みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


Amazon検索
最近の入力
購入録
ヱヴァ破の余韻さめやらず
今週のフレッシュプリキュア感想
(バレ無し感想)「エヴァンゲリヲン新劇場版:破」観てきた
ヱヴァ破の公開日ですね
今週の「エデンの檻」感想
仕事ちう
購入録
仕事ちう
簡易更新
カテゴリー
アニメ [475 items]
本・マンガ [426 items]
チャンピオン感想 [54 items]
blogメンテ [28 items]
ゲーム [113 items]
[17 items]
ジャンプ感想 [42 items]
映画 [290 items]
音楽 [63 items]
ニュース [81 items]
雑記 [802 items]
写真・映像 [4 items]
読みもの [1 items]
お仕事 [59 items]
過去ログ

2009 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2008 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003 12
全エントリ一覧

出入り口


2009年06月30日


購入録

 ヱヴァ破を観た日に、時間潰しで立ち寄った本屋にて購入。

090630-1.JPG

・「いかせてティーチャー」 遠山光 メディアックス 1998
・「蒸気王神話伝説 Ladyワトソン」 メディアックス 1996
・「制服仮面バスガイダー」 A・K フランス書院 1994

・「電撃SPY」 大噴火五郎 白夜書房 1989
・「FUSSY - FULL ふぁじぃ」 銀仮面 富士美出版 1991
・「いつでもパラダイス」 西原青一 茜新社 1994

 遠山先生の成年コミックは「ハートキャッチいずみちゃん」とかのエロコメ少年漫画の記憶が下敷きになってる身としては独特のドキドキ感があります(笑)

090630-2.JPG

・「秘書はマドンナ」(1)、(2) 大和正樹 秋田書店 1993
・「Cの年頃」 時枝あい フロム出版 1995
・「誘ってほしいよん」 小本田絵舞 ワニマガジン 1993
・「女教師綾子96」 まみやこまし フランス書院 1996

 「女教師綾子」は2002年版を持ってるんですが、初出の96年版がどこかへ紛失してしまったので買いなおし。まみやこまし先生といえばガンガン初期世代を直撃した「Z-MAN」の西川秀明先生の成年コミック時代の名義としておなじみ。
 いまだと「職業・殺し屋。」で陰惨なアダルト描写が勝ってますが、昔はコメディタッチが強くて可愛げのある短編をたくさん描いてらしたんですよねー。個人的にはそっちも好きだった。

090630-3.JPG

090630-3-1.JPG 090630-3-2.JPG

・くりいむレモン フィルム・コミックス [3] 「超次元伝説ラル」 フェアリーダスト 1985
・くりいむレモン フィルム・コミックス [5] 「亜美・AGAIN」 フェアリーダスト 1985

 昔はそうでもなかったんですけど、近年になって妙にフィルムコミックの味が楽しくなってきました。動性メディアであるアニメ映像を漫画とか絵本とかの静止画フォーマットに押し込めるのは明らかに無理やり感が漂ってるわけですが、それがかえって双方のメディアの本質を考えさせるとっかかりになって面白い。
 


ハート・キャッチいずみちゃんPERFECT Vol.2 (2)  トラウママンガブックスハート・キャッチいずみちゃんPERFECT Vol.2 (2) トラウママンガブックス
遠山 光

英知出版 2002-06
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
職業・殺し屋。1 (ジェッツコミックス)職業・殺し屋。1 (ジェッツコミックス)
西川 秀明

白泉社 2003-01-29
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 21:43 | コメント(2) | トラックバック (0)

2009年06月29日


ヱヴァ破の余韻さめやらず

 数年ぶりにエヴァの二次創作小説をいろいろ読みふけっておりました。
 好きだったサイトが今ではいくつも閉鎖されてて寂しい思いをしました(The Epistlesが消えたのは痛いすなぁ…)が、HDDの底をさらってみると結構いろいろ保存してて昔の自分グッジョブ。

 2ちゃんの関連スレッドをのぞいてみると、今もまだLAS(アスカ×シンジ。LはLoveのL)とかLRSとかいう用語が使われていて感慨深くて目頭が熱く。ちなみに僕はLAS派でした。

 ……うーん、いや、しかし旧TV版から新劇場版の序・破までトータルでみて、今になって自己分析してみるとカップリングで好きなのがアスカ×シンジ、キャラ単体で好きなのがレイって感じかな。だから、ものによっては普通にLRS系のSSも好んでたし。


ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 真希波・マリ・イラストリアス プラグスーツver. (1/10スケールPVC塗装済み完成品)ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 真希波・マリ・イラストリアス プラグスーツver. (1/10スケールPVC塗装済み完成品)

Wave 2009-11-26
売り上げランキング : 62

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray]
三石琴乃, 林原めぐみ, 庵野秀明;摩砂雪;鶴巻和哉

キングレコード 2009-05-27
売り上げランキング : 9
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 20:37 | コメント(8) | トラックバック (0)

2009年06月28日


今週のフレッシュプリキュア感想

第21話。

・ラブたちの入院に凹んでドーナツ屋で弱音を吐くミユキはん。前も書いたけど、ミユキさんはプロのダンスアイドルではあっても人を指導するプロではないんですよね。年も17歳と若いし。

・だから単純に子供に対する大人じゃなくて、ラブたち−ミユキさん−カオルちゃんで、子供-おねえさん-大人と、三層化してあるのが味を深くしてます。つかカオルちゃん普通に格好良いな。

・プリキュア一本に絞れと促すタルト。ラブたちの身を案じてのことであるけど、それは結局のところ「お前の現在のキャパシティをわきまえて、そこから先をあきらめろ」という(キッズ作品における)成長を否定する悪いオトナのロジックなので、まあラブたちは拒まなければなりませんわな。

・そしてそれは前回せつなが使ったロジックでもあるんですよね。「ダンスのためにプリキュアをやめろ」と「プリキュアのためにダンスをやめろ」は裏返しだけど同じ圧力

・タルトによるプリキュア勧誘と、ミユキさんの拒否。ミユキさんは自分をわきまえた選択が出来る人ということで、オトナに片足をつっこんでいることが描かれていました。

・一方せつなは、今回ラブたちの疲弊を狙って「両方やれ」とラブの子供ロジックの選択を後押ししていて、本人は悪意で言ってるのに結果的に正しいスイッチを入れてしまっている(「いまの限界を超えろ」という成長への促し)という、寓話的に面白い役回りでした。

・「変化していく」云々はイース様自身にも跳ね返ってきてますよね。

・タルトの すごい マッチポンプ

・「女神降臨や!」 せつな=女神。おう、知ってたよ!

