は、ラブやんたち4人がそれぞれ何を不幸と思うのかというのが浮き彫りになって興味深かったですね。

・ラブやんは四ツ葉町商店街がシャッター通りになってしまっている状況、ミキタソは弟くんがダメ人間になってしまっている状況、ブッキーは獣輪姦の危機動物たちと心が通わず憎しみを向けられる状況、せっちゃんは桃園家の家族が自分をひとり残して消えてしまう状況。それぞれ性格がよく出ています。ミキ弟は超久しぶりに出番があったと思ったらこんなんかよ!(^_^;; 

・せっちゃんがモノローグで「お父さん」発言! たぶんすでに実際にそう呼んでいるのでしょうね。初めて呼ばれたときパパがどんな反応したか想像するとしみじみします。「おじさまも捨てがたかったがこれはこれでハァハァ」とか絶頂に達したことでありましょう。嗚呼うらやましい。

・この幻覚のくだりはもっとドロドロに追い詰められるピンチにもなりそうなところですが、さすがにシリーズ終盤ともなるとみんなたくましく、「こら現実ちゃうわ」と看破して幻覚を破ります。ただ、ラブたちは信念的に「違う」と跳ね返してみせましたが、実際問題としてはせっちゃん以外はどれも「可能性としてはそうなっていてもおかしくない」世界なんですよね。

・とくに寂れきって閑古鳥が鳴いてる商店街のありさまなんてのはこのご時勢むしろそっちのがリアリティがあって、テレビを観ているほうは肌身に迫ってぞっとさせられる。だからこそ、それをラブが気持ちの強さではじきかえす筋に頼もしさを感じる次第。ラブたち当人からすれば「ありえない不幸なので負けない」と思ってはいるんでしょうが、視聴者にとっては「ありえる不幸な可能性を超克する」という場面だったように思います。

・そしてお次はプリキュア同士を幻覚でお互いに敵モンスターだと誤認させて戦わせようというノーザさんの作戦が発動。ほんとエグいなこの姐さん! 
 
・館に入っていくシフォンとタルト。まさかのシフォン戦闘!? こんなに攻める姿勢のあるケモノは歴代でも珍しいですね(笑) そしてタルトを追いかける西さんのドタバタが楽しすぎる。階段の手すりをすべって転げ落ちるところ、よく見ると股間を打ち付けてるっぽいですね。そら悶絶するわ。

・プリキュア同士討ちの危機はシフォンのおかげであっさりクリア。結束を破る作戦で攻められてる流れとしては、できれば結束というか4人の間の絆とかで乗り越えてほしかったですが……

・幻覚作戦が失敗して、力押しに出るノーザさん。不幸のゲージにまきついた蔓がソレワターセ化した怪物は……び、ビオランテ!?

・そしてやっつけたと思ったらそれはさらにノーザさんの策の内! 不幸エネルギーをためたタンクが破壊されてFUKO汁を世界じゅうに雨としてバラまく寸法だったのでした……って、世界中をカバーできるほどの不幸な目にあわされまくった四ツ葉町の住人が気の毒すぐる。ご苦労様でした。

・で、ほんとのほんとに絶体絶命かと思われるも、シフォンにプリキュアの力をのせてFUKO汁を相殺。今回シフォンが便利すぎます!

・はっ、もしやシフォン人形の「シフォンお世話になります」という商品名はむしろ我々がシフォンにお世話になるという意味なのでは……そうか、そういうことかバンナム!

【関連】
これまでのフレッシュプリキュア感想
 


フレッシュプリキュア! シフォン お世話になりますフレッシュプリキュア! シフォン お世話になります

バンダイ 2009-03-20
売り上げランキング : 5
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
フレッシュプリキュア!【1】 [DVD]フレッシュプリキュア!【1】 [DVD]

ポニーキャニオン 2009-06-17
売り上げランキング : 3973
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 00:48 | コメント(0) | トラックバック (0)

2009年12月13日


先週の今週のプリキュア感想を書かないうちに今週のプリキュアの日になってしまったでござるの巻

 43話と44話はまとめて更新することになると思います。
 ときメモ4に入れ込んでて時間が! てへり。
 (都子クリアしました。良いヒロインでした)

Posted by みやも at 00:00 | コメント(0) | トラックバック (0)

2009年12月12日


ときメモ4進捗状況

 いちおう微妙にバレありなのでたたんでおきます。

 まず龍光寺カイのEDを見ました。
 平日に休みすぎてモラル値が低かったようで、EDが分岐して色気のないほうの展開にいったらしい(^_^;;  カイについては懸案にしとく。


 
 隠しキャラ(CV:水橋かおり)のEDいきました。爆弾気にしなくていいから楽だった。
 これは(都子とは別の意味で)めんどくさい生き方をしてる子ですね(笑)

