みやもの著書
エロゲー文化研究概論
エロゲー文化研究概論
エロゲ30年余りのあゆみを一冊でたどれる本です。
修正報告 銀河ツンデレ伝説 (二見ブルーベリー)
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
プロフィール
名前:みやも/宮本直毅
ライターです。小説も書きます。
これまでのお仕事一覧など詳しくはこちら

メールmiyamo_7@ares.eonet.ne.jp
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
関東で旧エヴァ劇場版やってたけど関西ではやってなかったので
エロゲのシナリオを「そのまま」Kindle電子書籍化した商品を買ってみた
アニメ『中華一番!』の麻薬入りイカ墨ビーフンの回を見返してみた
くりいむレモンのソーシャルゲームだとぅ!?
漫画『ぶっとび!! CPU』に出てくるパソコンが懐かしい
『宇宙ショーへようこそ』ニコニコ動画で配信スタート
7〜8月の映画話題作が激戦区
エレベーターとエスカレーターとリトルゴジラ
映画『ヘンゼル&グレーテル』DVD視聴メモ
最近見た映画DVDメモ
最近のコメント
  • エロゲのシナリオを「そのまま」Kindle電子書籍化した商品を買ってみた
      └ 名無しさん 2014.08.07
      └ みやも(管理人) 2014.08.21
  • 関東で旧エヴァ劇場版やってたけど関西ではやってなかったので
      └ 名無しさん 2014.08.20
  • アニメ『中華一番!』の麻薬入りイカ墨ビーフンの回を見返してみた
      └ 名無しさん 2014.07.24
      └ みやも(管理人) 2014.07.31
  • カテゴリー
    過去ログ

    2014 08 07 06 05 04 03 02 01
    2013 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2012 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2011 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2010 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2009 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2008 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2003 12
    全エントリ一覧

    2014年08月07日

    エロゲのシナリオを「そのまま」Kindle電子書籍化した商品を買ってみた

    [ book ]

    エロゲの小説化、というのは1980年代の昔からあるわけですが。
    それとはちと別っぽいものが最近目に入りました。

    【Amazon Kindle】

    魔物娘との性活〜アルラウネの場合〜(1)魔物娘との性活〜アルラウネの場合〜(1)
    影花 ぶぶづけ

    エロゲbooks 2014-07-10
    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    これ、エロゲのシナリオ文章をそのまま電子書籍としてベタ移植したものなんですね。
    小説に整えるのではなく、ほんっとーに素のテキストを収録してあります。

    そのため普通の読み物として捉えると、誰がどんな場所にいて何をしてるのかというロケーションを伝える情報量が足りなくて面食らいます。ゲームでは背景やキャラ立ち絵で示す部分ですからねえ。

    ですが、映画やアニメでシナリオブックとか銘打って台本が刊行されるのと似たようなものと思えば、良い資料なんじゃないかなーと。いろんな作品でこういうの出てくれたら面白いんだけど……。

    ちなみに巻末では「ゲ−ム版では選択肢があります/音声・BGMがつきます」と注釈があり、元ゲームへ誘導するリンクが付記されてます。

    こういう売り方も最近はあるんですねえ〜。
    あくまで珍しいケースではあるにせよ。




    ↓これが元のゲーム。

    魔物娘との性活 ~アルラウネの場合~魔物娘との性活 ~アルラウネの場合~

    Vanadis 2010-04-16
    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    コメント

    これと近いものだと、
    乙女ゲームのコミカライズ(「クローバーの国のアリス」だったかな)で「この話数は○○ルートのこの時系列をもとにして執筆されています。」みたいな但し書きをしているものがあったような。(ちなみに複数の作家さんがルート別に違う単行本を描いている体制です)

    漫画からゲームに入る人が設定の食い違いで混乱しないようにという配慮でしょうね。あとは映画の予告編的な興味を喚起させる手法でもあるかも。

    Posted by: 名無しさん: 2014年08月07日 12:51

    >>名無しさん
    >予告編的な興味

    上記の電子書籍の場合はまさにそれでしょうね〜。
    あとがきからも、元のゲームへの導線を引こうという感じがひしひし

    Posted by: みやも(管理人): 2014年08月21日 01:23
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?