・ミユキさんの前で変身バレというかバラし。ここに至って応援キャラについたあたりでキャラの位置がうかがえますね。

・イース様、スーパー触手タイム。またも胸まで!

・予告。なんか来週はすごそう。

・エンドカードの顔ひどすwww

【関連】
これまでのフレッシュプリキュア感想


フレッシュプリキュア!【1】 [DVD]フレッシュプリキュア!【1】 [DVD]
沖佳苗, 喜多村英梨, 中川亜紀子, こおろぎさとみ

ポニーキャニオン 2009-06-17
売り上げランキング : 542
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 09:29 | コメント(4) | トラックバック (0)

2009年06月27日


(バレ無し感想)「エヴァンゲリヲン新劇場版:破」観てきた

 近所にあるTOHOシネマズ泉北で観賞。
 初日の夕方からの上映回でしたが座席の埋まりは5〜6割ほどでした。さすが田舎、超話題作でも何ともないぜ!

 【公式サイト】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

 うおーん、アスカとレイが三割増しで可愛いいいいいいいい
 旧エヴァの展開と重ねつつ絶妙にずらしたり、キャラの配置を組み換えたりという構成の妙で旧エヴァファンを翻弄しまくり。

 そしてシンジ、お前かっこいいじゃないか!(終盤)
 もうこれシンジやない、シンジさんや!
 人類補完の前に旧エヴァが補完されていくのぜ。

 トラウマになりかけたあのキャラのなりゆきについては、予告を観て再びテンションUP。

 注目の新ヒロイン・マリは……まだ背負ってるものが見えないのでドラマ的には保留。
 可愛いは可愛いですけどね。エロ可愛い。 ワイルドな眼鏡っ子、そういうのもあるのか!みたいな(孤独のグルメ顔で)
 つうか、コスチュームだけじゃなくてキャラ的にもトップをねらえ2世界からまぎれこんできたような子だったな(笑)


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [DVD]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [DVD]
三石琴乃, 林原めぐみ, 摩砂雪;鶴巻和哉

キングレコード 2009-05-27
売り上げランキング : 127
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 20:55 | コメント(6) | トラックバック (0)


ヱヴァ破の公開日ですね

 近所のTOHOシネマズで観られるようなので、近々行ってくるつもりです。
 ネタバレ怖いので出来るだけ早めに・・・(^^;;

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:公式サイト


リボルテックヤマグチ No.69 仮設5号機リボルテックヤマグチ No.69 仮設5号機

海洋堂 2009-06-13
売り上げランキング : 98
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 02:26 | コメント(0) | トラックバック (0)

2009年06月25日


今週の「エデンの檻」感想

第27話。

・ミイナ参入編が終わっての小休止+次なる展開への幕開けをかねた、つなぎの回。そして大森さん+αが水浴びする回。水浴びする回。あえて二度言う。

・アキラはたぶんキスの件があるのでミイナにあたりがキツいんでしょうね(笑) ちょっと意外というか、キャラクター的にすごく隔たりのある真理谷がふつうにミイナのしたたかさを褒めてやってるのが面白い。とはいえ、性格は違っても「フィジカルな強みがないぶんを別のところでカバーする」という意味では通じるところがあるわけで、真理谷がそこを積極的に評価するのはむしろ自然かな。

・そして、そういう真理谷の口から「人間の強さは個の強さじゃないからな」という、おそらく作品そのものの根底に関わるセリフが出てくるのも説得力ありますね。だから、生存競争うんぬんの話題は、その前のミイナ評と話の流れがつながってるとみなせます。

・ところで、アキラと真理谷はいつのまにか相棒のように話し合う仲になってるなあ、というのがちょっとときめきました(笑)

・水浴び中、おねーさんの余裕を見せていた大森さんの尻にいきなり流木がぶつかって突っ転ぶ。嗚呼、なんて期待を裏切らない人なんだ……

・流木に乗って流れきた、こーちゃんグループの雪から事情を聞いて、こーちゃんの身を案じるアキラ。けれども心配したぶんだけ事実が明らかになったときのショックは大きかろうと、いまからいろいろ心の準備が必要になってきます。こーちゃんは単に心が黒く染まったわけじゃなく「もうやってしまった」キャラに堕ちているため、どう転がっても悲劇にもつれこむことは避けられないのが痛ましいですね。

【関連】
 これまでの「エデンの檻」感想


エデンの檻 2 (2) (少年マガジンコミックス)エデンの檻 2 (2) (少年マガジンコミックス)
山田 恵庸

講談社 2009-04-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 08:47 | コメント(4) | トラックバック (0)

2009年06月24日


仕事ちう

 テープ起こしって脳みそ使わないから気は楽だけど手間かかりますにゃ。

Posted by みやも at 02:06 | コメント(0) | トラックバック (0)

2009年06月23日


購入録

090622-1.jpg

090622-2.jpg

[漫画]
 ・「クロとマルコ」 堀骨砕三、秋田書店
 ・「鉄娘な3姉妹」(1) 松山せいじ、小学館
 ・「魅惑ノリンゴ」 三島一彦、角川書店
 ・「となりのメガネ君。」 ふじもとゆうき 白泉社
 ・「君とひみつの花園」 林みかせ、白泉社

[書籍]
 ・「マンガの描き方 似顔絵から長編まで」 手塚治虫、光文社
 ・「世界悪女物語」 澁澤龍彦、河出文庫

 堀骨砕三先生のは短編集。
 ヤングチャンピオン烈で掲載されたのをまとめたやつですね。
 鉄娘は、GX誌上で催された座談会まで収録してるんですね。これは嬉しい。

 他の少女漫画類はまだ読んでないので、感想などは後日にまた。


鉄娘な3姉妹 (サンデーGXコミックス)鉄娘な3姉妹 (サンデーGXコミックス)
松山 せいじ

小学館 2009-06-19
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
クロとマルコ (ヤングチャンピオン烈コミックス)クロとマルコ (ヤングチャンピオン烈コミックス)
掘骨 砕三

秋田書店 2009-06-19
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 00:01 | コメント(2) | トラックバック (0)

