みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


Amazon検索
最近の入力
ガイ・リッチーのCM差し止め
備忘録
ゾンビ本
本日の収穫
いろいろツッコみたい所はあるけれど
実写+アニメ
マドンナメイト「おにいちゃん大好き」
今日もビデオ中毒
今日のワン切り
それいけ艦砲射撃
カテゴリー
アニメ [307 items]
本・マンガ [271 items]
その他 [26 items]
ゲーム [87 items]
[17 items]
映画 [230 items]
音楽 [39 items]
ニュース [65 items]
雑記 [632 items]
読みもの [1 items]
お仕事 [46 items]
過去ログ

2007 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003 12
全エントリ一覧

出入り口


2004年08月31日


ガイ・リッチーのCM差し止め

ガイ・リッチー監督のテレビコマーシャルが放送中止

>子供が実際に親の車を運転しかねないとゼネラル・モーターズに猛抗議。

 BLMAE CANADA! BLAME CANADA!

 日本じゃ幼稚園児がバスを乗り回して派手なカーチェイスをやらかすアニメ映画が大手を振って公開できるんだから、まだまだ寛容ですな。

Posted by みやも at 19:11 | コメント(0) | トラックバック (0)

2004年08月30日


備忘録

アニメ『らんま1/2』第1期15話:
あかねがその時点ではまだ放映されていないシーンを回想している。
 →本来14話に予定されていたエピソードが「さらわれたPちゃん!」というサブタイだったため、当時話題になっていた幼女誘拐事件 *1 に配慮して放映を延期、およそ半年後の第2シーズン第7話(熱闘編)にまわされた……と、言われている。ただし当時の公式見解(ファンクラブ会報)では「内容にリテイクの必要があった」のが理由としており、真相は判然としていない。

*1 : 1989年8月10日、宮崎勤容疑者が正式に逮捕。翌11日に幼女の誘拐殺害を自供している。らんま第14話はそのトピックが冷めやらぬ8月19日の放映ワクだった
Posted by みやも at 12:24 | コメント(0) | トラックバック (0)

2004年08月29日


ゾンビ本

 いずみのさんにお借りした同人誌。
  あらゐよしひこ氏による、ロメロ版ゾンビに依拠した世界観で描かれたオリジナル漫画です。

■「LIFE OF THE LIVING DEAD」
 うはっ、ゾンビハンティングという状況設定だけで原典信仰者はもうニヤニヤですよ。
 青臭い退廃観がいい感じです。そういや、あれだけ長大なシリーズであるロメロの三部作ですが、あの終末世界におけるティーンズの心理的様相ってのは実は全然描かれてないんですよね。その意味で、ひじょーに補完的な価値を見いだせる作品ではないでしょうか。
 というか、殺伐とした空気の中に儚い情緒をこすりつけるこの語り口は、ロメロ的(あるいはフルチ的)世界をどれだけ拡大延長しても出てこないものです。 まさにあらゐ氏本人があとがきで指摘しているとおり、これだけコアなゾンビ愛好同人作家においてさえ「日本人のはらわたとアメリカ人のはらわたって、何か別のものでできてる」ことを他ならぬ自身の作品によって証明しているように思います。

■「HEART OF THE DEAD」
 死者の心理を推定する短編群。思考実験としては好きなんだけど、どのお話も「死人の抱える悲哀(を死人自身が実感できないという悲哀)」で尻を切っちゃってるもんだから、"メメント・モリ"アプローチの本懐である「死から逆照射して生を拾う」ところまで手を伸ばしていないのがちと肌に合わないかも。もちろん好みの問題といえばそれまでなんだけどね(→ボク自身は「ゾンビの出てくる世界の話」は大好きだけどゾンビというイコン自体に愛着はないので)。

■「LINK OF THE DEAD」
 前2作の世界観にディテールを継ぎ足して練り直した異編、といったところ。ここまでくると安定感が先に立って立派な"読み物漫画"になっている。
 知恵あるゾンビ像の模索といえば「死霊のえじき」のバブ君のエピソードがありましたが、あれ泣けますよね〜……と、筆がどこまでも滑りそうなので止めておこう。
 あとがきに関しては、「愛する死人との共存」というトピックを語るなら『ケンタッキー・フライド・ムービー』('77)の「死者の権利を守る会」もレファレンスに加えて欲しかったり。あの寓意に満ちたギャグは「●●権利団体」風刺にとどまらず、生死の相克で戯れるゾンビマニアにも示唆するところの多い傑作だと思います。

Posted by みやも at 21:40 | コメント(0) | トラックバック (15)


本日の収穫

[8月28日(土) 記ス]

 I氏とK氏にご一緒して、天王寺にて『ヴァン・ヘルシング』を観てきました。ハマープロ往年の怪物映画へのリスペクトや「吸血鬼ハンターD」めいた意匠 *1 は事前に分かっていたのですが、前半から中盤にかけての進行の基盤が「007」だったので笑った。さしづめアナ王女がボンドガール的ポジションね。……映画が面白かったかどうかと訊かれたら、とりあえず「ILMは頑張った」と答えることにしようっと。 

 映画の観賞前後には、徒歩で動ける範囲で喫茶店でダベったりお買い物をしたりしてました。
 以下が本日の収穫物。

 [漫画] 桃森ミヨシ『ハツカレ』1〜2巻
 [児童文庫] 令丈ヒロ子『若おかみは小学生!』1〜3巻
 [映画パンフ] 『ゴーストバスターズ』、『フロム・ダスク・ティル・ドーン』

 『若おかみは小学生!』は表紙絵と作品タイトルがあまりにもキャッチーだったので衝動買い。だって若おかみが小学生ですよ!? これは後日きっちりとレビューを書くつもりです。
 他にも本屋さんの子供向け書籍のコーナーを見てみたら、俗に「萌え絵」と称されるような系統のイラストレーションでつづられた本がたくさんあって腰を抜かしました。時代も変わったもんだなあ。


*1 : 主人公ヴァン・ヘルシングのデザインに関しては監督自身が「D」の影響を認知している
Posted by みやも at 00:08 | コメント(0) | トラックバック (0)

2004年08月28日


いろいろツッコみたい所はあるけれど

   8月27日(金) フジ系にて

pet.jpg

  「アイツだワン」ときたもんだ。

Posted by みやも at 04:03 | コメント(0) | トラックバック (0)


実写+アニメ

saiyukitokuhou001.jpg DVDにて東映動画の『西遊記』('60)を視聴。
 本編はむかし何処かで観たので記憶を改める程度の観賞だが、特典に収録されている予告編(特報)の中で大川社長 *1 と孫悟空が"共演"している場面があって面白かった。これ、話には知っていたけど実際に観たのは今回が初めて。こういう資料に触れる機会が以前より増えたのはDVD普及のおかげですな。

 「実写+アニメーション」と言われると『ロジャー・ラビット』('88)以降の、わりに近年のカートゥーン物 *2 がアタマに浮かぶんだけど、日本でもけっこう根の深い表現なんだよね。3ヶ月ほど前にはこんなトピックも出たし。↓

日本最古の合成アニメ確認 80年前の「煙り草物語」

 映画の電算化が進んで「出来るだけリアルな」グラフィック・キャラクターを生身の人間とからませる努力に傾いている今では「根本的なギャップがある虚実の邂逅で遊ぶ」感覚がかなり麻痺している *3 のがもったいないかもしれない。硬派なSFやファンタジー映画なら高精細なリアル系CGキャラで画面を埋めるのもいいけど、もっと砕けた漫画的コメディの畑ではもっと2次元丸出しな画を挿し込んでみてもええんちゃいますか。

[おまけ]
東映動画が"東洋のディズニー"を目指した事がよく分かる現場の図


*1 : 初期の東映まんが映画の予告編は、社長さんが自ら顔を出して作品と製作スタジオの自画自賛をしまくるので有名
*2 : 『スペース・ジャム』('96)とか。
*3 : その意味では、アニメ世界と実写世界の異民族的併存を描いた『ロジャー・ラビット』の世界観は意義深いモノだったと思う
Posted by みやも at 02:05 | コメント(0) | トラックバック (0)

2004年08月26日


マドンナメイト「おにいちゃん大好き」

hutamiimouto.jpg とあるきっかけでマドンナメイト(二見書房)から出版されている「おにいちゃん大好き 萌え体験告白集」という本を頂きました。 その名の通り、官能小説で知られるレーベルが妹萌えにチャレンジした一冊です。
 