 でも、この子のエンディングのやりとりはときメモの根幹に触れてて、けっこう味わい深かった。とりたてて起伏のあるドラマがあるわけでもないんだけどしみじみ。

 ときメモ4のED曲はシリーズとおして一番好きかも。

 キャラをひとり攻略した後におまけでギャラリーを見たり声優のフリートークを聴いてるときのなんともいえないしんみり感は何だろうね(笑)

 現在、都子の第2段階に突入したところです。

 「セニョール!」

 うわあああああああああああああああああああ

 いやはや。
 これは、とくにときメモ初心者の場合、いきなり都子から攻略しちゃダメかもですね。一人二人は他のキャラをクリアしてからがおすすめ。もしくは、都子を真っ先に攻略するにしても、適度に他の女の子に干渉するほうがストーリーに必然性が感じられます。
 ヒロインたちの同時攻略が可能なシステムを妨害してしまうキャラに変身することの意味を実感するには、まず都子がふつうにナビゲーターとして成り立ってるところをいったんみておかないとね。

 なお、ヤミ子ちゃん第2段階では一定の確率で他の女の子のデートが強制戦闘イベントになってしまう事がある模様(^_^;; ほんとにクラッシャーなのな。

 しかしなんだ、この子の場合、ヤンだ状態が、なんだかあどけなくもあって、ちょっと幼児退行が入ってる香りがする。たしかに重なるところはありますが。


ときめきメモリアル4ときめきメモリアル4

コナミデジタルエンタテインメント 2009-12-03
売り上げランキング : 30
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 00:53 | コメント(0) | トラックバック (0)

2009年12月10日


今週の「エデンの檻」感想

第48話。

・ベースキャンプに戻ってきて一息ついているアキラたちの人間模様と、新たなる危機の幕開け。

・あらたに名前つきで顔を出してきたオトコマエな格闘系女子キャラ、真夜ちゃんはどんな役回りになるやら。昔のよしみでザジをへタレあつかいして押し込むところから始まってるということは、反動で彼女の窮地をザジがなんか頑張って見直させる筋立てを素直に期待してもいいのかな。アキラがすでに集団のリーダー格として持ち上げられてる状態なので、こういう基本的なところでナメられてるのをどうにかするドラマはザジくんあたりがたしかにちょうどいいとは思います。実際どうなるかはまだ分かりませんけど。

・つか、いちおうザジに対して幼なじみヒロインってことだよな、真夜ちん……。ザジうらやましい。

・大森さんがコミュニティのアイドル的おねーさんと化しつつある一方でずっこけお色気路線を引き受けたレイさんが微笑ましい。ミイナはやはりついてましたかそうですか。こうやって改めてはっきり確認されるのは嬉しいような哀しいようなこの複雑な感情は何だろう。

・ザジと真夜の関係の描き方にしても、大森さんを無邪気に慕う生徒たちの姿にしてもアキラが人と人のつながりの強みを感じて「この31人の仲間と一緒に!!」とわざわざ厳密な数字を出してみせるところにしても、今回はとにかくフラグを立てるための種まきの回といった様相なのが面白かったです。

・そんな中、展開を次へもちこすヒマもなかったのが、今回のサブタイトルの英語題"空からの裁き"の初撃を受けたりょーいちくん。目の前にいる女の子に失礼なことを考え→りおんへのスケベな企みをめぐらせ→巨大な鳥に捕まりフライハイ→ドスン! わずか4ページ、コマにして若干20コマの流れるような連続技にうっとりしますね!(笑)

・そしてラスト、「アキラグループ残り31人」という不気味なテロップ。分かってはいるけどこれからざくざく削っていく気満々やないですか! でも31人ってことは、りょーいちくんはいちおうまだ死んではないのね。

【関連】
 これまでの「エデンの檻」感想


【最新巻】

エデンの檻 5 (少年マガジンコミックス)エデンの檻 5 (少年マガジンコミックス)

講談社 2009-12-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【既刊】
エデンの檻 1 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 2 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 3 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 4 (少年マガジンコミックス)

Posted by みやも at 20:14 | コメント(10) | トラックバック (0)

2009年12月08日


『ときめきメモリアル4』購入

 巷で話題のときメモ4をプレイしたくなり、思いきって本体ごと購入。

091208.jpg

 EVS(エモーショナル・ボイス・システム;ヒロインがプレイヤーの名前を合成音声で呼んでくれる機能)を使うため、Playstation Networkにアカウント登録。明日にでも近所のお店にあるスポットでダウンロードしてきます。

 さー、最初はどのヒロインにアプローチするかな。
 キャラのコンセプトでは都子ちゃんに最も惹かれる。作品思想的にもかなり斬新なポジションらしいですね。ただ、単純にギャルゲとして楽しみたい欲でいえば龍光寺さんが好みにハマりそうなので、まずはそっちかな。