2009年06月22日


仕事ちう

 深夜3時手前、某方面の担当ぶんで残ってる最後の原稿を仕上げちう。

 ↑を作業中ずっとリピートしてたら90年代脳がずんずく立ち上がってきて変なテンションになって何故か全く無関係な『いまどきのバンパイア』についての思い出が走馬灯ing。花嫁を探しに魔界からやってきたイケメン吸血鬼が主人公で、彼に血を吸われたヒロインおよびサブヒロインはもれなくヘブン状態になるんだけど、そのシーンがどうみてもオーガスムな感じでエロっちくて眼福なゲームでありました。やたら操作性悪くてコンプは挫折したけどな。
 そういや、あれってたしか神父の娘とかいうおおらかな設定のヒロインがいたような……

 とくにオチはない日記。

Posted by みやも at 02:44 | コメント(0) | トラックバック (0)

2009年06月21日


簡易更新

 お仕事中です。
 来月まではなかなか身動きとりづらい状況。

 最近の映画ではさしあたり『ターミネーター4』『トランスフォーマー2』だけ観ました。

 トランスフォーマーは後半、エジプトの砂漠と廃墟というロケーションのせいかディセプティコンの連中が神話や伝説に出てくる怪獣みたいな趣を備えていて、最新CG技術なのにどこかレトロなファンタジー冒険映画を髣髴とさせる空気もあります。(一作目でスコルポノックが軍隊を襲うところでも似たような感覚があった)
 ただ、敵も味方も数を増やしたぶんキャラが薄味になってるのがちょっと食い足りなかったかな。まあ、この有象無象なテイストがトランスフォーマーらしいっちゃらしいんでしすけども。

 あ、ただしジョン・タトゥーロに限ってはお腹一杯の大満足でしたので前作でセクター7の嫌味なおっちゃんに萌えたひとにはお勧めです。


トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
シャイア・ラブーフ, ミーガン・フォックス, ジョシュ・デュアメル, レイチェル・テイラー, マイケル・ベイ

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2008-07-04
売り上げランキング : 47
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 00:48 | コメント(0) | トラックバック (0)

2009年06月19日


購入録

090619-1.JPG 090619-2.JPG

【書籍】
 ・「生たまご ゆでたまごのキン肉マン青春録」
【漫画】
 ・「ぶっ☆かけ」第4巻
 ・「Cheers! チアーズ」第7巻
 ・「ちはやふる」第5巻


 いまは、ゆでたまご先生の本を読み込み中です。

生たまご ゆでたまごのキン肉マン青春録生たまご ゆでたまごのキン肉マン青春録
ゆでたまご (嶋田隆司 中井義則)

エンターブレイン 2009-06-19
売り上げランキング : 653

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ゆでたまご先生/嶋田氏・中井氏のダブル自伝。
 幼少期の生い立ちから始まり、プロレスや漫画から強い初期衝動を培った小学生時代の思い出、漫画家への進路を心に定める中学時代、苦しみ多き高校生活から少年ジャンプでのデビューからヒット、さらにキン肉マンが終わってからの低迷期をしのいでキン肉マン鏡い悄帖帖

 という具合で、現時点までの漫画家ゆでたまご全史であり、また、昭和期のある時点を生きた少年たちの半生紀であり、さらに少年ジャンプ史の一断層でもある、多面的な内容になっておりました。

 各時代ごとに、嶋田氏が嶋田氏の視点で覚えていることを、中井氏は中井氏の視点で覚えていることを交互交互に語っていく構成になっているのですが、一方が「……ということがあったと聞いたが記憶にありません」と軽く流している出来事を、もう一方は「あのことがあって彼と親密になったのです」と大事な思い出として述べているなど、非対称なところが面白いですね。

 んでもって、そうした非対称な二つの人格の語りをあっちからこっち、こっちからあっちへ往復し続けるうちに、だんだん左右の視界がぼやーっと重なってきて「ゆでたまご」という一人格の像が立体的に浮かび上がってくるみたいなステレオグラム感。うまいことした本ですね。(ただ逆に、それがゆえに、ざーっと流し読むだけだと細切れ感ばかりが溜まってとっつきづらいかもしれません)

 本屋さんで見かけたとき、↓この裏と表のオビが熱くてふっと手にとってレジへ持っていってしまいました(笑)
 

090619-3.jpg


 コミック類は読了。

ぶっ☆かけ 4 (GAコミックス)ぶっ☆かけ 4 (GAコミックス)
松山せいじ

グリーンアロー出版社 2009-06-16
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Cheers! 7 (アクションコミックス)Cheers! 7 (アクションコミックス)
チャーリーにしなか

双葉社 2009-06-12
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ちはやふる 5 (Be・Loveコミックス)ちはやふる 5 (Be・Loveコミックス)
末次 由紀

講談社 2009-06-12
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『ちはやふる』は相変わらず超面白い。
 そして超面白いだけに、そのぶん、ホビー系フィクション特有の「そのホビー世界の外の空気をしめきった密室感」の圧迫もハンパなくなりつつあってコワいという気分も生じかけていたりもします。こいつら多分この世からかるたが消えたらみんな死ぬよね、みたいなグツグツの煮詰まり感。(もちろん、それはそのくらいの凄みがあるからこそ描ける物語の域に達しているという褒め言葉でもあります)
 これは今巻、主人公のお姉ちゃんが出番なかったというのも響いてるかも。

 ああ、そういえば、竹下けんじろうの『かるた』は主人公の出発点が「他のホビー世界からの才能持ち越し」だったので、そういう意識が生じなかったな。外にも別のホビー世界が存在することが前提なので。

 こういうのってサジ加減が難しくて、息苦しさがあるからといって、あんまり風通しをよくしすぎても駄目なんですよね。キャラやドラマの凄みが“しょせん一つの猿山のてっぺん取り”という不必要な矮小化をされちゃうから。(ヤンキー物が抱える問題でもある)

 『ちはやふる』の場合はいまのところ、主人公の熱量でぐんぐん圧を高めていく先の天井で、ダサかわいいキャラ物のシャツを着てるクイーンに「クイーンと呼ばれてても16歳の女の子」と差し水を入れたりみたいに、かるた世界の壁を崩さない範囲で吹きこぼしもないようぎりぎりのコントロールがされている印象です。

Posted by みやも at 23:13 | コメント(0) | トラックバック (0)

2009年06月18日


『フレッシュプリキュア!』今夏、芸人コンビ「オードリー」出演

公式サイトの最新情報より。(6/16付ニュース)