 基盤としては「萌え分野に目を配った近親ロリータ官能小説」という趣で、イラストレーションに宇佐美渉さんを配するなど、当該ジャンルへの初挑戦という点を考えれば相応の努力評価を加えていい本だと思われます。マドンナメイトが新機軸を見出そうとしている過渡期のタイトルとして、その筋のファン諸氏はチェックしてみてはいかがでしょう。

[関連]
マドンナメイト新刊情報
 コレを見ると今回の本がいかに異色なのか一目瞭然。って、「美少女転生 ミイラ学園陵辱授業」という奇抜な題名が気になります。すごそうだ……。

Posted by みやも at 23:58 | コメント(0) | トラックバック (0)


今日もビデオ中毒

 一日一善なんて無理だけど、一日一映画なら大丈夫。
 もしこの世に映画とエロゲがなかったら本物のクスリに手を出してたと思うなあ。たぶん。

 てなわけで、今日もビデオ屋通い。
 ここんとこ妙に高ぶっていたC・イーストウッド熱がおさまったところで次は(何故か)ジャッキー・チェン熱に火がついたため、「プロジェクトA」「プロジェクトA2 史上最大の作戦」に手を出す。ついでに特撮映像について思うところがあったのでハリーハウゼン様の「タイタンの戦い」なんぞも借りてみたりした。これに最近のルーチンとなっている「らんま1/2」TVシリーズの続き若干を加えたラインナップで本日の仕込みはおしまい。

 さて、夜は長いよ。じっくり観よう。

Posted by みやも at 20:40 | コメント(0) | トラックバック (0)

2004年08月25日


今日のワン切り

0115203443
 札幌の業者さんのようです。

 最近、ワン切りがかかってきたら番号を即ググってみる癖が付きました。
 そして当該番号がヒットしたときは何故かちょっとだけ楽しい。……ネクラやなあ。

Posted by みやも at 18:42 | コメント(0) | トラックバック (17)

2004年08月24日


それいけ艦砲射撃

シンプルに燃えるFlashゲーム「艦砲射撃!」 [NEXT FRAME(!)]

 戦艦ゲームとでも言うのでしょうか。
 左右で移動しつつ、クリックで砲の角度を定めて弾道を調整し、敵艦を狙ってBANG-BANG!
 ステージが上がると敵の攻撃も熾烈になって難易度が上がります。面白いです。
 現在は「演習」と「シナリオ」モードがプレイ可能。ミッション式で進行していくシナリオモードでは自艦をカスタマイズするところからスタートするなど、ツボをおさえた作りになっています。おすすめ。

Posted by みやも at 17:15 | コメント(0) | トラックバック (2)

2004年08月23日


シャマラン監督の作品に盗作疑惑

 「ヴィレッジ」が訴訟の対象になりそうとの事。というか、聞いた限りじゃ「ヴィレッジ」には3つか4つは「まんま同じやん」という元ネタ的な映画・TVドラマ・小説が指摘されてるんで、これだけでは収まりそうもないですが。
 でも元々シャマラン作品って古典の剽窃が売りみたいなところがあったし、「今さらではあるなあ」とも思ったり。

Posted by みやも at 18:07 | コメント(0) | トラックバック (0)


Ask John;100話超のアニメシリーズ

質問:100話超えのアニメシリーズは一般的ではなくなったのですか?

 リンク先はAnimanationのご意見番ジョン氏が担当している米国アニメファン向けの一問一答コーナー「Ask John(ジョンに聞け)」(08/20付)。

 もう少し詳しく質問者の意を訳しておくと、「最近はせいぜい55話,26話、ともすれば13話の構成がほとんど。『ドラゴンボール』『セーラムーン』『らんま1/2』『幽々白書』みたいに長いシリーズはもう滅多に出てこなくなったんですかね?」という内容。

 これに対してジョン氏は「現在、日本では(ファミリーもしくは子供向けの)長期アニメシリーズが沢山ある。けれど、アメリカのアニメファンの需要が低いのでアメリカに持ち込まれることがない」という旨の解答をしています。そして実際には「今も昔も同じ程度の割合で100話以上に達している作品が放送されているが、ただアメリカのアニメファンは(上述した理由で)昔の有名アニメの方をより認識している」のだと現状を説明。最後は、これから100話越えをしそうなタイトルを列挙しています。……うあっ、「ふたりはプリキュア」の名前も入ってますな(^^;
 
 ところで新作・旧作の感覚のズレについてですが、ちょうど日本では外国映画やドラマで同じ現象があるように、必ずしも輸入タイトルというのは時系列順に運び込まれてくるモノではありません。
 とくに北米アニメ市場の場合、日本の最新作品のリリース権獲得は当然のこととして、さらに棚を拡げるためにどんどんさかのぼって過去作品の鉱脈を手当たり次第掘り出していますので、日本側からすれば無茶苦茶な新旧取り混ぜた並びで売り出しているという状況があります。今回のような質問が出てくる背景としてその辺りを踏まえておくと分かり良いと思います。

 ちなみに僕が最近買った北米版「あずまんが大王」3巻(ADVフィルムより発売)に収録されている他商品の予告編では、新発売のタイトルとして「ウェディングピーチ」 *1 「超重神グラヴィオン」 *2 「BIRTH」 *3 「ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて」 *4 「まかせてイルか」 *5 「ぱにょぱにょデ・ジ・キャラット」 *6 がプレビューされていました(^^;


*1 : 1995年4月〜96年3月放送。はいそこ、劣化セラムンって言わない!(笑)
*2 : 2002年10月〜12月放映(第1期)
*3 : 1984年製作のOVA。庵野秀明が原画マンで参加した伝説のSFコメディ…だそうな
*4 : 2002年8月に第1話放映。「魂狩 ソウルテイカー」のスピンオフ作品
*5 : 2004年6月にDVDが日米同時発売。大地丙太郎監督の自主製作的タイトル
*6 : 2002年1月〜3月放映。お子様向け毒抜きデ・ジ・キャラット
Posted by みやも at 01:54 | コメント(0) | トラックバック (0)


ダベりゃんせ、ダベりゃんせ

[ 8月22日 記ス ]

 いずみの氏のお誘いを受けてお出かけ。
 二人して喫茶店やうどん屋をはしごしつつ、オタク談義(というか自由奔放なダベり)を10時間近くに渡って展開。あらん限りの方面へダイナミックに飛躍しまくる話題の数々で脳味噌がグルグル回って楽しい1日でした。

Posted by みやも at 00:00 | コメント(0) | トラックバック (15)

2004年08月21日


映画ドラえもん、原作との相違(追補)

 先ごろ8/19付のエントリーで大長編ドラえもん初期の3タイトルをアニメ・原作で比較しましたところ、コメント欄にて
 
「大長編はコロコロ連載終了から単行本化に際して大幅な加筆が行われている」
         (=連載当時の内容と比較すれば映画と大きな差はないと思われる)

というご指摘をケデラッタさんより頂きました。
 同氏が参考に教えてくださったサイトがこちら↓

 大長編ドラえもんの出版物リスト [ドラちゃんのお部屋]

 上記リンク先の「Part.2 映画原作総集編リスト」で、コロコロ連載の総集編と後発のコミックスのページ数の比較が行われています。
 たしかに映画ドラえもんには、原作(単行本)との相違において「演出的な意図で改変されたように推定できるシーン」と「前後の変化はなく一部シーンがすっぽり抜けている」ところがありまして、おそらく後者が単行本で加筆された箇所なのだろうと思われます。正確には"抜けている"というより、「その時点ではまだそういう形だった」 *1 んですね(^^;

 いやあ、これはとんだ勉強不足をさらしてしまいました。
 お恥ずかしい限り。


*1 : 時系列では「コロコロ連載→映画公開→単行本を加筆の上で出版」となる。この順番を知らないと(僕のように)「映画版はシーンが削られてる」ように見えてしまうという次第(^^;
Posted by みやも at 23:01 | コメント(0) | トラックバック (0)


劇場版NARUTO

劇場版NARUTO 大活劇! 雪姫忍法帖だってばよ!!