ときめきメモリアル4ときめきメモリアル4

コナミデジタルエンタテインメント 2009-12-03
売り上げランキング : 23
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
PSP「プレイステーション・ポータブル」 ピアノ・ブラック(PSP-3000PB)PSP「プレイステーション・ポータブル」 ピアノ・ブラック(PSP-3000PB)

ソニー・コンピュータエンタテインメント 2008-10-16
売り上げランキング : 68
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 22:17 | コメント(4) | トラックバック (0)

2009年12月06日


31年間生きてきて今日初めて気づいたこと

 
 勃ったちんこって飛び出す絵本みたいで面白いですね
 


吸圧式勃起補助器具 ダンディ・VD吸圧式勃起補助器具 ダンディ・VD

comolife
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 00:35 | コメント(7) | トラックバック (0)

2009年12月05日


「源氏物語ヒロイン図鑑」(12月12日発売)に執筆参加しました

 お知らせー。
 12月12日、イーグルパブリシング社から刊行される『現代萌え解釈版 源氏物語ヒロイン図鑑』に執筆参加しました。

源氏物語ヒロイン図鑑現代萌え解釈版源氏物語ヒロイン図鑑現代萌え解釈版
源氏物語ヒロイン図鑑制作委員会

イーグルパブリシング 2009-12-12
売り上げランキング : 4681

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タイトル:『現代萌え解釈版 源氏物語ヒロイン図鑑』
発売日:12月12日
価格:1500円+消費税
出版社:イーグルパブリシング

 『源氏物語』をヒロイン別で概要紹介しつつ、現代的なキャラクター解釈で読み解いてみようというものです。逆にいえば、名作古典の人物を通して現代のキャラクター類型の根っこのところにあるものをつかんでみようというものともいえます。

【サンプル】
genji_package00.jpg genji_package01.jpg genji_package02.jpg

 図鑑の解説文章は、石黒直樹さん(私立歯車高校:企画編集)、YU-SHOWさん(好き好き大好きっ)、みやも。前回の『萌え萌え有毒生物図鑑』のメンバーです。

 僕はヒロイン8人+古典紹介1つと、源氏物語などの古典をコミカライズ or アニメ化したさまざまな作品をまとめたレビュー記事を担当しております。どうぞよろしく。

【参加イラストレーター一覧】
高木信孝 [M's GARDEN]
トウドリ [トウドリの巣]
Kyo [クロイチゴ]
とんぷう [ROCKETFACTORY]
神谷ともえ [Cute]
ニーディ [4HANDS]
栗橋伸祐
パトリシア [俺家]
颯田直斗 [はらぺこ王国]
わかば [わかばページ]
椎名よう
井原裕士 [ぱら・さいと]
瀬奈 [ミネルバ]

Posted by みやも at 01:09 | コメント(2) | トラックバック (0)

2009年12月02日


今週の「エデンの檻」感想

第47話。

・大学生とドッキリハプニング編、いちおうの区切り…となるのかな? アキラが崖下に倒れてコトミさんは死亡、エピソードの冒頭につながってさあこれからどうなる!? →みんなに発見されて無事回収されました ふ、ふつうだー!ガビーン

・あくまで途中経過が肝だったということでしょうか。まあこないだのコトミさんのものすごい台詞だけでもめっけもんといえばめっけもんでしたが……(笑) 今週の絶望先生でさっそくネタにされてましたね。

・しかし先週のあの発言、単行本で修正されたりしないだろな??(^_^;;; 念のために46話はスクラップして永久保存しとこう・・・

・アーネストの すごい 便利キャラっぷり

・アキラたちの帰還。大森さん、真理谷くん、ザジくん、ミイナくんらがそれぞれ出迎えるリアクションで存在感を改めてアピール。みんなアキラ好きすぎる(笑) リーダーには貫禄からくる畏れを集めるところもあったほうが集団のまとまりがいいとは思いますが、年齢や性格を考えるとまず慕われるリーダーとしての資質を満たしていることが大事ですね、アキラの場合。

・大森さんはすっかり包容力のあるお姉さん的存在ポジションでりおん相手にも立ち回るようになってて、大森さん派としてはうれしいやら哀しいやら。

・トオルさん、とりあえず現状では何か裏があるようでもなくふつうにイケメンでレイさんといい雰囲気を作りそうでしたね。大人と少年少女たちの中間の存在として今後コミュニティのなかでいろいろ動いていくのかな?

・地をはう獣たちに備えたコミュニティの防備をあざわらうような新たな危機、古代の巨鳥! 海、陸ときて空まで油断できなくなりました。ことにいまはアキラがダウン中なのでどうするのか。しばらく活躍する機会のなかった真理谷たちが出張るかな??