 うーん、まー、YP5GOGOにおいてフンドシ一丁で獅子舞やる芸人が出た後では控え目なゲストに見えるけども(^_^;;
 つか、夏ってことは"4人目"がすでにいる時期なのかな?? もしそうなら、彼女が人間世界のお笑い芸人にどんな反応(ツッコミ?)するのかちょっと見てみたい気はする。


オードリー DVDオードリー DVD
オードリー(春日), オードリー(若林)

CCRE 2009-07-22
売り上げランキング : 36
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 21:59 | コメント(4) | トラックバック (0)

2009年06月17日


今週の「エデンの檻」感想

第26話。

・“ミイナ”が衝撃のカミングアウト。まあ個人的にはこれはこれで御褒美っすよ。

・しかし衝撃すぎて大森さんはかつて愛した先輩が惨殺された悲しみも吹っ飛んでコメディ空気に混じってますがそれでええのか。ええのんか。

・ところで”彼女”の真相がサプライズすぎて慮るのを怠りそうになりますが、これって笑ったり怒ったりするところじゃなくて、つまり我々が先週の時点でミイナの境遇として考えていたよりも余計に大変な苦労をしていたということなんですよね。フィジカルな強みがないだけでなく、素性がバレたらヤクザたちを盾にすることもできないという、本当にただ一人きりの子供でしかなかったわけで、気が休まらなかったんじゃないでしょうか。

・アキラたちをテストしていたうんぬんも、計算高いとか腹黒いとかじゃなくて、“彼女”の手持ちのカードのなかで「生きるのに必死」だったのに他ならず、あんまり悪印象はないですな。

・最後にモノローグで言っている「この島で生き残るのに大事なもの」というのは、おおむね先週の感想のなかで書いたようなことかと思われます。けっきょく他人のことを考えられる人間のほうが自分も助かる目が出る、というのを、この漫画はずっと繰り返し描いていますね。


【関連】
 これまでの「エデンの檻」感想


エデンの檻 2 (2) (少年マガジンコミックス)エデンの檻 2 (2) (少年マガジンコミックス)
山田 恵庸

講談社 2009-04-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 16:53 | コメント(5) | トラックバック (0)

2009年06月16日


カラオケで流れるアニメ映像ってあなどれない

 まずは、きょうの一曲。
 例によってニコニコにカラオケ録音をアップしました。
 仕事の合間を縫って1時間で何曲か1発録りしてきた内の1曲です。

 アナ姫ー!好きだー!
 君の心はそう叫ぶべきだったよ、ゲイナーくん……


 さて本題。
 カラオケボックスのモニターで歌詞のバックに流れる映像って、たまに面白いのがありますよね。
 みょうにドラマ仕立てだったり、やたらシュールだったり、絶妙に内容がマッチしていたり、微妙にジャンルが食い違ってたり・・・

 アニメソングではもちろん本編もしくはオリジナルのアニメ映像が流れる確率が高いですが、そこでもなかなかあなどれないものがあります。あれですね、感覚的には「みんなのうた」でちょっと目を惹くアニメ映像が流れたときみたいな気分にさせてくれるやつ。

 以下、最近見かけたお気に入り。
 (なお、僕はいつも近所のジャンカラで機種はUGA PLUSを選んでます)

・『トップをねらえ!』「トップをねらえ!(FlyHigh)」本編映像のダイジェスト。めちゃめちゃ熱い編集になってて震えました。

・魔法少女アニメの歌を選ぶとたまに出てくる、美墨なぎさ(プリキュア初代)もどきな女の子の淡い恋愛未満の気持ちのゆらぎを描いた映像。

・ガイナックスくさい絵柄のカウガールが、切れてしまった赤い糸の先にいる運命の相手を探して荒野を馬で旅する映像。(じつはその馬は……)

・ちょっとくたびれた女の人が、公園で猫を拾ったときの縁で良い男の人と出会って、化粧やら何やら頑張ってだんだん可愛くなっていく映像。たしか最後は浴衣を着て花火を見るシーンだったかな。

 あと、実写ですがスーツを着て頭部がテレビになっている男がくねくね踊り狂う不気味な映像を一度だけ見かけたことがありました。唄いながらすげぇ怖かった(^_^;;

 という具合に、みなさんも心に残ったカラオケ映像、いろいろおありではないでしょうか。


オーバーマン キングゲイナー - キングゲイナー・オーバー!オーバーマン キングゲイナー - キングゲイナー・オーバー!
福山芳樹 秘密楽団マボロシ 井萩麟

ビクターエンタテインメント 2002-09-21
売り上げランキング : 3464
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 22:05 | コメント(0) | トラックバック (0)

2009年06月15日


きょうの一曲

 ニコニコにカラオケ録音をアップ。

 メガネで白衣のちょっと変人入った天才科学者っ娘がお気に入りでした。
 当時あの子と整備班の人とでカップリング妄想をそそられた。


地球防衛企業 ダイ・ガード ― オリジナル・サウンドトラック 1地球防衛企業 ダイ・ガード ― オリジナル・サウンドトラック 1
TVサントラ 遠藤響子 一倉宏

ビクターエンタテインメント 2000-01-01
売り上げランキング : 176358
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

Posted by みやも at 21:22 | コメント(0) | トラックバック (0)

2009年06月14日


今週のフレッシュプリキュア感想

第20話。

・お疲れモードの3人。くたびれたエロスって……良いよな……!

・ラブやん、体力の確認のためか鉄棒に飛びつこうとしてましたが、スカートのままそんなことしようとしたのがそれこそお疲れからくる油断ではないかと(笑)パンツ見えるぞ。見せて。

・親と級友とドーナツ屋と妖精に心配されるラブ、仕事先のカメラマンに注意されるミキ、心配してるのかどうか定かではないがとりあえずウサギが擦り寄ってくる祈里。…って祈里…

・プリキュア=みんなの幸せのため、ダンス=自分の幸せのため……というスタンスがラブの口から言明される。

・せつなの「二兎を追うものは一兎をも得ず、どっちかを選べ」という忠告(誘惑)は目先ではひじょーに正しいんですが、その二者択一は「みんな」と「自分」を別物として切断させることを前提にしているんですよね。だから最も大きな解を出すべきさだめにある主人公ラブはその前提を拒んで諸々ひっくるめた単位としての幸せ(曰く「ほんとうの幸せ」)getを目指す道を選んだ、みたいな次第。