 お姫さま役で当たりをとっている人気の映画女優が実は本当のお姫さまで、彼女を狙う悪党とナルトたちが対決するお話。キャラの使っている忍術からして本作の時期設定にはやや不明瞭なところもあるが、そのへんは「ドラゴンボール」の劇場版にならって異編の位置にあると割り切ろう。

 製作首脳陣は岡村天斎(監督)、田中比呂人(作監)、西村鉄也(キャラデザ)、荒牧伸志(メカデザイン)、作画スタッフは「スチームボーイ」の仕事を終えた後の人たちという豪勢な具合で、ビジュアル的な期待分はきっちり見返りがある勢いの良い活劇。一部の絵ヅラからプロダクションI.G.のテイストを嗅ぎ取る向きがあるかもしれないけど、個人的に西村氏のデザインは「忍空」の地平を広げたような感覚でした *1

 ストーリーについては「良くも悪くもジャンプアニメ映画」というに留めておきます。まあ、脚本の出来に神経を尖らせまくるコアな鑑賞者諸氏でなければそうそう許容範囲を下回りはしないと思いますけれど、たぶん(^^; 個人的には終盤のまとめ方 *2 が好みに合致したので、それだけを理由にしてでも評価は割に高かったり。

[追記]
 エンディングのスタッフロール後にエピローグがあるのでお気を付け下さい。


*1 : というか、今回はナルトの世界観と微妙な齟齬のある現実寄りの意匠が目立った
*2 : 物語終盤で雪姫が見るアレ
Posted by みやも at 22:05 | コメント(0) | トラックバック (3)


ファーレンハイト9/11

華氏911」 マイケル・ムーア監督
 「サウジのテロリストにヤられたのにいつの間にかイラクと戦争している *1 ブッシュと愉快な仲間達」の裏事情をチクチクと突っつく風刺映画。露骨に結論誘導的な編集 *2 が賛否を呼びやすかろうとは思いますが、ジャーナリズムってのは程度の差はあれ何がしかの前提的スタンスがあって加工される生成物ですし、ヘタに行儀よく"公平無私なドキュメンタリー"面されるより、このくらいはっきり個人レベルのエモーションで塗り固めてくれた方が分かりやすくて良いと思います。どういう種類の情念をアピールしたいのかを誤解せずに観られるという意味においては、非常に親切な作品なんじゃないでしょーか。
 ただ、もちろん、僕が日本で暮らしている日本人としてこの映画を観る以上、どういう風に"分かる"にせよ当事国のアメリカ人として観るときとは意味が違うというのはわきまえなくてはいけませんけどね。

[追記]
 本作の興行成功に続いて、今後は色々とドキュメンタリー映画が日本に流入してくるようですね。観てみたいのは「スーパーサイズ・ミー」あたりかな。
 このブームの余波で日本製ドキュメンタリー業界にも少しは陽が当たるかなぁ? と思いつつも、土壌が違うので難しいかと個人的にはやや悲観気味。土壌っていうのはつまり日本は「ゆきゆきて、神軍」を一般受けさせる事が出来る国なのかどうかという話ですが(^^;


*1 : そういえば我が国には「江戸の敵(かたき)を長崎で討つ」なんて言い回しがありますな
*2 : 政治を抜きにして純粋にテクニカルな視点で考えれば、よくできたコメディ編集の仕上がりだと褒めたい(^^;
Posted by みやも at 21:18 | コメント(0) | トラックバック (3)

2004年08月20日


なんでだ

yahoo.jpg
 きょう初めて気付いたんですけど、Yahoo!JAPANの検索で「ネタサイト」という語の1位になってました。   ??? ネタ、サイト……なのかなあ? 一部コンテンツはたしかにネタだけど。  ていうか俺の人生自体が半分ネタみたいなもんだけどね! HAHAHA!
Posted by みやも at 21:35 | コメント(0) | トラックバック (13)


月の裏で会いましょう

 シングルCD「Home Sweet Home」を聴くのこと。
 元JAM *1 YUKI女史が1年半ぶりにリリースした"産休"明けのニューシングル、だそうです。僕自身は音楽そのものについてさっぱり分からん坊やなんで、ジュディマリといわれても「『るろうに剣心』の初代OP *2 が……」というくらいの認識しかないのですが(^^; 今回は劇場版「NARUTO」のEDテーマソングとしてこの曲が書き下ろされたという線での聴取。
 何の気構えもなくぼーっとしてたもんだから「呼んで、呼んで」のくだりが思いがけずストレートに感情へ届いて大変センシティブな気分になっちゃいました *3 。素直に盛り上げてくるバラードって強いですねえ。
 


*1 : JUDY AND MARY
*2 : ジュディ・アンド・マリー「そばかす」 「アニメの歌だからキャンディキャンディをイメージして作った」という"暴挙"で一部アニメファンのひんしゅくを買った。といっても、タイアップ主題歌の抱える問題は90年代前半(『幽々白書』『スラムダンク』あたり)からの市場的現象の発露であり、個々のアーティストの姿勢に収束させないほうがいいと思う。……あ、そういえば「伊賀野カバ丸」の主題歌もタイアップ系だっけ?
*3 : たぶんコンディションが違ったら歌詞の内容に拘ってもっとナナメに聴いていたと思う(^^;
Posted by みやも at 19:31 | コメント(0) | トラックバック (0)


ローカルCM「オウミ住宅」

 ああ、公式サイトがあったとは知らなんだ。

オウミ住宅TVCM動画 ←おすすめはBタイプ。 [オウミ住宅株式会社] 

 滋賀県の住宅建設・販売会社であるオウミ住宅。
 近畿圏ならTVでこのCMをご覧になった方も多数おられると思います。
 軽快なテーマにのって黒沢年男が満面の笑顔で踊り狂うその映像たるや、一度見るとなかなか忘れがたいインパクトがあります。ここまでくると笑いの針が振り切っちゃって痛々しさすら覚えますが(^^;

[関連]
住宅系企業のCMリンク集

Posted by みやも at 18:12 | コメント(0) | トラックバック (0)


海を渡るマンガ喫茶

まんが喫茶 in NEW YORK [情報元:アニメ大好き!8/19付]
 日本ではネットカフェに先んじて定着した観のある漫画喫茶。
 はたしてN.Yで成功するかどうか。

Posted by みやも at 16:16 | コメント(0) | トラックバック (0)


レンタル覚え書き

 暇な時間をみつけてはビデオを観るばかりの単調な生活が続く。たまには変化をつけようと散歩がてらにお出かけするも、向かう先は駅近くのビデオ屋さん。ダメじゃん!

 本日は東映動画フォローの続きで、「西遊記」「少年ジャックと魔法使い」の2作品をピックアップ。本当はちゃんと時系列順に観ていった方がいいんだけど、先客があったりするから仕方ないやね。あと、黒澤作品のDVDがようやく旧作落ちしたのを見かけて「天国と地獄」を借りた。

 さらに通常のレンタル観賞に同時並行して、劇ドラと「らんま1/2」の仕込みも続ける。
 「のび太の海底鬼岩城」「魔界大冒険」「小宇宙戦争」「鉄人兵団」「竜の騎士」「日本誕生」、および「らんま1/2」TV完全収録版の第3〜5巻 *1 まで。
 ドラえもんはここで一端ストップ *2 、今後はらんまに集中する。というか、積みビデオの消化が追いつかなくなってるんでしばらく自制しないといけない。


*1 : DVD第5巻で無印18話が終了、熱闘編へ移行する
*2 : 「アニマル惑星」〜「ねじまき都市」の後期タイトルは観ている自分の方で熱が入らないので止めておくことにした。藤子センセ没後のタイトルは論外。また、映画オリジナルの「パラレル西遊記」は良作だと思うが、ちょっと違和感があるんで今回はパス
Posted by みやも at 15:37 | コメント(0) | トラックバック (0)

2004年08月19日


映画ドラえもん、原作との相違

 今回は初期のタイトル(「大魔境」まで)をチェックしてみたんだけど、基本的にアニメ化には「省けるところは省く」姿勢が見られます。 そこには原作のぜい肉を落とす巧みな省略もあれば、原作でアピールの強かったキャラを犠牲にして表層にとどめる残念なオミットもあって、一口に良し悪しは定めきれません。
 とりあえず目に付いた所を具体的に挙げておくと、

「のび太の恐竜」・・・
▼「なのら」口調が一カ所だけ混じっている(笑) *1
▼主にメンバーの口論や確執の深刻さを減じる方針が見受けられる。おかげで空気が重くならなかった反面、ジャイアンの男気が輝く名場面「俺……歩いてもいいぜ」が丸ごとカット。
▼夏休みのちょっとしたサバイバル感覚がキモである大長編で、食料集めのくだりが削られているのは痛いと個人的に思う。

「のび太の宇宙開拓史」・・・
▼チャミーの感情の起伏が原作よりも大きい。序盤ではチャミー→のび太の好意が強調されている。
▼ブブ少年のルサンチマンが大幅に省略。
▼原作では冷徹なプロフェッショナリズムで魅せたギラーミンが平凡な悪役にスケールダウン。何て事を!
▼ギラーミンを倒す人間がのび太ではなくロップルに変更 *2
▼最後の危機の回避が、偶然ではなくロップルの機転による必然的解決に変更されている。……なんかロップルが優遇されてるなあ。正しいと言えば正しいけど。

