みやもの著書
エロゲー文化研究概論
エロゲー文化研究概論
エロゲ30年余りのあゆみを一冊でたどれる本です。
修正報告 銀河ツンデレ伝説 (二見ブルーベリー)
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
プロフィール
名前:みやも/宮本直毅
ライターです。小説も書きます。
これまでのお仕事一覧など詳しくはこちら

メールmiyamo_7@ares.eonet.ne.jp
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
邦画→ハリウッドリメイク列伝
シモネタ駄菓子
[今週のジャンプ] 『磯部磯兵衛物語』のオールモノクロ回についてのメモ
最近のネット上でのお仕事
映画3本見てきた
映画『アタック・オブ・ザ・50フィート・チアリーダー』DVD視聴メモ
黒ロンオブザイヤー2014に投票します
関東で旧エヴァ劇場版やってたけど関西ではやってなかったので
エロゲのシナリオを「そのまま」Kindle電子書籍化した商品を買ってみた
アニメ『中華一番!』の麻薬入りイカ墨ビーフンの回を見返してみた
最近のコメント
  • シモネタ駄菓子
      └ 名無しさん 2014.11.19
      └ 名無しさん 2014.11.19
      └ みやも(管理人) 2014.11.22
  • 邦画→ハリウッドリメイク列伝
      └ 名無しさん 2014.11.22
  • [今週のジャンプ] 『磯部磯兵衛物語』のオールモノクロ回についてのメモ
      └ 名無しさん 2014.10.30
      └ みやも(管理人) 2014.11.05
  • カテゴリー
    過去ログ

    2014 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2013 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2012 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2011 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2010 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2009 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2008 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2003 12
    全エントリ一覧

    2014年10月28日

    [今週のジャンプ] 『磯部磯兵衛物語』のオールモノクロ回についてのメモ

    [ book ]

    週刊少年ジャンプ2014年48号。

    『磯部磯兵衛物語 -浮世はつらいよ-』が一周年記念ということで、オールカラー……という定石を外してオールモノクロというギャグをかましております。

    お話も出オチ一発に終わらず、「せっかくオールカラーになるはずだったのに泥棒に漫画の“色”を盗まれてモノクロになってしまったので取り戻すべく磯兵衛たちが奔走する」という仕立てで、メタなギャグがあちこちにちりばめられていました。「三色団子食べにくる」とかクスっとしてしまった。

    んで、登場人物の1人が「色なんて贅沢いってんじゃねえ、いつもモノクロだろ」と言い出す場面に、ちょっと考えどころがありまして。

    「いつもモノクロ」というのは確かにそうなんですが、ジャンプをはじめとして週刊少年漫画誌の紙って通常、色がついてるんですよね。緑っぽいのやピンクがかったのや黄色っぽいのや……。

    (上の引用画像、右側の告知ページの紙色を参照)

    それに対して、今回の『磯部磯兵衛物語』は地から完全に白と黒なんですね。
    原稿レベルではなく、印刷されて読者の手元で目に見る状態を基準にすると「いつも」どおりではない、ぜいたくな色調をつけられてるんです。

    なので、「色を盗まれた」というていなのに、じつはゼロやマイナスじゃなくて「白黒がついた」という足し算になっている。
    そういところから、「ふだん意識しないけど週刊漫画誌の紙って色がついてるんだよなあ」「そもそも漫画に色(がついている、ついていない)ってどういう事だろう?」と考えるきっかけになって面白いなあ、と思ったのでした。

    なお、最近ジャンプ本誌は電子版の配信が始まっていますが、そちらは当然、こうした「紙の色」はバラけていません。
    なので今回、いつものページ地と白黒カラーページとの落差は最小限になっており、紙と電子版でかなり読み味が異なるものになってるんじゃないでしょうか。

    あ、電子版だと紙質(手触り)の差もないですしね。
    台詞の中で紙が「つるつる」してるという発言があったのですが、電子版だとそれは無効になっちゃうところ。

    [リンク]
    電子版少年ジャンプ



    磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜 1 (ジャンプコミックス)磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜 1 (ジャンプコミックス)
    仲間 りょう

    集英社 2014-02-04
    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    コメント

    週刊誌の色は私がいた頃は、(私の知っている紙は)
    再生紙ゆえ勝手にインクの色や品質のごまかし目的で付いていたけど
    そう考えると白黒とは贅沢な色ですね…
    それなりにいい紙を使わなければいけませんし

    Posted by: 名無しさん: 2014年10月30日 17:03

    >>名無しさん
    カラーページ用の紙であえて白黒、という「あえて」のぜいたくさですよね。
    それこそ江戸っ子の粋(いき)な感じというかw

    Posted by: みやも(管理人): 2014年11月05日 04:07
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?