・単純に考えても、プリキュアで人を助け守るということは、いずれ自分達のダンスを観てくれるかもしれない将来のお客さんを守るということですからね。だからどっちを取るかじゃなくて、「両立させないといけないという一つの課題」なのでしょう。

・でもそれは身体に無理のかかる修羅の道でもあるのでした・・・バタリ。

・せつなの、本音と建前が微妙に混濁しつつある半熟デレ期おいしいです(^q^) 心配うんぬんは、せつなに騙されているラブがせつなの気持ちを正しく察して、ラブを騙しているせつな本人が自分の気持ちを誤解しているというひねりで面白い

・今回のモンスターは…うげー、そのピストン運動はエロい!(笑)

・カード使った後遺症に耐えながらよろよろ去っていくイース様の孤独な背中が不憫でならないんですが、この不憫さがバネになって今後の展開のカタルシスがある……と先を思えるオトナはいいけど子供の視聴者にはどうなんだろうな(^_^;;

・幻聴「ミユキさん!」 ちょwwwwそれ死亡演出wwwww

・プリキュアとダンスの両立をどうするのか、という話は次回へ持ち越し。まーしかし、ダンスに気負いすぎて食事と睡眠をおろそかにしていたのが主因っぽいので、心構えが決まったんならあとは普通の体調管理で済むんちゃうかな。

次回サブタイトル「4人目のプリキュアはあんさんや!!」→来週はお休みです  うわああんもう!!  

【関連】
これまでのフレッシュプリキュア感想


フレッシュプリキュア!【1】 [DVD]フレッシュプリキュア!【1】 [DVD]
沖佳苗, 喜多村英梨, 中川亜紀子, こおろぎさとみ

ポニーキャニオン 2009-06-17
売り上げランキング : 542
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 14:19 | コメント(5) | トラックバック (0)

2009年06月13日


簡易更新

 ブログに書くことがない……というか今の段階ではあまり書けないことの重なってる日々が続く。

 午前、仕事。一日の作業予定の半分。
 昼、お買い物。
 夕方、ちょっとだけ仕事進める。
 夜、フジの土曜プレミアムで「ターミネーター2」を観ながら序盤で服を手に入れたシュワちゃんがサングラスをかけてバイクで去るシーンがカットされててビールを吹く。それはない。ないよ。
 深夜から夜明けまで仕事してノルマ片付けるつもり。


 というわけで面白みのない日記でした。


追記:
 三沢光晴さんがお亡くなりに・・・・

Posted by みやも at 23:45 | コメント(0) | トラックバック (0)


簡易更新

 自宅のPCで普段使いのタブブラウザSleipnirを最新バージョン2.8.5へアップデート。

 はじめはブラウザの「ヘルプ」→「アップデートを確認する」経由で上書きインストールしたんですが、アップデート後のSleipnirは終了するたびにプロセスが残って次の起動が出来ない(「前回起動したのが終了するのを待ってます」的なメッセージが出る)不具合に陥りました。
 タスクマネージャーで強引に終了させればまた起動できるんですが、さすがにそんなことを毎回やる気にはならないので、いったん根こそぎアンインストール。公式サイトで新規インスト用のファイルをダウンロードして、いちから入れ直してみました。

 んで、めでたく不具合は解消。終了・起動に何のトラブルもないことを確認してから、さっそくバックアップしていたお気に入りを移したり各種カスタマイズの微調整をすませてアップデート完遂となった次第です。あと、ついでにIEも7から8へ上げました。こっちはとくに問題なし。

 使い心地は……うん、ちょっぴり軽くなった……ような……気はする。
 けっきょく最初のトラブルは何だったんでしょうねー??  ファイルか設定の引継ぎで問題あったのかなぁ。もういいっちゃいいんだけど、次にバージョンアップする時のこともあるしねぇ。


ブラウザ選択の時代を読み解くブラウザ選択の時代を読み解く
Scott Granneman 江村 秀之 小沢 英裕

オライリージャパン 2005-09
売り上げランキング : 377184
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 01:29 | コメント(0) | トラックバック (0)

2009年06月12日


簡易更新

 スケジュール確認してみたら今月後半が思ったより忙しくてはわわわ

ジャンプSQに降臨した松井先生! インタビューと読みきり [moon chronicle]
 作品を終わらせるということをきっちり考えている作家さんの姿勢は素敵。
 あとSQ掲載の短編「離婚調停」は素晴らしく余韻のある、読み切りらしい読み切りで舌を巻きました。ヒーローがヒロインに対して男性格ではなく父性格なのがいいですね(ある意味、究極の父性)。ラストのヒロインが可愛いんだまた。

「伸太、部屋ニ駆ケ込ミテ、号泣シテ曰ク」 ドラえもんを漢文訓読してみた [アルファルファモザイク]
 格調高ぇ(笑)

「耳かき」で1発、埼玉で風営法初摘発 [日刊スポーツ]
>耳かき店「耳かき一発」
 それは何というかとりあえず店名がまずい。


どこまでヤレる!?ひざまくら耳かき店のお姉さん [DVD]どこまでヤレる!?ひざまくら耳かき店のお姉さん [DVD]

Paradise 2008-01-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 00:00 | コメント(2) | トラックバック (0)

2009年06月10日


今週の「エデンの檻」感想

第25話。

・わりとあっさり黒ミイナの底が割れましたね。今後のポジションを考えるとあんまり引っぱって悪印象の垢がつかないほうがたしかにいいんですが、もうちょっとドSロリっぷりに浸っていたかった自分もいて痛し痒し(^_^;;

・ミイナの一連の奇矯なドS行動は他の大人たちへの牽制でわざと極端にふるまっていたんでしょうね。ヤクザを盾にしてもミイナ自身が普通の子供とみなされては何かの拍子に手出しされるリスクが残るので、ミイナ本人からしてうかつに刺激できない存在と周りに思い込ませる必要があったと。

・まー、それでも大森さん強制コスプレ馬乗り遊びとか、おふざけ部分はほぼ地だったろうと思いますが。つかそのほうが面白いよね(笑)

・象徴的なのは9ページ4コマ目、樹上の鳥の巣に避難して大森さんにしがみついているミイナのすぐ横で、ぴーぴーとさえずっている小鳥たちが配された構図。ミイナがやはり、庇護者を必要とする一人の子供だと明らかにした転換点を、絵的にさりげなーく読者の目へ刷り込んでくる演出で巧いですね。