「のび太の大魔境」・・・
▼ギャグの毛色が違う。原作における「真顔ボケ」の間 *3 を再現せず、直球のドタバタコメディで攻めてくる。子供には馴染みやすいか?
▼出来杉くんの「良識的な否定」機能が省略。ストーリーを前進させるためにのみ登場する。
▼どこでもドアが使用不能になる経緯が、原作よりも自然な流れに組み込まれている。これは巧い。
▼サベール隊長のデザインやキャラ立てのクールさが減衰している。ギラーミンといい、こんなんばっかりか。
▼クライマックスの戦闘でのび太とクンタック王子の行動がやや変えられている。
▼原作にはない巨神像の操縦(?)シーンが見られる。


*1 : 物語序盤、のび太がタイムふろしきで化石を包んでいるのを背後で見守るドラが「それでいいのら」と言う。ちなみに「なのら口調」は漫画の初期(現在は修正済)とシンエイ動画製作のアニメ初期に見られるレア発言。
*2 : これは非常に残念。そこまでの過程でのび太のガンマンぶりを演出した意味が殺されてしまっている
*3 : 「……いこうぜ」のコマとか
Posted by みやも at 05:54 | コメント(7) | トラックバック (0)

2004年08月18日


「マッハ!」のCG使用について

 もうクドクドいうのも野暮な気がするんだけど、「マッハ!」のレビューをしているサイトを回ってると
 
 ・地下闘技場で舞い散るコイン
 ・ボスの喉から出る煙草の煙
 ・クライマックスで目に炎

にCG処理が施されている点をあげつらって「CG使ってるぞ」とツッコむ人が一部にいたので驚きました。公式サイトで最初にデカデカと「アクション純度100%宣言」と範囲限定してるやん。
 「CGを使いません」は"トニー・ジャーによる人的な運動シークエンスをエフェクトで粉飾しない"という趣旨の下にあるサブセットであって、映画演出としてCGを使いませんとははじめから誰も言ってないと思います。

 僕自身もよく、映画を観ていてツッコみ所(と思いこんだ箇所)を見つけると視野狭窄に陥ってその一点だけに固執し、前後の文脈判断を怠ることがあるので気をつけないとなー、と思わされる例でした。

Posted by みやも at 13:33 | コメント(4) | トラックバック (2)

2004年08月17日


ドラとか乱馬とか

 不意にまとまった量のあるアニメシリーズを系統的に追いかけたくなって、その筋のお店へ急行。ざーっと棚を見て目に付いた劇場版ドラえもんと「らんま1/2」(TVシリーズ完全収録版)に手を伸ばした。

ranma01.jpg
 本日の仕入れ分は映画ドラえもん「のび太の恐竜」「のび太の宇宙開拓史」「のび太の大魔境」、および「らんま1/2」TV完全収録版1巻〜2巻。さすがに一気買いは出来ないのでちまちまと進めていこう。

ranma01.jpg
 ドラえもんは何度も観尽くしてるんで、ざーっと流してDVDの品質をチェックしていく程度に。
 一方「らんま1/2」はリアルタイムの放映でしか触れてなかった事もあり、熱闘編に移ってからは思ったより未見のエピソードが多かった *1 ことに気付く。 これを機会に本腰入れてコンプリートするつもりです。
 


*1 : TV版だけで全161話あるんだもんなあ……(^^;
Posted by みやも at 23:06 | コメント(0) | トラックバック (0)

2004年08月16日


至言

私は映画の探偵でもなく映画の裁判官でもない。いつでも好きな映画だけを取り上げている。それでは批評家とは いえまいと叱(しか)られるであろうが、私は映画が死ぬほどかわいいので、わざわざ嫌いな映画を“愚作”とお伝えする暇を持たぬ。

淀川長治
映画『スモーク』評 (産経新聞1995年9月26日夕刊掲載)

 映画やアニメの感想文をしたためていると、とかくネット上では発言の枷(かせ)が実生活よりも軽い場合が多いため、ついつい口の滑りが過ぎる傾向にあるようです。
 特にぼくは考え無しにモノの好き嫌いを書き散らしてしまいがちなので、ふと折があるごとに上記の淀川センセイの言葉で己を戒めることにしています。
 
 少なくとも自前のサイトに限っては完全に趣味道楽の範疇でやっているわけですから、嫌いなモノをあれやこれやとあげつらうために労を費やして体力を分散させるよりは、なるべくモチベーションの高い"好きなモノ"に集中してことばの実りを多くした方が、長い目で見ると自分にとって益があるような気がします。
 
 いや、もちろん、それとは反対に負のモチベーションを燃料にして徹底的に嫌いなモノのコキオロシを極める道もありましょうが、どうにも甘さの抜けない僕にはそちらのスタイルは向かないようなので、やはり愛着のあるモノをクソガキの悪戯のようにいじくり回して遊ぶ方向で楽しみたい今日この頃なのであります。

Posted by みやも at 20:29 | コメント(0) | トラックバック (0)


劇場版ガッシュを観てきた

劇場版 金色のガッシュベル!! 101番目の魔物

 ここしばらく「白蛇伝」以降の東映動画モノをチェックしてた流れで、"東映アニメの今"を対照しておこうかと劇場に足を運びました。

 本作の時間軸は現在TVでやっている千年魔物編の直後あたりで、ストーリーは完全に外伝。選考漏れした「101人目」がガッシュを陥れようとするお話です。 100人魔物の選定システムや魔界のビジュアルなど、まだ原作ですら言及されてない根本的なところを真正面から明示しているのが驚きました。

 惜しむらくは上映時間85分で展開するにはちとシチュエーションの馬力が足りなかったところでしょうか。後半は「凄い勢いで単調」な進行になってます(^^; 同じ話でも尺を45〜60分に切り詰めて密度を上げたらダレがなかったんじゃないかと。けっきょく黒騎士は何だったんだ。

 一方で、動画のクオリティはさすがに劇場版水準。 最近は観る方の感覚が麻痺してすっかり敷居が低くなっていたけど、やっぱりTV本編の現状はマズいと再認識させられます(^^;
 あと、場面によって担当スタッフのクセが露骨に出ていて面白いですね。

 いちおうアニメはTVの次シーズン続投が決定済みだそうで、劇場版も第2弾が製作される可能性は濃厚。本作を見た限り興行的な見込みは微妙ですが。
金色で電気を放つ大谷ボイスなキャラといえば、お子様には相変わらずピカチュウなのだろうなあ。

[追記]
 恵たんのミニスカが目に毒でした。エロいよ。

Posted by みやも at 02:15 | コメント(0) | トラックバック (0)

2004年08月14日


フジで「スターシップ・トゥルーパーズ」放映

 フジテレビで『スターシップ・トゥルーパーズ』をやっていたのでついつい観てしまう。

 本作はハインライン先生の『宇宙の戦士』をある意味よりにもよってポール・バーホーベン監督が映画化したボンクラ魂あふれるタイトルで、原作の右翼性(というか愛国思想)を逆手にとって「バカ軍隊によるバカ戦争」を戯画的に描きまくった傑作バカ映画です。劇中のニュース映像のわざとらしいチープさや鬼隊長にマイケル・アイアンサイドを配するという鉄壁のキャスティング等々から瞭然としてますが、これはもう完全に故意犯。ドラマの薄さに対する血みどろ虐殺シーンのノリの良さを見よ!
 たぶん真面目なヒトがこの映画を観たら「なんかの冗談か?」とツッコむだろうと思いますが、そう、これはおよそ8割がた悪い冗談で作られたヒネクレ作品なのです。お約束のツボを外さない戦場シチュエーションの中で主人公が格好良く成長すればするほど白々しさが積み上がっていくこの皮肉な絵ヅラ。たまらなく笑えます。

 という次第で、中東へ米軍が出張ってキナ臭くなっているご時世、しかも『華氏911』日本公開が1週間前に迫っているというタイミングで『スターシップ・トゥルーパーズ』を放映するフジテレビの度胸には感心してしまったのでした。ていうか『華氏911』の宣伝もやってるし。うひゃ。

Posted by みやも at 22:10 | コメント(2) | トラックバック (0)

2004年08月13日


Back to the 80's

 DVD漬けの日はなおも続く。
 借りては返しの循環レンタルはひとまず中断して、昨日からは手元に買い込んで積んでいたタイトルの消化にいそしむ事にした。まずは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』三部作の封を開けるのこと。

