みやもの著書
エロゲー文化研究概論
エロゲー文化研究概論
エロゲ30年余りのあゆみを一冊でたどれる本です。
修正報告 銀河ツンデレ伝説 (二見ブルーベリー)
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。

メールはこちらmiyamo_7@ares.eonet.ne.jp
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
ドキドキ!プリキュア第1話の印象メモ
最近見た映画DVD
最近読んだ漫画メモ
『琴浦さん』第3話の木人椿トレーニング場面
発売日です! 『エロゲー文化研究概論』
『エロゲー文化研究概論』先行販売スタート
『エロゲー文化研究概論』先行販売情報
[追記] 『エロゲー文化研究概論』の著者名は「宮本直毅」になってます
[お仕事告知] エロゲー30数年のあゆみが一冊でたどれる『エロゲー文化研究概論』出版されます
山場をのりきる支えになったもの
最近のコメント
  • 最近読んだ漫画メモ
      └ 名無しさん 2013.02.02
      └ みやも(管理人) 2013.02.02
      └ 名無しさん 2013.02.04
      └ みやも(管理人) 2013.02.04
  • ドキドキ!プリキュア第1話の印象メモ
      └ 名無しさん 2013.02.03
  • 発売日です! 『エロゲー文化研究概論』
      └ みー 2013.01.28
      └ みやも(管理人) 2013.01.28
      └ ほいみん 2013.01.31
      └ みやも(管理人) 2013.02.01
  • カテゴリー
    過去ログ

    2013 02 01
    2012 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2011 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2010 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2009 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2008 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2003 12
    全エントリ一覧

    2013年01月31日

    最近読んだ漫画メモ

    [ book ]

    忙しかった時期に資料チェック以外で本や映画をぜんぜん見られなかったので現在思うさまインプットのモードに移っています。

    以下、最近読んだ漫画。
    お友達に読ませてもらったものがほとんどです。

    ゴッホちゃん(ヤングガンガンコミックス)ゴッホちゃん(ヤングガンガンコミックス)
    マブレックス

    スクウェア・エニックス 2012-12-22
    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    『ゴッホちゃん』(1)

    あの画家のゴッホです。ギャグ四コマ仕立てですがエピソード自体は史実にのっとっているのでシビアな味わいもおりまざっていて面白いです。
    芸術家ってそもそもリアルでキャラが立ってるんだからわりとそのままキャラになるよなあというのはある意味、目からウロコw

    今日、恋をはじめます 15 (フラワーコミックス)今日、恋をはじめます 15 (フラワーコミックス)
    水波 風南

    小学館 2012-05-25
    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    『今日、恋をはじめます』(15)[終]

    とうとう最終巻。
    ハッピーエンドなんですが、それは「ここからはもう何事も起こらず平穏無事になる」という落着ではなくて、「これからも色々と起こりそうだけどこの二人はまあ何とかかんとか乗りきっていくんだろーなー」というキャラクターへの信頼みたいなものにもとづいた感ですね。

    式の前日 (フラワーコミックス)式の前日 (フラワーコミックス)
    穂積

    小学館 2012-09-10
    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    『式の前日』

    短編集。
    結婚前夜の花嫁が過ごす一日一晩を切り取った表題作がある種のミスリード的なギミックで心情をゆさぶった秀作として話題になってましたね。
    収録作では、アメリカが舞台のお話で、親のない兄妹の人生と、妹が母に見立てた一体のカカシをめぐるホームドラマ「夢見るかかし」が好みでした。

    『アフタヌーン四季賞2012秋』

    三作品ありましたが、粒ぞろいとしてどの作品も高く評価された回ですね。
    個人的趣味で最も気持ちよかったのは腕っぷしの強さを羞じて友達に自分をさらけだせない少女が半裸の人型ドMロボに触発される『彼女の鉄拳』。
    あと単純に良いなーうまいなーと思ったのは人体解剖衝動をもつ男が幼女に魂をゆさぶられる『解体屋ナザフ』。

    小林が可愛すぎてツライっ!! 1 (フラワーコミックス)小林が可愛すぎてツライっ!! 1 (フラワーコミックス)
    池山田 剛

    小学館 2012-12-26
    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    『小林が可愛すぎてツライっ!!』(1)

    ショーコミ系の漫画。
    双子の少女と少年が男装・女装してお互いの学校へ入れ替わり、それぞれが潜り込んだ先で惚れる相手にめぐり合う様子が同時平行で進行します。
    情報量的に2つの作品を合体させたような詰め込み具合なのですが、それがお話の軽快な転がり感を盛り立てプラスに働いていて好感。
    ジェットコースター的な読み味がひたすら楽しい。
    そして、あわただしい筋のなかでも、劇中で可愛いとされる女の子や男の子はきちんとページの面積つかって可愛らしく描きこんで表現しているのもポイント高いです。

    少年サイドのヒロインは口がきけず手話で会話する設定で、少年とヒロインが初めて手話でコミュニケートしてお互いに感動するシーンがあるのですが、その後で少年と敵対するいじめっ子キャラの女の子が目が合って首切りジェスチャーを応酬する図が印象的でした。
    つまり負の方向だけど手話同様の非口語コミュニケーションを少年とライバルヒロインがしているわけで、あとでその子が少年に惚れちゃう位置づけを暗に示してたように読めた次第。

    筋の転がし任せのようでいて、絵作りも巧いんだよね。

    コメント

    ゴッホちゃん
    最終回え…

    Posted by: 名無しさん: 2013年02月02日 17:54

    >>名無しさん
    えっ終わっちゃったんですか!?(^_^;;

    Posted by: みやも(管理人): 2013年02月02日 20:08

    あ、いえ、史実にのっとっているとあったので、
    最終回が自殺で終るのかと思いまして…。

    Posted by: 名無しさん: 2013年02月04日 00:46

    >>名無しさん: 2013年02月04日 00:46
    ああ、なるほど。
    ……って、ほんとどうするんだろう最後!?(^_^;;
    さほど悲惨なトーンにはしないとは思うものの…

    Posted by: みやも(管理人): 2013年02月04日 02:57
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?