・生死をともにする仲間意識で共鳴し、暴徒の前に身をさらすアキラと大森さん&その他3名の姿がミイナを揺さぶる。個人の・かつ目先のサバイバルとしてはアキラの言動は自殺行為もいいところなのでほめられたアクションじゃないのですが、仮にみんなでこの状況を脱することができた場合に得られるもの(=保身のために自分を見捨てたりしない仲間がいるという確信)は、長期のサバイバルを覚悟するなら、じつは損得勘定のうえでも一定の理がある賭けではあるかもしれません。(一人きりで逃げた先で何か個人の手に余る危機に見舞われて死ぬリスクと、いま・ここで死地に飛び込んで後の生存可能性を高めるための仲間を守るリスクのどっちを取るか)

・と、そんな人間同士の緊張・駆け引き・混乱もろもろがピークに達した矢先、のっそのっそと古代生物の群れが忍び寄るラストカット。窮地に追い込まれているアキラたちにとってはむしろ状況を引っ掻き回して突破口を開いてもらえそうな流れで、最悪に最悪を掛け算すると助かる目が生じるというのがおもしろいところ。読者としては思わず動物たちに「よく来てくれた!」的な拍手を送ってしまいたいとさえ(笑)

【関連】
 これまでの「エデンの檻」感想


エデンの檻 2 (2) (少年マガジンコミックス)エデンの檻 2 (2) (少年マガジンコミックス)
山田 恵庸

講談社 2009-04-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 23:39 | コメント(6) | トラックバック (0)

2009年06月09日


簡易更新

 微妙にお仕事が重なっててプチ忙しいので簡単に。

 最近プライベートでプレイしたエロゲ。
 エロゲの催眠術ものではもはや定番の観がある、BLACKRAINBOWの村越先生シリーズの最近作を一年遅れでようやっとコンプしました。

催眠術2催眠術2

BLACK RAINBOW 2007-09-28
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
裏・催眠術2 通常版裏・催眠術2 通常版

BLACK RAINBOW 2008-04-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 以下、シリーズのネタバレを含む雑感。

 やー、いまさらですが催眠エロのジャンルは業が深いですね。

 エロゲのヒロインというだけですでに「エロのためにする」ように内面をある程度剥ぎ取られてるのに、さらに催眠術というギミックによって完全に真空状態にさせられる二段構え。ここまで主人公の特権化をつきつめると、プレイヤーによっては「好き勝手やらせてもらってほんますみません」みたいな心苦しさに陥ることがあるかもしれません(^_^;; まー、その心苦しさ込みで楽しんでしまうことができる、というのこそが業が深いという所以なんですけれど。

 ただ、催眠シリーズではその特権を両刃にして主人公をつまずかせるバランス取りもあって、たとえばある作品では「催眠術を性的に悪用する主人公に一人だけ催眠術抜きで好意を寄せてくれる少女がいてめでたく恋人になるも、実は他の催眠術師が主人公のためにその子が主人公に好意をもつよう暗示を仕込んでいたことが判明し、暗示が解けたとたんその女の子は主人公を気持ち悪がる」という、(女の子にはどっちにしてもいい迷惑だけど)主人公がくらうしっぺ返しとしては至極もっともな展開に感心した覚えがあります。ヒロインの人格を奪っていい目を見ていた身が、ヒロインが人格を奪われていたことで痛い目もみるっちゅう。(ただし、その作品では最終的にヒロインが主人公を赦すエンディングがあって、ポルノエンタメとしてのサービスは守られてるんですけどね)

「催眠術2」も、不能の催眠術者と出会った主人公が術を教わり、自分のエロ経験を報告することを条件に術を使って好き勝手やるも、彼の報告で興奮してインポが治った師匠に母親を奪われるというしっぺ返しが……なんつーか、ある意味で律儀なメーカーだなあと。

 ときどき、開き直ったメタ展開を取って「エロゲとは…」「エロゲユーザーとは…」とダイレクトに批評意識を稼ごうとするタイプの作品があるけど、それよりはこういう泥臭くて"意地悪いドラマ"の力で攻めたほうが身につまされる度合いが強いような気もします。前者はどうしても分析的になってしまって「分析ができている自分」という慰めの余地があるから。

Posted by みやも at 22:15 | コメント(4) | トラックバック (0)

2009年06月08日


ビデオ購入録

 1本100円で叩き売られてたのを適当にピックアップ。

090608.jpg

[映画]
 ・「ガンヘッド」 1989 監督:原田眞人
 ・「ZIPANG ジパング」 1990 監督:林海象

[劇場アニメ]
 ・「銀河鉄道の夜」 1985 監督:杉井ギサブロー
 ・「風の大陸」 1992 監督:真下耕一/キャラ原案:いのまたむつみ/キャラデザ:結城信輝
 ・「お星さまのレール 」1993 監督:平田敏夫/作監:君塚勝教/キャラデザ:兼森義則

[OVA]
 ・「ゲキ・ガンガー3 熱血大決戦!!」 1997 (※「機動戦艦ナデシコ」劇中劇のスピンオフ)


 いずれも既見につきサルベージの優先度低。

 えーと。
 風の大陸、お星さまのレール、ゲキガンガーはDVD化されてないのか。
 風の大陸がVHSとLD止まりなのはちょっと意外。
 ※追記:ゲキガンはナデシコのDVD-BOXには収録されてるみたいです。単品でのリリースがない

 ……あ、そうだ、俺まだロボジョックス観たことないや・・・・(ガンヘッドを眺めつつ連想)


ガンヘッド [DVD]ガンヘッド [DVD]
原田眞人 河森正治 ジェームス・バノン

東宝 2007-02-23
売り上げランキング : 10224
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ZIPANG [DVD]ZIPANG [DVD]
高島政宏, 安田成美, ベンガル, 佐野史郎, 林海象

ハピネット・ピクチャーズ 2001-03-25
売り上げランキング : 86131
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
銀河鉄道の夜 [DVD]銀河鉄道の夜 [DVD]
宮澤賢治

PIASM 2002-03-22
売り上げランキング : 1658
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 20:11 | コメント(6) | トラックバック (0)

2009年06月07日


今週のフレッシュプリキュア感想

第19話。

・イースが新しい力を得る。メビウス様の、部下を気遣うふりしてそそのかす手管がなんとも憎らしい。

・ラブに声をかけられたせつなの変わり身の早さが素晴らしすぎるwwww一瞬でペンダントかけてるしwwwwwwいやー、演技なのは分かってても、恋する乙女に見えてしまう(笑)