 ユニバーサル・スタジオの看板タイトルである本シリーズについてはただ「面白い」の一語に尽きるのみで、いまさら具体的内容に関してくどくど語ることもない。
 何はともかく映画でSF/コメディというのは本来すり合わせの難しいジャンルのはずだが、そこでこれだけ作品的成功に商業的成功を両立させたところに今なお驚かされる。たぶん、この奇跡的な成功は70年代にはどうやっても生じ得なかっただろうし、90年代を大きく越えたところでも成立しなかったものだろう。あれは80年代の愛すべき軽薄さが凝縮され、それがここぞと一気に燃焼したから生まれた"必然的な奇跡"のようなモノだった。映画に限らずどんな媒体でも、その時代の歯車にがっちりとハマりきった「この時だからこそ生まれ得た」ように思えるタイトルが満を持して飛び出してくるものではなかろうか。

 個人的なところをいうならば、このBTTFシリーズ──とくにPart.2 、Part.3は僕にとって一種特別のタイトルになっている。これまでの人生で一番センシティブだった少年時代上半期にリアルタイムで劇場観賞した「直撃」モノだからだ。なにかの折にこのシリーズを観賞し直すたびに、僕は自分が娯楽映画に相対するために必要な初心に立ち返る。マーティ・マクフライの時を駆ける冒険は、15年の昔、休日に父母に連れて行ってもらった映画館で、埃っぽい空気も気にせず固い座席に腰を下ろし、空っぽになったオレンジジュースの紙コップを傾けて中に残った氷をガリガリとかじりなら、目だけはスクリーンに釘付けになって1秒24コマの幻像に魅了されていたクソガキがまだ僕の胸の内で死んではいないことをいつも思い出させてくれる。BTTFはそれ自体が僕のタイムマシーン、80年代へ戻るためのデロリアンなのだ。 
 

Posted by みやも at 13:28 | コメント(0) | トラックバック (0)

2004年08月12日


何故か唐突にSleipnirに乗り換える

 ある朝ふいに学校をサボることを思いついたフェリス少年のような唐突さで、昨日ぼくはタブブラウザを別のモノへ乗り換えることにしました。愛用していたDnutPにべつだん不満があったわけじゃないけれど、ただちょっとした気分転換がしたかったのです。
 乗り換え先はSleipnir
 タブブラウザ推奨委員会で+A評価、ベクターの週ランでも定番上位の人気筋だったので深く考えず機能よりも印象優先で導入。嗚呼、ミーハー……。

Posted by みやも at 07:27 | コメント(0) | トラックバック (1)

2004年08月10日


「リディック」感想

riddick.jpg2004、アメリカ 118分 カラー
監督・脚本 デヴィッド・トゥーヒー
製作 ヴィン・ディーゼル、スコット・クルーフ
撮影 ヒュー・ジョンソン
キャラクター ジム・ウィート、ケン・ウィート
出演 ヴィン・ディーゼル
    カール・アーバン
    コルム・フィオール
    アレクサ・ダヴァロス
    ジュディ・デンチ
公式サイト

 「ピッチブラック」('00)に登場した凶悪な賞金首リディックを主役に据えたスピンオフ作品。というか事実上の続編。
 エイリアン的な"対モンスターSF"だった前作からすっかり世界観を模様替えして、宇宙侵略を行う邪悪な軍勢と戦うダーティ・ヒーローの活躍が描かれる一大叙事詩(の、ほんのとっかかり)を描いたスペースオペラになっています。単なるアクション馬鹿映画かと思いきや、ネクロモンガー勢の権力内情を描くくだりでは何だか古典戯曲のような趣を見せたりして、変なところで芝居意識が働いていたのが面白かったです。
 SF映画の範疇で参考となるのは監督が引き合いに出している「スターウォーズ」よりはむしろ「デューン/砂の惑星」あたりでしょう。
 
 設定は一応「ピッチブラック」の時間軸を直接受けた後日談になっていて、前作の生存者たちもきちんとストーリーに絡んでくるのですが、そのあたりの処理は……うーん……微妙だなぁ。スタッフの意図を「前作に仁義を果たしている」と見るか「前作のしがらみにとっととケリをつけてスペースオペラの次元へ移行しようとしている」と見るかで評価も変わってくると思います(^^;

 さて、肝心のアクション面はというと、邦画では「五条霊戦記/GOJOE」がちょうど同じ失敗をしていたんですが、人間の肉体の表現力を信じきれずカメラ技巧、エフェクト技巧に走りすぎて画面を不必要に乱してしまったきらいがあります。
 「あと一歩だけロングに引いて撮ればいいのに」「あとワンテンポだけフレームを素で固定してくれればいいのに」というところで悉くカメラを揺らすわカットをズバズバこま切れにするわ目まぐるしいエフェクトを重ねるわ、せっかくヴィン・ディーゼルという肉体が売りの俳優を持ち出しといてその味をわざわざ殺すような方向ばかり突き詰めていたのが何とも残念。
 純粋に面白かったのは"レンザー"の悪趣味な意匠とロード・マーシャルの残像モーションくらいかな。あのオッチャンの流体的な高速移動は観ていてなかなか鮮烈な感覚がありました *1
 
 なお、監督は三部作を構想しているそうですが、今回の出来からして次回以降はビデオスルーに落ちちゃうかもしれません。

*1 : まるで「ザ・フラッシュ」のようで笑えます
Posted by みやも at 17:33 | コメント(2) | トラックバック (0)


最近お気に入りに追加したサイト

gyudon.info -牛丼情報専門ウェブログ
 牛丼ファンには冬の時期である今だからこそあえて注目したい牛丼系サイト。
 吉野家、松屋、すき家、なか卯とメジャーどころを網羅してあってお役立ちです。

スター・ウォーズの鉄人
 先日、某氏からメールで教えて頂いたサイト。S.W.サーガの解説をしています。
 映画だけでなく小説その他の媒体まで広い範囲で"公式"の設定を踏まえた多彩なトピックがそろっており、飽きさせません。
 なお、個人的にひっくり返ったのはキャラクターガイドのボバ・フェットの項。あの後アンタ生きとったんかい!

najimi's roof-top
 イラストレーターで漫画も描いておられる馴染しん氏の個人サイト。
 涼しげなパステル調のカラーリングと強弱の具合が小気味よい独特の線が好き。

ことばをめぐるひとりごと(Yeemar's HomePage)
 日本語についての四方山話を掲載しているサイト。いわゆる"本職"の方なのできちんと学術的な見識に裏打ちされた内容になっています。
 一般に、誤用がらみの論争などで顕著なように、文系サイトというのはえてして「己の鋭さを前面に出す」タイプが多い印象もありますが、このサイトでは非常に冷静かつ穏和な文章で読む者にやさしい *1 "大人らしい"アプローチを取っており、そこに僕は畏敬の念を抱いて止みません。

*1 : 優しい/易しい
Posted by みやも at 08:53 | コメント(0) | トラックバック (0)

2004年08月09日


心が折れた日曜日

[8月8日 記ス]
 
 映画館へ『リディック』を観に行こうと着替えをしていたら、TVで例によって例のごとく"作品をご覧になったお客さまの声"CM *1 が流れてて一気にモチベーションDOWN。もうやめませんか、あれ。
 気が削がれたのでお出かけは急遽中止、あとは家にこもってひたすらDVDを観てました。『空飛ぶゆうれい船』とか。ゴックリ、ゴックリコンとボアジュース! うわぁぁ。


*1 : 劇場のロビーで(主に二人連れの)観客に「感動しました!」「最高!」系の条件反射的なワードを次々と口走らせるアレ。いつ何のタイトルで始まったかは覚えていませんが、いまでは考えうる限り最大にまで陳腐化したやり口になっている。まあ、単に僕個人の趣味としてああいうわざとらしいものが嫌いだというだけなんですが
Posted by みやも at 08:39 | コメント(0) | トラックバック (0)

2004年08月07日


リージョンがアレなDVDプレーヤーが届いたので北米版「あずまんが大王」を観賞してみるのこと

 というわけで、昨日購入したプレーヤーが到着しました。おかげでこれからは海外DVDもチェック範囲に入れることが出来ます。

 今回手に入れたモノはビクターのXV-P303。 スペック・操作性よりもとにかく価格帯重視のチョイスです *1
 さすがに初心者が初号機からいきなり10万円台の品に手を出す気にもなれなかったんで、まあこんなところかと(^^;
 
advaz1.jpg 併せて買ったソフトはADVから出ている北米版DVD「あずまんが大王」#1〜3 *2
 今も海外での評判が上々なこのタイトルですが、日本語のことば遊びが多いんでさぞ翻訳が困難だろうと思っていたら上手いことこなしておりました。あー、大阪はテキサス訛りなのか(笑) *3
 また、文化的な内容(ボケ・ツッコミという概念とか)などは説明の記載された小冊子が添付されていたり、.本編中でも注釈字幕が随時挿入されたりと丁寧にフォローが施されています。なかなかの気配りで感心。