【関連】
 これまでの「エデンの檻」感想


【最新巻】

エデンの檻 4 (少年マガジンコミックス)エデンの檻 4 (少年マガジンコミックス)

講談社 2009-09-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【既刊】
エデンの檻 1 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 2 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 3 (少年マガジンコミックス)

Posted by みやも at 16:29 | コメント(7) | トラックバック (0)


今週のフレッシュプリキュア感想

第42話。

・もはやお茶の間のお子様も怖がるのを通り越しておなじみとなってしまったシフォンのインフィニティ化。それを抜本的に解決するには、そもそもの元凶であるFUKO汁をためこんだタンクをぶっ壊せばいいのではというアイディアを単身で実現すべく、せつながノーザからの誘いにのったふりをして、古巣たるラビリンスの拠点・占い館へと決死の覚悟で踏み入っていくが……

・ちうわけで久しぶりに、せっちゃんがパッション(キリストの受難)の名を冠したフルーツをお題にしたプリキュアやってることを強く意識させるお話でした。受難の文字通り、ひとりで苦しみをその身に引き受けようという姿は美しくもありますがやはり「ひとりでみんなのために」というのは人と人がつながることですごい力が出るというプリキュアシリーズのコンセプト的に一番よろしくない解法であり、そこをときほぐすのが後半の展開となった次第。

・せっちゃんが難儀なのは「みんなのために」が単純無邪気な利他の思想というよりも「みんなへの償いのために」をも意味している──もしくはそっちの意味が強いという点ですね。自分のやってしまったことだから自分自身でケリをつけなくては、という律儀さが「命を失うかもしれない」リスクを「命を失ってもいい」に転じさせかねない危なっかしさがある。そこから「むしろ死んだ方がいい」という自殺思考まではそう遠くありません。

・「みんなのためなら自分などどうなってもいい」としょいこむのは、「みんな/自分」と世界を分断する思考であって、一番基本的な「自分がどうにかなったらそれ自体がみんなから大きなものを損なわせることになるのだ」というところを無視する所業なわけで、上にも書いたとおりプリキュアという作品の世界ではそれは許されません。すでにプリキュアという4人で一体をなす輪(和)の一環としてある以上、せつなは、みんなのためを思うには"自分も含めたみんな"のいのちのために生きて戦わないといけない。というわけでせつなの声は空間をこえてラブたちに届かなければならず、ラブたちもせつなのもとに間に合い、せつなと合流しなければならない、そういう必然が今回の物語には働いておりました。

・前半で家族団らんを楽しむせつな可愛かったですね。お母さんのお肩をもみもみ。お母さんになつくせっちゃんをみるパパの視線はきっと「俺もお父さんと呼ばれたいああしかしおじさまと呼ばれる現状も捨てがたいハァハァ」とかそんな気持ちがこもっていたに違いない。きっとな!

・アカルン様はつくづく何が出来て何が出来ないのかファジーすぎて気を抜けないですね!

せつなが戻ってきて超本気でよろこぶウエスターがいっそ痛ましいほどです。馬鹿は馬鹿なんですが、ここまでくると本人の性格の問題を越えて、管理国家というラビリンスの社会形態が生む"大事なことを自分の頭で考えなくていい人間"の典型なんじゃないかと本気で怖くなってきます。ノリが明るいだけにその視野の狭さ、思考の限界のありさまはむしろ悲壮でさえある。

【関連】
これまでのフレッシュプリキュア感想


S.H.フィギュアーツ   イース (フレッシュプリキュア!)S.H.フィギュアーツ イース (フレッシュプリキュア!)

バンダイ 2010-03-25
売り上げランキング : 222
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
映画「フレッシュプリキュア!おもちゃの国は秘密がいっぱい!?」主題歌シングル映画「フレッシュプリキュア!おもちゃの国は秘密がいっぱい!?」主題歌シングル
茂家瑞季 with キュアフレッシュ!

Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M) 2009-10-21
売り上げランキング : 1591
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 16:27 | コメント(3) | トラックバック (0)

2009年12月01日


「たった一日で驚きの効果が」

 と、うさんくさい広告っぽく。
 おとといから昨日にかけて風邪で絶食状態だったので3kg痩せてもうた。
一日で3kg・・・ということは単純に考えてあと3週間ちょっと絶食を続ければ体重ゼロになって仙人になれるという計算ですね!(単純すぎる)
 まあ適正体重+●kgなのでいいっちゃいいんですが、こういう無理な減り方したときはむしろリバウンドがこあい。
 ちうわけで、おかゆとかスープとかでゆるゆる抑え気味に食い戻しております。

 今夜か明日あたりにはプリキュア感想とお仕事の告知を更新する予定。
 そろそろブログを平常運転に戻したい。

Posted by みやも at 07:21 | コメント(2) | トラックバック (0)