・「プリキュアだという自覚ないのか、ダンスなんかしてる場合じゃないだろう」イース様まじめすぐる。可愛い。

・ダンスの練習がプリキュアでの戦闘に活かされる。先週は非日常から日常へのフィードバックについてのお話でしたが、今回は日常から非日常への再フィードバックを描いたとも言えますね。

・プリキュアになれるというのは一種の夢の空間であり、そして夢というのは現実を原料にして抽出されるものなわけで、現実で成長して底を上げておくことで、より強い夢が見られるということを描くのも、キッズアニメとして大事なところなんだろうなと。

・死の恐れもある激痛を代償に、強力な怪物を生み出すイース。痛みをもたらすイバラが触手めいていて大変エロティックでございます。日曜の朝っぱらからなんて爽やかなアニメなんだ。

・今回はダンスに頑張るラブたちの裏で、自らの使命を果たすべく「頑張るイース」が描かれていて、ほとんどマゾ的なレベルで苦痛に耐えながらプリキュア打倒に賭ける彼女の姿は、目的こそ悪なれど、うっかり感情移入を誘う。

・そこで巧く出来てるのは、イース様みたいに"盲目的に忠実で純心な悪の幹部"タイプの場合は「巨悪に唆されて/頑張っているイース」という区切りを入れることで、前者(目的としての悪)を切り離して、頑張ろうとする心根そのものには共感していいようになっているところ。

・んでもって、最終的には因果が逆転して「こんなに頑張ることのできるイースを悪のために利用するメビウスけしからん」となって、視聴者のなかに、うっかりを超えて深いところからイースに肩入れする受け皿が設けられるという仕立てですね。

・あと、ラブたちのお疲れ状態が平行して描かれたのも、苦痛に耐えるイース様に共感が偏りすぎない様にして「どのヒロインも頑張ってる」図にするバランスが感じられました。でもやっぱイース様の印象が一番強いけど(笑)

・来週、なんか作画が独特ですね。飼育小屋でへたりこんでるブッキーが90年代エロOVAみたいな感じでドキりんこ。

・4人目まもなく登場の告知カット、もう色々と隠す気なっしんぐですな!

【関連】
これまでのフレッシュプリキュア感想


フレッシュプリキュア!【1】 [DVD]フレッシュプリキュア!【1】 [DVD]
沖佳苗, 喜多村英梨, 中川亜紀子, こおろぎさとみ

ポニーキャニオン 2009-06-17
売り上げランキング : 542
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 11:37 | コメント(4) | トラックバック (0)

2009年06月06日


SABE氏のご冥福をお祈りいたします

ワニマガジンニュース 6月5日 SABE先生について

 1月にお亡くなりだった模様。
 ペンギン虐待女、ゲーマー的には対戦ホットギミックで異彩を放ってたのが良い思い出。

Posted by みやも at 12:45 | コメント(0) | トラックバック (0)

2009年06月05日


1970年代の少女まんがアニメ特集レコード

 本棚を整理してたら、1960〜1970年代に放映された少女向けアニメを特集した古いレコードが出てきたのでカメラでパチリ。

090605-00.JPG

 題は『少女まんがオールスター大集合〜魔法使いサリーから赤毛のアンまで〜』。LP二枚組です。

090605-01.JPG 090605-02.JPG 090605-03.JPG

 以下、収録曲の一覧。(曲名/作品名)

・魔法使いサリー/「魔法使いサリー」1966
・リボンの騎士/「リボンの騎士」1967
・ひみつのアッコちゃん/「ひみつのアッコちゃん」1969
・アタックNo.1/「アタックNo.1」1969
・魔法のマコちゃん/「魔法のマコちゃん」1970
・エッちゃん/「さるとびエッちゃん」1971
・ふしぎなメルモ/「ふしぎなメルモ」1971
・キューティーハニー/「キューティーハニー」1973
・幸わせを呼ぶリミットちゃん/「ミラクル少女リミットちゃん」1973
・おしえて/「アルプスの少女ハイジ」1974
・魔女っ子メグちゃん/「魔女っ子メグちゃん」1974
・ラ・セーヌの星/「ラ・セーヌの星」1975
・草原の少女ローラ/「草原の少女ローラ」1975
・キャンティキャンディ/「キャンティキャンディ」1976
・あしたへアタック/「あしたへアタック」1977
・ぼくらは旅の音楽隊/「風船少女テンプルちゃん」1977
・若草のシャルロット/「若草のシャルロット」1977
・ペリーヌものがたり/「ペリーヌ物語」1978
・魔女っ子チックル/「魔女っ子チックル」1978
・はいからさんが通る/「はいからさんが通る」1978
・星から来た二人/「ピンクレディー物語・栄光の天使たち」1978
・3人のうた/「コラルの探検」1979
・花の子ルンルン/「花の子ルンルン」1979
・きこえるかしら/「赤毛のアン」1979

 東映系が目立つラインナップですね。
 作品タイトル=主題歌の曲名がオーソドックスだった時代。

090605-04.JPG
090605-04-01.JPG090605-04-02.JPG090605-04-03.JPG090605-04-04.JPG

 歌詞カードというか歌詞ページ。
 作品ごとのイメージカットが付いています。

090605-05.JPG
090605-05-01.JPG090605-05-02.JPG090605-05-03.JPG090605-05-04.JPG

 他作品は美少女度が高いなか、異彩を放つ『さるとびエッちゃん』(原作:石ノ森章太郎)。
 エッちゃんは東映の魔法少女アニメの系譜につらなる存在ですが、設定的には常人離れしたパワーの持ち主というくらいでマジカルな要素はほとんど無かったもよう。
 なお、エッちゃんの第6話Bパートが宮崎駿御大の東映動画での最後のお仕事だったというトリビアも。

090605-06.JPG
090605-06-01.JPG090605-06-02.JPG090605-06-03.JPG090605-06-04.JPG

 曲名が「幸わせを呼ぶ〜」というわりにアンニュイきわまるカットで載っているリミットちゃん。飛行機事故で死にかけてサイボーグ手術を受けたというヘヴィな境遇のヒロインで、企画の初期段階では残り寿命が一年というリミットつきという設定もあったそうな(放映されるにあたってその設定は消えた)。そら暗い顔もするわいな。