 声優さんの印象も、(演技力がどうなのか僕には分からないですが)かなり元に近いボイスイメージでキャスティングされています。特に違和感なく聞けるのがちよちゃん役のジェシカ・ブーン(Jessica Boone)さん。ああ、金田ボイスだ!(笑)

[関連]
ADV films社の「Azumanga Daioh」公式サイト


*1 : お値段は3万円をちょっと切るくらいでした
*2 : 第1〜13話
*3 : ちなみに"大阪でもそんなん言わへん"の「よろしゅーたのみまんがな」は「Dam pleased ta meecha」だった
Posted by みやも at 20:46 | コメント(0) | トラックバック (0)


「HELL」がマトモで驚いた

 前半の"オドオドと弱気なヴァン・ダム"の姿はなかなかの見もの。

hell.jpg
HELL
2003年、アメリカ 97分 カラー
監督 リンゴ・ラム
主演 ジャン=クロード・ヴァン・ダム
配給 アートポート

 妻を犯し殺した強盗に復讐したため不条理にも刑務所へ送られた主人公カイル。彼が見たのは悪徳にまみれた所長によって囚人同士を戦わせる死の賭け試合「スパルカ」が行われる"地獄"だった。過酷な状況を生き抜くために肉体を鍛え上げ所内で最強のファイターとなるカイルだったが、ある囚人の言葉で我に返り、自由を求めて体制に反抗を試みる……というお話。

 B級アクション映画監督リンゴ・ラムがB級アクション俳優ヴァン・ダムと手を組んだB級刑務所映画で、ヴァン・ダム版「ロック・アップ」もしくはアクション付きのボンクラ「ショーシャンクの空に」みたいな趣の作品です。

 ラム監督はフィルモグラフィーをチェックすると近年ヴァン・ダムと縁のあるヒトなのが目に付きますが、刑務所モノという素材についても香港映画界で活動していた時期 *1 にチョウ・ユンファ主演で「プリズン・オン・ファイアー」なる作品を撮った前歴があるため、本作も非常に手に馴染んだコントロールの良い作品に仕上がっています。
 というか、主人公(ヴァン・ダム)のヒーロー性を抑え込んでまで *2 クソ真面目に塀の中ムービーのお約束を網羅し尽くしたジャンルアピール *3 は予想以上に芯の透った歯ごたえで驚かされました。新鮮さも生産性もゼロだけど、こうやって「"ありがち"を極める面白さ」というのもアリだと思います。あまり知られぬままビデオ屋の一隅にDVDが置かれているだけのタイトルながらも、これがヴァン・ダムの財産になるのは間違いないんじゃないでしょーか。
 ただ、やはり基本は「ユニバーサル・ソルジャー」とか「タイム・コップ」の地平に軸を向けてほしいなぁ(^^;


*1 : そういえば「最初は弱くてボコボコにされていた主人公が修行して強くなる」という『HELL』の筋は香港的なフォーマットだよなあ
*2 : この作品で主人公が肉体の鍛錬を始める動機には、過酷な状況で思考停止するための逃避的な方策としての側面が濃く色づけられている
*3 : 痛めつけられる主人公、冷酷な所長、看守の収賄、囚人の派閥抗争、ホモセクシュアル、調達屋、懲罰房、賭け喧嘩の伝統などなど「刑務所モノ」で思い浮かぶ要素がてんこ盛り
Posted by みやも at 11:35 | コメント(0) | トラックバック (0)


海賊王と魔界の王様

 「王様になる」と吹く主人公がいる。
 相対した者が「お前は王様になれない、あきらめろ」と言うのが『ワンピース』。
 相対した者が「お前が王様になれなくとも、私はなる」と言うのが『金色のガッシュ』。
 
 "王様"の意味するところや戦いのシステムが違うんで、比べてどちらが良いも悪いもないけれど、個人的な好みで言えば戦闘の勝ち負けと信念の是非を区別できる *1 点で後者の方が肌に合うかな。「その気があれば全ての者がそれぞれの王になれる」って世界観、こういう夢のある甘さは嫌いじゃないです。というか好き。
 


*1 : 基本として、「ワンピース」はより正しい(=強い)信念のある者が戦いにも勝つ「結果の世界」だが、「ガッシュ」は勝っても負けても戦闘中に個々人の内部でいかに信念が形成されたかが問われる「プロセスの世界」。だから戦いに負けてもそれまでに自分にとっての王様のあるべき姿を確認できた者は満足してリタイアできる
Posted by みやも at 02:57 | コメント(0) | トラックバック (0)

2004年08月06日


散財日

 まとまったお金が入ってきたので、いそいそと日本橋を訪れて関西経済の活性化に貢献。今日は思いきって前々から溜め込んでいたお買い物リストを大量消化することにした。

 とりあえず優先度の高いモノから片づけていこうと、最初は南海・難波駅ビル近くの輸入DVDショップSALE(セール)に突入。リージョンフリーDVDプレーヤー *1 と北米版「あずまんが大王」DVD#1〜3を買った。アシが電車なんでさすがにプレーヤーを持ち帰るのも面倒と思い、配送を依頼。明日の夜に我が家へ到着する予定。楽しみだ。
 お次は某書店にてマリみてのプレミアムブック *2 と共に新刊のチェック。「ワンピース」(34)「金色のガッシュ」(17)「エアマスター」(22)とボンクラ少年精神丸出しのラインナップに手を付ける。
 さて、この段階でお買い物リストは最優先の項目に「バック・トゥ・ザ・フューチャー」三部作BOXを残すのみだったのだが、これがなかなか見つからず難儀する羽目に陥った。でんでんタウンを文字通り端から端まで練り歩いてビデオショップを訊ねるがどうしても手に入れること叶わず、けっきょく多少の悔やみを抱きつつBOXは断念。バラ売りでシリーズを網羅することにした。まあ、ちょうどお馴染みの「一つ買ったら一つタダ」のキャンペーンタイトルにBTTF *3 が含まれてたから、実質2枚分の料金で4タイトル買えたんで良かったと言えば良かったかも。なお、4枚目は「狼男アメリカン」を選択した *4
 あとはぶらぶらとキタやミナミを練り歩いてちょこまかと衝動買い。バックアップ用メディアを補充し、"ロボコップの中の人"ことピーター・ウェラー主演映画「バカルー・バンザイの8次元ギャラクシー」まさかの日本版DVDを見かけて飛びつき、S・キングの「ザ・スタンド」を何故か最新の文庫版をスルーしてわざわざ文藝春秋のハードカバー版を探して買ったりと、ほんとに衝動の赴くままだった。それにしても「ザ・スタンド」は重いなあ *5 .。家へ帰り着く頃にはすっかり手が疲れてしまったよ。


*1 : お値段は3万円をちょっと切るくらい。この手のモノとしては下から数えられるクラスだけど、ちゃんとPAL →NTSC変換の機能付きなんで「とりあえず観たい」だけのワタクシには手頃な品でした
*2 : アニメ第1期(〜13話)の場面集を軸にした、簡単なビジュアル資料。むしろオマケの外伝小説が一番の売りか
*3 : Back To The Future
*4 : 「スパルタカス」と天秤にかけて悩んだんだけど、勉強意欲より趣味が勝っちゃった(^^;
*5 : キング作品では最大規模のボリュームがある超大作。辞書みたいな分厚い本で上下巻。これで殴ったらヒトが死にそう
Posted by みやも at 19:49 | コメント(0) | トラックバック (0)


ケータイ発見

昨日紛失してアタフタしておりましたケータイは、行きつけの病院で落っことしていた事が判明。本日回収いたしました。
結局なにごともなかったわけでうが、まあとりあえずこれを何かの機会と考え、そろそろ機種変更しようと思います。
番号はそのままでいいから気楽。

Posted by みやも at 18:45 | コメント(0) | トラックバック (0)


アメリカ、それは「ラーゼフォン」の声優が軍を慰問する国

米国版「ラーゼフォン」の声優がフォートフッド陸軍基地を慰問 [ULTIMO SPALPEEN]

 先日のトピックにも一脈通じる話題です。考えてみたら軍隊の末端ってのは若年層が多いんだし、今の市場の状況を考えればアニメファンの兵隊さんが一定数いたっておかしくないわけで。
 そういえば日本ではこんなユニットがニュースになってましたな。各お嬢さんのネーミングの安直さがステキ。

