みやもの作品
修正報告 銀河ツンデレ伝説 (二見ブルーベリー)
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。

メールはこちらmiyamo_7@ares.eonet.ne.jp
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
最近目についたトピック
漫画『きんぎょ注意報』序盤・中盤・終盤の絵柄の変化
NHKの少年サッカーアニメ『銀河へキックオフ!』とっても良い!
藤田和日郎が新人時代に手がけたイラスト技術本
2003年に見かけたニャルラトホテプの萌え化ネタ
最近目についたトピック
本の購入録
注目の女体化エロゲ『自称硬派のオレが女になったら思いのほかすげぇビッチだった(*/∇\*)キャッ 〜援交から肉便器まで〜』
最近目についたトピック
(好物の話) スタッフドオリーブ
最近のコメント
  • 漫画『きんぎょ注意報』序盤・中盤・終盤の絵柄の変化
      └ 名無しさん 2012.05.28
      └ 名無しさん 2012.05.28
      └ 名無しさん 2012.05.28
      └ ししまぐ 2012.05.29
      └ みやも(管理人) 2012.05.30
  • NHKの少年サッカーアニメ『銀河へキックオフ!』とっても良い!
      └ 名無しさん 2012.05.27
      └ みやも(管理人) 2012.05.28
      └ 名無しさん 2012.05.28
      └ みやも(管理人) 2012.05.30
  • 藤田和日郎が新人時代に手がけたイラスト技術本
      └ 名無しさん 2012.05.28
      └ ユニヴァ 2012.05.29
      └ みやも(管理人) 2012.05.30
  • カテゴリー
    過去ログ

    2012 05 04 03 02 01
    2011 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2010 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2009 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2008 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2003 12
    全エントリ一覧

    2012年05月28日

    漫画『きんぎょ注意報』序盤・中盤・終盤の絵柄の変化

    [ anime ]
    きんぎょ注意報 ! DVD-BOXきんぎょ注意報 ! DVD-BOX
    猫部ねこ

    フロンティアワークス 2005-03-25
    売り上げランキング : 72887

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    『きんぎょ注意報』。
    佐藤順一監督のアニメ版(1991〜1992)が『セーラームーン』の前番組だったとか、当時まだデビュー3年目の声優かないみかさんのハマり役だったなーとか思い出ぶかい学園コメディですが。

    一年通して一定していたアニメ版のキャラデザに目が慣れていたもので、ずいぶん後になってから原作コミック(全8巻)を通して読んでみた際、初期と最後までの間でかなり絵柄の変遷が大きいことに驚かされたものです。

    ↓こんな感じ。

    第1巻ではふわっとしていた描線が最終巻ではずいぶんシャキっとポップな感じになってます。
    漫画の連載は月刊なかよしで1989〜1993年。基本的には作家さん個人の描き癖の先鋭化ではあるんでしょうけども、同時に、なんとなく80'sから90'sをまたぐ時代の流れに負うような面もみられる気はします。

    きんぎょ注意報! 7 新装版 (KCデラックス)きんぎょ注意報! 7 新装版 (KCデラックス)
    猫部 ねこ

    講談社 2005-08-05
    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    新装版も出てるんですね。

    コメント

    個人的な印象というか感じ方かもしれないが
    こういう一つの作品内での絵柄の変化は少女漫画が大きい気がする

    Posted by: 名無しさん: 2012年05月28日 10:26

    時代の要求と併せて、連載中でも自分の絵柄を変えていかなきゃならんから、漫画家って大変ですな。

    最近だと椎名高志さんとかデビューが89年ですが、いまだに絵を進化させていて凄い。

    逆に、26日の藤田和日郎さんのイラスト本見て思いましたが、20年以上前のイラストで「これ藤田さんだ」って分かる絵も凄いですがw

    Posted by: 名無しさん: 2012年05月28日 11:09

    少女マンガの月刊連載だと、八巻の中でこれだけ変わるのですね

    超人ロックの漫画なんて、あれだけ冊数がありながら、棚から一冊抜き出して見ても、どの年代だかわからないぐらいなのに。

    Posted by: 名無しさん: 2012年05月28日 14:24

    なつかしいな、このアニメ。原作漫画はそんな絵柄なのか〜なんか不思議な感じ。

    Posted by: ししまぐ: 2012年05月29日 00:36

    >>名無しさん : 2012年05月28日 10:26
    それは印象だけじゃなくて、実際的なところがあると思います。
    少女漫画の連載は月刊かそれ以上のペースなので、単行本にまとめたときに一冊の中でのリアルタイムの経過時間がすごく長いんですね。
    そのぶん、週刊少年漫画の単行本に比べると1冊2冊ですごく変化がみえやすい。

    >>名無しさん : 2012年05月28日 11:09
    アニメからの逆影響もあるかもしれませんねー。
    藤田先生はたしかに、何年昔でも「あ、これ藤田先生の絵だ」と分かるのがすごいですw

    >>名無しさん: 2012年05月28日 14:24
    やはり月刊連載からの単行本だと、半年ぶんとか1年ぶんとかの変化になりますから目に見えますねえ。
    ずっと完成された絵柄の作品も安心感があっていいですが、描き手のレベルアップにつきあっていくのもシリーズ漫画を追いかける醍醐味ですね。

    >>ししまぐさん
    僕もアニメから入ったくちなので興味深かったです。

    Posted by: みやも(管理人): 2012年05月30日 05:16
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?