090605-07.JPG
090605-07-01.JPG090605-07-02.JPG

 ローラは、往年のTVドラマ「大草原の小さな家」と同じ原作小説をアニメ化したタイトルと言うと分かりやすいですね。

090605-08.JPG
090605-08-01.JPG090605-08-02.JPG090605-08-03.JPG090605-08-04.JPG

 「テンプルちゃん」と聞くといつも、こめかみに猛烈なひじ打ちを打ち込む格闘美少女のイメージが沸いてきます。

090605-09.JPG
090605-09-01.JPG090605-09-02.JPG090605-09-03.JPG090605-09-04.JPG

 「大正時代の失禁レディ」という名言を残したのは『ゲノム』のパクマンさんでした。

090605-10.JPG
090605-10-01.JPG090605-10-02.JPG

 上の画像、ルンルンを冷たく見つめるアンみたいでちょっとワラタ


風船少女 テンプルちゃん DVD-BOX風船少女 テンプルちゃん DVD-BOX
滝沢久美子.つかせのりこ.緒方賢一, 原征太郎

エムスリイエンタテインメント 2007-05-30
売り上げランキング : 9860
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
花の子ルンルン DVD-BOX 1花の子ルンルン DVD-BOX 1
神保史郎

ハピネット・ピクチャーズ 2005-01-28
売り上げランキング : 24708
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
赤毛のアン DVDメモリアルボックス赤毛のアン DVDメモリアルボックス
山田栄子, 槐柳二, 北原文枝, 高島雅羅, 高畑 勲

バンダイビジュアル 2008-08-22
売り上げランキング : 3069
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 00:29 | コメント(11) | トラックバック (0)

2009年06月04日


今週の「エデンの檻」感想

第24話。

・ミイナの描いた地図によってアキラが見つけたモノが、新たな局面を招く。あんのじょう刑事のおっさんが……というだけじゃなくてグループまるごと後ろ暗かったんですね(^_^;; 隠蔽するにも他にやりようがあるんじゃないかと思いますが、詳しい事情が分からないのでなんともいえず。来週以降が待たれます。

・あわれ、暴走する集団のえじきになるヤクザたち。日常の社会で蛮猛をふるう暴力の行使者たちよりも、非日常的な環境で狂気につかれた一般人群集のほうが恐ろしいという図。

・こういう人間ならではの強者弱者の倒錯と、古代生物たちが純粋に生物学的な弱肉強食のルールと習性のみにしたがって生をまっとうしているシンプルさが照らしあって、よほど後者のほうが“きれい”に見えてしまいます。だからミイナの「獣たちが目を覚ます」という発言の「獣」というのは現実にある他の動物たちとは関係ない抽象的なイメージであって、人間を指す以外には意味をなさない表現なんですね。

・さて、ここで今回の大人ムラ編の仕立てが把握できてきましたね。ミイナはヤクザの威をかりて大人たちを従えていたのではなく、逆に、大人たちの“獣性”から身を守るためにヤクザたちを防波堤にしていた、というつもりだったのでしょう。

・その盾が失われて一人の子供になったミイナは、やはりアキラたちのチーム入りでしょうかね? 大森さんにはなつきそうですが、りおんとは相性悪そうで楽しみ(笑) 

・大人グループの実像を知って逃げ出そうとするアキラ。人質になったりおんたちがその目に飛び込んできて、さあどうなるかというところで引き。おお……なんかりおんがメインヒロインっぽいぞ!(そうですよ)

【関連】
 これまでの「エデンの檻」感想


エデンの檻 2 (2) (少年マガジンコミックス)エデンの檻 2 (2) (少年マガジンコミックス)
山田 恵庸

講談社 2009-04-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 20:23 | コメント(2) | トラックバック (0)

2009年06月03日


きょうの一曲

 ニコニコにカラオケ録音をアップ。
 手元のファイルが尽きました。また録り溜めしとこう。

 キリコと言えばQB。
 きりこと言えばチャイルズ。


装甲騎兵 ボトムズ VOL.1 [DVD]装甲騎兵 ボトムズ VOL.1 [DVD]
高橋良輔 塩山紀生 大河原邦男

バンダイビジュアル 2006-10-27
売り上げランキング : 23983
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 02:23 | コメント(0) | トラックバック (0)

2009年06月02日


チョコレートファイター観てきた

 なんばパークスで夕方の回から観てきました。
 もし物足りなかったらもう一本ハシゴするつもりだったんですが、じっさい観てみたら、余韻を壊したくなくて直帰した俺がいましたお(笑)

チョコレートファイター公式サイト

 うーん、そら4年かけて仕込む価値があるわなこの娘なら。
 ピンゲーオ監督が彼女に見出したという才能ってのは、たぶんアクションの才能に限らない深いところまで指すんだろうなと。

 監督は「マッハ」でも「トムヤムクン」でも陰の気の凄みが見え隠れしていたんですが、エンタメの陽気(おもにペットターイ・ウォンカムラオが担っていた)で中和していたそれを今作ではむき出しにたたきつけてきた感じ。で、たたきつけられたところがジーンとしびれて残る。

(で、エンタメしてなかったのか?というと全く娯楽作品でもあるんですよ。偉いよねえ)

 こうなると日本で公開されてない監督の過去作品が気になる。監督がチョコレートファイターの凄みに"たどり着いた"のか、昔から既に"走っていた"ものなのか。

 血なまぐさいアクション映画の主人公が知的障害者の女性という設定のレベルでちょっと日本のメディアでは紹介に気を使われる向きがあるかもしれませんが、なるべく話題になってたくさんの人が観てくれるといいですね。

 阿部寛はおいしい役をもらいましたね。
 監督から熱心なオファーがあって引き受けたらしいんですが、たしかに作品に一本の軸を通す大事なキャラクターを担っていました。


マッハ ! プレミアム・エディション [DVD]マッハ ! プレミアム・エディション [DVD]
プラッチャヤー・ピンゲーオ プラッチャヤー・ピンゲーオ

ジェネオン エンタテインメント 2004-11-25
売り上げランキング : 13100
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
トム・ヤム・クン! プレミアム・エディション [DVD]トム・ヤム・クン! プレミアム・エディション [DVD]
プラッチャヤ・ピンゲーオ

ジェネオン エンタテインメント 2006-09-22
売り上げランキング : 11008
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by みやも at 00:07 | コメント(2) | トラックバック (0)