Posted by みやも at 00:15 | コメント(0) | トラックバック (0)

2004年08月05日


ケータイを紛失

ぎゃーす!
4年間もお世話になってた愛すべきオンボロだったんだがなあ。
もういい加減に替えなさいという天の思し召しか。

つうわけでケータイ番号も変更せんと。とほほ。

[関連]
ケータイをなくしたんですが、どうすればいいですか?
 まいたんはドジだなぁ。
 ところでドジというと聞こえが悪いですが、トジっ娘というと突然プリティーな響きになる日本語の不思議。

Posted by みやも at 22:56 | コメント(0) | トラックバック (0)


気に入ったモノローグ、ダイアローグのメモ

 ここ1ヶ月ほどの間に観賞したタイトルからピックアップ。
 いくつかは名言コーナーに収録するつもり。
 

簡単なとこがミソだ
複雑にしすぎるとドジる
ベトナムで学んだ教訓だ

  映画『ビッグ・リボウスキ』ジョエル・コーエン監督、1998

「そこが人間の愚かなところさ。物の美しさより価値に関心を持つ」
「”価値”って何だい?」
「人間の持つ概念だよ」
「”概念”って何?」
「たぶん人間の頭をおかしくする何かさ」

  アニメ映画『時の支配者』ルネ・ラルー監督(フランス、1982)

さあピエール、出かけよう
こんなちっぽけなところにいる事もないじゃありませんか

  アニメ映画『長靴をはいた猫』(東映動画、1969)

一人と一匹 一匹と一人
離れられない友だちさ

  アニメ映画『長靴をはいた猫』(東映動画、1969)

そうです、これは不思議な物語です
しかし、それでいて優しい物語なのです

  アニメ映画『白蛇伝』(東映動画、1958年)

市場でぼくは蛇を買ったの
「見世物になっていて、つらかったろう?」
「ええ、すこし」
ぼくらはさっそく仲良しになったのさ
ずっと昔の遠いあのころ

  アニメ映画『白蛇伝』(東映動画、1958年)

「大人は可愛いものが憎いんだ」
「あなたは大人にならないでね」

  アニメ映画『白蛇伝』(東映動画、1958年)

「すぎさってしまったことをあれこれとかんがえるのは、まだおきていないことについて心配するのとおなじくらい意味のないことだともいう」
  SFCゲーム『オリビアのミステリー』

「いけないことをしているって思ったほうが、きっと気持ちいいのよ、こういうコトは」
  一本橋麻美
  PCゲーム『こころちゃんの☆秘密診療ファイル』

私は映画の探偵でもなく映画の裁判官でもない。いつでも好きな映画だけを取り上げている。それでは批評家とはいえまいと叱(しか)られるであろうが、私は映画が死ぬほどかわいいので、わざわざ嫌いな映画を“愚作”とお伝えする暇を持たぬ。
  淀川長治
  映画『スモーク』評 (産経新聞一九九五年九月二十六日夕刊掲載)

人間と魚は平和的に共存できる。
I know the human being and fish can coexist peacefully.

  ジョージ・W・ブッシュ アメリカ合衆国第43代大統領
  2000年9月29日ミシガン州サギノーにて発言

oisinbo71b.jpg
じゃ、こうしましょう。
用意した料理が、美味しければ許す。
まずかったら死刑。

   漫画『美味しんぼ』第71巻「鮭とマタニティドレス」 *1


*1 : このエピソードは台詞もさることながら、なかなか絵的にインパクトがあって面白かった。コレとか。
Posted by みやも at 21:05 | コメント(0) | トラックバック (0)


時の支配者

時の支配者」 ルネ・ラルー監督 フランス 1980年
 
 怪物蜂の巣くう無人の惑星で両親を失い、独り取り残されたピエール坊や。彼の父親が死の間際に発したSOSを聞きつけた宇宙船の船長ジャハールは救出に向かおうとするが、行く手には様々な障害が待ち受けていた。孤独なピエールとジャハールの船をつなぐたった一本の糸は、坊やの手にある無線マイクだけ。しかしやがてピエールからの応答が途絶えて……というお話。

 『ファンタスティック・プラネット』に続いてステファン・ウルの原作をルネ・ラルー監督が映像化した、おフランスの有名SFアニメ。原画はBD *1 の巨匠メビウスが筆を振るっています。
 いやあ、日ごろあまり外国産のアニメに馴染んでないもんだから、イマジネーションの文化相違に酔っぱらってしまいました。とくにインパクトがあるのは全体主義を象徴するような"思想の怪物たち"。あの不気味さ、怪しさがたまりません。全身真っ白の滑らかなボディにつるんとしたノッペラボウな顔、背中にひるがえる大きな翼……あの味のあるフォルムは日本人にはなかなか思いつかないよな〜。……いやいや、待て待て、アレのそっくりさんならペンタゴンがおったがな。ひぃっ、ゆでたまご恐るべし!

 説話的には80年代の限界を考慮してもなお強引さの拭えないオチ *2 だったものの、観ている最中は脳みそ空っぽにしてビジュアルに浸って、考えることといったらせいぜい「妖精二人組がとてもプリティー」とか「マトン王子、燃え!(色んな意味で)」とかそんなんばっかりだったんで、根本的な無理矢理加減は気にならず素直に楽しむことができました。
 それにしてもこの話、日本だったら(故)藤子先生あたりがもっと巧く処理しそうなアイディアだなぁ。

[追記]
 個人的に、無線で子供との交信を試みるシチュには弱いです。『復活の日』で渡瀬恒彦が見せた迷演技がトラウマになってるもんで。
 


*1 : ベーデー、もしくはバン・デシネ。ベルギー、フランスを主とする地域の漫画。
*2 : というかタイトルにかかる部分が終盤ギリギリになってようやく出てくるのが何ともはや……
Posted by みやも at 07:30 | コメント(2) | トラックバック (0)


共有時代

 連続展開する物語作品において、いまほど「誰も予想が出来ない意外な展開」を生み出すのが難しい時代もないのではないでしょうか *1

 スター・ウォーズのような長大なスパンを要するシリーズ映画は言うに及ばず、たとえ週一回のTVドラマやアニメ・漫画ですら、ネット上で多数の鑑賞者たちが"先読み"のために思いつきを吟味しあう余裕が回と回の間の7日間、すなわち168時間もあるわけで、そのあいだにありとあらゆる展開が予想し尽くされるため、「数撃ちゃ当たる」式にネタが割れてしまうことになります。
 かつてジャンプの某作家 *2 が「誰も知らない作品を参照すればみんなはオリジナルだと思ってくれる」という意味の記述を残していましたが、いまや鑑賞者が個々人の知識を持ち寄って相互にフォローしあう全分野的なデータベースを構築できる「場」を手に入れた以上、もうよほど廃れ果てたマニアックな原典を持ってこない限り、その某作家が言うようなタカをくくることはできません。現在では、情報インフラの普及によって「誰か一人でも知っているネタは大多数が知っているのと同じ事」になっているのです。
 トリッキーなオチ話を志向する作り手の方としては非常にやりにくいご時世だろうとは思いますが、観賞サイドのチェックの厳しさをそれでも更に乗り越えられるような作品が出来たなら、それだけでも大した仕事になると思うので、ぜひ気張ってもらいたいところです。
 
追記:
でも藤田和日郎センセは「からくりサーカス」が終わったら路線変更しないと自滅してしまいそうで心配(^^;


*1 : このエントリはごく表層的な世間話なので、プロップやらロダーリやらの物語構造論を持ってきて「そんなのは今に限らず当たり前やろ」とツッコむのはご勘弁(^^;
*2 : 幽霊になった不良の青春話がいつの間にかオカルトアクション話にシフトしてしまった漫画を描いて出世した作者。頻繁な休載と荒れ果てた白い原稿で有名
Posted by みやも at 00:46 | コメント(0) | トラックバック (0)

2004年08月04日


長靴をはいた猫

 「長靴をはいた猫
nsgsgutu6.jpg製作  大川博
脚本 井上ひさし  山元譲久
音楽 宇野誠一郎
原作 シャルル・ペロー
東映動画、1969年 カラー

nagagutu02.jpg[作品紹介と感想]
 東映動画の有名古典アニメ。現在では東映アニメーションのロゴとしてお馴染みのシンボルキャラクター、長靴猫のペロが実質的な主人公 *1 となって活躍する作品です。個人的には「古典としての歴史的価値と作品内容の価値はちゃんと区別しなければいけない」という例のひとつとして捉えています。

