みやもの著書
エロゲー文化研究概論
エロゲー文化研究概論
エロゲ30年余りのあゆみを一冊でたどれる本です。
修正報告 銀河ツンデレ伝説 (二見ブルーベリー)
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
プロフィール
名前:みやも/宮本直毅
ライターです。小説も書きます。
これまでのお仕事一覧など詳しくはこちら

メールmiyamo_7@ares.eonet.ne.jp
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
プリキュアシリーズ歴代第1話の第一声まとめ
劇場版『モーレツ宇宙海賊』見てきた
大阪・梅田のプリキュアストアに行ってきた
雪が……
『ドキドキ!プリキュア』最終回感想メモ
それでおしまいにならない
【お仕事告知】ゲームラボ2014年2月号にエロ漫画紹介記事書きました
『神々の山嶺』(愛蔵版)全5巻を読んだ。究極の「孤独のグルメ」
アニメディア1995年8月号付録のアニメ&声優ポストカードが出てきた
【再宣伝】AmazonのKindle冬セール、1月5日まで。拙著『エロゲー文化研究概論』も
最近のコメント
  • 劇場版『モーレツ宇宙海賊』見てきた
      └ 宇宙の海は私の海 2014.02.23
      └ 名無しさん 2014.02.24
      └ みやも(管理人) 2014.02.25
  • 大阪・梅田のプリキュアストアに行ってきた
      └ 名無しさん 2014.02.15
      └ みやも(管理人) 2014.02.23
  • きょうのビデオサルベージ [超時空ロマネスク SAMY(サミー)]
      └ キミドリ 2010.09.21
      └ キミドリ 2010.09.21
      └ みやも(管理人) 2010.09.21
      └ さきち 2014.02.14
      └ さきち 2014.02.14
  • カテゴリー
    過去ログ

    2014 03 02 01
    2013 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2012 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2011 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2010 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2009 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2008 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2003 12
    全エントリ一覧

    2014年02月23日

    劇場版『モーレツ宇宙海賊』見てきた

    [ anime ]

    近所の劇場で朝イチ初回見てきました。

    劇場版 モーレツ宇宙海賊 ポストカード 2種類セット

    [公式サイト] 劇場版 モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵

    いやー素晴らしい。
    サトタツ監督の円熟したアニメ職人ぶりが炸裂してました。
    90分の尺でこの人数の本編キャラクターたちの出番を上手くさばいたうえゲストキャラのドラマを不足なく立てきるワザマエ。
    おまけに弁天丸にはブリッジの主要クルー以外にもたくさん船員がいるんだよね、という細かい印象づけをテレビ版以上にていねいにやってたりして、なんかもうすげえとしか言いようがない構成でした。

    で、この映画、ゲストキャラの男の子視点を通してキャプテン茉莉香が描写されるのですが、これがたいへん魅力的な年上おねーさんオーラを放っており、たまりません(笑) ほとんど色気に近い艶すら出てる。
    見た人の多くが「おねショタっていいよね……」と言うのも納得。

    ただし本作は、心迷っていた男の子が最終的にひとりの男として自分の道を見定める成長譚なので、おねショタはあくまでプロセスなんですね。
    クライマックスでは少年が自らの手で作品のジャンル感をかきまわす熱い構図を見せてくれます……具体的には潜水艇の「アレ」な!

    もともとモーパイは探偵ドラマや何でも屋ドラマの構造をもっているので、たとえばグリューエル・グリュンヒルデ姉妹みたいな依頼人キャラの軸を茉莉香がぐりぐりまわしてやるのがベースになるわけですが、今回は「亜空間ダイバー」という、宇宙海賊との類比がおこなわれる異業種が題材なため、ゲストキャラが成長したさいの自律性がとても高い(海賊の物語に呑み込まれない、対等の隣人として照らし合う)のが面白みだったように思います。

    また、観客の我々は本作において、少年が弁天丸やヨット部に関わる流れを一種の社会科見学&体験入部みたいなものとして楽しむことができるようにもなっています。このおかげで、たぶんテレビ版を見てなくても大丈夫なんじゃないかなと。

    もともとテレビ版はキャプテン茉莉香が手探りで社会体験していく物語だったわけですが、いまは彼女がいっぱしの頭領になっているので、こうして外からの視点で眺めるとより人物像が深みをつけるんですね。
    あちこちの場面で、嗚呼キャプテン茉莉香はものすごくかっこいい存在になってるんだなーというのが確認できてワクワクしました。
    これはキャラデザインがテレビ版より頭身が若干高めの大人っぽい感じだからというのもあるかな。

    というわけで、大満足の劇場版でした。

    入場者プレゼントでもらった号外新聞。
    パチンコ化するという情報が載ってました。制作がサテライト(=今はパチンコメーカーSANKYOの子会社)だもんねえ。




    モーレツ宇宙海賊 1(初回限定版) [Blu-ray]モーレツ宇宙海賊 1(初回限定版) [Blu-ray]

    キングレコード 2012-03-07
    売り上げランキング : 5428

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    モーレツ宇宙海賊デザインアーカイヴモーレツ宇宙海賊デザインアーカイヴ

    メディアパル 2012-12-25
    売り上げランキング : 12041

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    Sail away(アニメ盤)Sail away(アニメ盤)
    小松未可子

    キングレコード 2014-02-21
    売り上げランキング : 771

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    コメント

    >ゲストキャラの男の子視点を通してキャプテン茉莉香が描写されるのですが、

    >ただし本作は、心迷っていた男の子が最終的にひとりの男として自分の道を見定める成長譚なので、

    なんか一瞬、(SSXの付かない方の)TVキャプテンハーロックを連想しました。

    まあよくあるモチーフってだけの話かもしれないけど、
    「宇宙海賊」と言われるとねえ?w

    Posted by: 宇宙の海は私の海: 2014年02月23日 06:43

    出た若手が軒並み売れていくところから「バイファムみたい」と
    サトタツが飯食いながら語っていたという報告もあるな。
    そういうリアル世界での作品の立ち位置が成長の階梯っぽい。
    いろいろお似合いです。

    Posted by: 名無しさん: 2014年02月24日 16:16

    >>宇宙の海は私の海さん
    あー、松本零士絵のモーパイは面白そう。見てみたい。
    今回だとゲストキャラの少年がトチロー顔になってそうなw

    >>名無しさん
    おおそんな逸話が……
    そういえば作品内でもヨット部メインでがんばる回はそれこそバイファムっぽかったですねー

    Posted by: みやも(管理人): 2014年02月25日 03:29
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?