 本作が抱える一番の問題は、劇中で最も人間味があるのが悪役の魔王だという点に尽きるでしょう。 煮え切らぬまま状況に流されっぱなしのピエール、弱者への脅迫まがいの手段を用いてまでペテンを続けるペロ、緊急避難的な選択でピエールにすがるお姫さま……そんな「善玉」連中に対し、ひたすら己の想いに誠実な魔王の愚劣なまでの純情は、嗚呼なんといじましい事か!
 例えこれが原作通りの筋立てであるにしても、印象づけ・動機づけのレベルでそういう踏み外しがあるために、お姫さまが魔王をああまで頭ごなしに拒絶する姿には最後まで釈然としない気分が残ります。……顔か? 決め手は顔なのか?(^^;
 
nagagutu03.jpg 「実力があっても金があっても醜男は醜男。要領よく立ち回る逆玉狙いの美男には叶わない」というこの物語では、魔王(醜い者)は魔王(醜い者)である *2 .という理由で嫌悪され駆逐されてしまう宿命にあり、そこには現実にも通じる冷徹非情な世界の原理が容赦なく機能しています。いま考えると極めて残酷なお話ですよねえ。
 こんなもん子供に見せてホンマにええんかいな。

[追記]
 本作の後半を観ていると、『猫の恩返し』がいかに"先祖返り"を目指したかが改めて分かります。というかクライマックスで空中落下して鳥にカバーされるシークエンスなんかはそのまんまですな。


*1 : このアニメの主役はピエールではなくペロ。あくまでも「主人公である猫が若者を助けてやる」お話である
*2 : 原作において、魔王(オーガ;鬼)の「醜さ」とはキリスト教本位の視点からみた異教徒、異民族の「醜さ」の象徴である。アニメの方は宗教色を抜いて日本人向けに加工してあるので、魔王はただ直接的に醜い者となっている
Posted by みやも at 04:20 | コメント(3) | トラックバック (0)

2004年08月03日


何て切実な訴えだ

海外駐留するアメリカ兵のためのアニメ [Moonlight Fantasia]

私は海外駐留している一握りの兵士と知り合いです。彼らはアニメVCDやアニメDVDを切に望んでいます。任務外のとき、兵士達には映画を観るのに使えるコンピューターがあるのですが、観るものが不足しているんです!
 ああ、かつてここまでアニオタ心に訴える軍事アピールがあっただろうか!(^^;
 「ちょびっツの最終回をまだ見てないから、ここでは死ねない」なんて決意を心に秘める二等兵マイケル(仮名)が実在してるんですよ!? たぶん。

[追記]
 同ページのあずまんが大王がらみのトピック」も面白かった。
 あー、次にお金が入ったら北米版のDVD買おう。あ、プレーヤーも買わな。

Posted by みやも at 07:56 | コメント(2) | トラックバック (0)


本日の一枚

後ろのパンチパーマ娘が気になる[出典]
 マンガ『美味しんぼ』第4巻「茶の味わい」
 
[解説]
 ニセモノ玉露で商売をする悪徳な土産物屋に東西新聞社ご一行+αが腹を立てるお話。たった一言で店の親父をこらしめた田畑さんの衝撃の過去が(えらくあっさりと)明らかになった瞬間がこれ。
 美味しんぼは初期の方が無茶が効いていて面白かったと思う。超能力者が出てきてタイムスリップとかするし *1


*1 : 第6巻「日本のコンソメ」参照
Posted by みやも at 00:31 | コメント(0) | トラックバック (0)

2004年08月02日


「サウスパーク」のクリエイター陣がまたやらかしてくれる模様

映画「TEAM AMERICA」予告編 [情報元:怒濤のくるくるシアター。]
 ……いや、もはや何も言いますまい。

Posted by みやも at 07:19 | コメント(2) | トラックバック (6)

2004年08月01日


「白蛇伝」

 あえてサブタイトルを付けるなら、そう……「パンダ最強伝説」!

hakuja.jpg 「白蛇伝」 
 脚本・演出 藪下泰司
 製作 大川博
 声の出演 森繁久彌
        宮城まり子
 東映動画 1958年 カラー

[作品紹介と感想]
 東映動画の記念すべきファースト・タイトルにして、日本における天然色長編アニメ映画の第一作 *1 。 蛇の化生 *2 である少女と恋に落ちる青年の姿を描いた幻想的ドラマです。

 中国・杭州西湖の雷峰塔縁起にもとづいた「白蛇伝」は京劇の演目として有名ですが、本作は同じ民話を子供向け動画にうまく加工してあります。この手の「古典アニメ」 *3 の脈流は、いまではほとんどNHKが受け継ぐばかりとなっているのがちょっと寂しいですね。 日本/世界むかしばなしのような"物語類型の基盤"を伝える作業は、もうちょっと民放でも火を灯した方がいいんじゃないでしょうか。現状では、いきなり「応用的パロディを一次資料として子供に喰らわせる」ケースが多すぎるような気がします。もちろん「お話」ってのは家庭でオトナが供給してやるのが本道なんで筋違いといえばそうなんですが、それでも直接なイメージ媒体であるTVの効果は馬鹿に出来ませんから。
 ……でも、おそらく最終的には商品価値 *4 がどれだけ出せるかというところでつまづいちゃうんだろうなぁ。
 
 ところで、今回「白蛇伝」を観るにあたって、人間と妖 *5 の異種恋愛譚について調べたり考えたりしてみたんですが、これはいつの時代何処の国でも見受けられる普遍的なパターンなんだよなぁと再認識しました。
 だから近年のアニメ・マンガのキャラ萌え作品を非難する材料として、人外キャラとの色恋という構図のファンタジー性そのものをマトにかける論を目にすると、「そこが問題なのかなあ?」と首を傾げたくなります。 たとえば形態として「ビデオやパソコンから美少女キャラが抜けだして冴えない男と恋をする」アニメ・漫画・ゲームと「掛け軸から幽美人が出てきて柔弱な若者と結ばれる」民話伝承 *6 に差別を設ける必要はないんじゃないかと思うのです。『KANON』や『SNOW』のアレを当世風の『白蛇伝』と考えたっていいじゃないの、とかね(^^;
 ひょっとしたらこれはオタ系の話題に限らないのかもしれませんが、昔から在る現象体をことさら最近の風潮の産物として嘆く論法というのが蔓延していて、いまいちうなずきかねるところがあります。

 もちろん昔と今で「異種恋愛譚を消費する人間」の位相を比較したり、作品の教養的な趣のあるなし(→露骨な快楽原則に基づいた通俗性というものをどう評価するか)を問うんだったら、それはもう社会学・文化学あるいは文芸思想の問題なんでいくらでも議論にしてくれて構わないんですけどね。


*1 : なお、同じ原典を題にとったタイトルとして、1956年に東宝とショウ・ブラザースの提携で実写特撮映画『白夫人の妖恋』が製作されており、本作『白蛇伝』はそれのリメイクにあたる
*2 : けしょう 獣虫やモノが転じて妖怪化した存在。いわゆるバケモノ
*3 : 古いアニメという意味ではなくて、作品の題材が古典である作品
*4 : というか数字
*5 : この場合の「妖」は「宇宙人」や「ロボット」なんかとも互換する広義の概念
*6 : ピグマリオン的な美人画奇談は世界各地で山ほどある。我が国の有名どころでは小泉八雲の「衝立の乙女」など
Posted by みやも at 23:43 | コメント(0) | トラックバック (0)


某氏へ私信

 某方面の某コミュニティ *1 でしばらく発言してなかったんで、おともだちの某氏からご心配されちゃいました。

 いや、すいません。ここしばらくある種の病気にかかっちゃったもんでダンマリを決め込んでました。
 といっても抽象的なことで、何かを語ろうとしてたら「コトバを弄すれば弄するほどボロが出るなぁ。いっそ沈黙するが最上の策かも」という、寅さん風にいうと「それを言っちゃぁおしめぇよ」な考えがアタマをよぎる瞬間がチラッとあった……ってだけの話でして。
 
 こういう時の対処は割と簡単で、無理にエンジンをかけず入力モード(読む、観る、聴く)に重心を移すだけでいいんだよね。あれこれネタを溜め込んでいけばそのうち自然とおしゃべりしたくなってモードを出力に換える時期がまわってくるから。
 てなわけで、そちらではいきなり黙り込む時期がありましたが別に興味を失ったわけではありませんので悪しからず。

 以上、私信でした。

*1 : ひじょーに"健全"なジャンルの寄り合いなんでここでは一応伏せておく(^^;