みやもの作品
修正報告 銀河ツンデレ伝説 (二見ブルーベリー)
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。

メールはこちらmiyamo_7@ares.eonet.ne.jp
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
2003年に見かけたニャルラトホテプの萌え化ネタ
最近目についたトピック
本の購入録
注目の女体化エロゲ『自称硬派のオレが女になったら思いのほかすげぇビッチだった(*/∇\*)キャッ 〜援交から肉便器まで〜』
最近目についたトピック
(好物の話) スタッフドオリーブ
スマイルプリキュア第15話の空間フェチ的ポイント
(去年の話)注目のBLゲー『ショタマッチョ』……主題歌もすごい
東映アニメーションがアイドルもの企画の戦線へ加わる
6月から10月まで毎月ヒーロー映画の目白押し! ついでにパロAVも目白押し!
最近のコメント
  • 最近目についたトピック
      └ 名無しさん 2012.05.22
      └ 名無しさん 2012.05.23
      └ みやも(管理人) 2012.05.24
  • 注目の女体化エロゲ『自称硬派のオレが女になったら思いのほかすげぇビッチだった(*/∇\*)キャッ 〜援交から肉便器まで〜』
      └ 名無しさん 2012.05.19
      └ みやも(管理人) 2012.05.20
      └ 書き込みA 2012.05.21
      └ みやも(管理人) 2012.05.21
  • (好物の話) スタッフドオリーブ
      └ 名無しさん 2012.05.17
      └ みやも(管理人) 2012.05.18
  • カテゴリー
    過去ログ

    2012 05 04 03 02 01
    2011 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2010 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2009 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2008 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2003 12
    全エントリ一覧

    2012年05月22日

    最近目についたトピック

    [ note ]

    渡瀬悠宇が語る“厳しい現実と戦う比喩”としての『ふしぎ遊戯』と創価学会【前編】

    『ゲド戦記』『ナルニア国物語』『指輪物語』は、当時の世相や人間の業をファンタジーで表現していますよね。『ふしぎ遊戯』だと、それが受験戦争の問題になる。まず、主人公の美朱が異世界に行って友達と争うことになり、戦って現実に戻ってこれたことで、受験に勝つための成長をした、という話。ファンタジーの世界で成長して、現実と向き合えるようになる物語になっているんです。

    これはファンタジー作品で受け手を現実へ送り返す構造の肝になる考え方ですね。
    ネバーエンディングストーリーの映画がやらかしちゃって原作者エンデ先生が激怒したポイントでもある(^_^;;

    ふしぎ遊戯 TV-BOX [DVD]ふしぎ遊戯 TV-BOX [DVD]

    バンダイビジュアル 2010-10-27
    売り上げランキング : 17926

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    <君が衛生兵で歩兵が俺で>現役自衛隊員執筆のラノベが出版
    おお、本職の自衛隊員が書いてるんだ!? 面白そう。
    題名の語呂が微妙な気がするのはひとまず置いといて(笑)

    君が衛生兵で歩兵が俺で (スマッシュ文庫)君が衛生兵で歩兵が俺で (スマッシュ文庫)
    篠山 半太 西出 ケンゴロー

    PHP研究所 2012-06-16
    売り上げランキング : 70

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    TYPE-MOONの原点を辿る「魔法使いの夜」インタビュー。奈須きのこ&こやまひろかず&つくりものじ氏の3名に聞く,ノベルゲームの未来と可能性
    続編について聞かれて「今回だけでも完結してはいるんですが」と間をおかず2度も念押ししてるあたり、お客さんの心証を気にはしてるんでしょうね(^_^;;

    魔法使いの夜 初回版 (Amazon.co.jpオリジナル特典ポストカード付)魔法使いの夜 初回版 (Amazon.co.jpオリジナル特典ポストカード付)

    TYPE MOON 2012-04-12
    売り上げランキング : 16

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    アメリカ版SASUKE「アメリカン・ニンジャ・ウォリアー」がアメコミに
    どうやらコラボ企画の特別描き下ろしみたいな感じのようですね。DCコミックのヒーローがSASUKEに挑戦する? 面白そう。

    京アニ大賞小説部門の新作『境界の彼方』公式サイト
    下のほうへスクロールしたら「あなたのような眼鏡のよく似合う人が死んではいけない」というコピーが入ってたので「きっといい話なんだろうなあ」と思った。眼鏡スキー的な意味で。

    【アニメ】ついに男の乳首も放送規制に 
    いや、どうやら乳首ではなく、大きな手術痕が理由っぽいですね。
    『エリアの騎士』は事故で重傷を負った少年がその事故で死んだ兄の心臓を移植されて生き延び、兄が自分に期待していたサッカーのストライカーになるべく頑張るお話で、それなのにその傷のビジュアルを伏せちゃあ作品自体の意義に関わるような気もしますが……。

    エリアの騎士(30) (講談社コミックス)エリアの騎士(30) (講談社コミックス)
    月山 可也 伊賀 大晃

    講談社 2012-03-16
    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    映画『YAMADA:Way of the Samurai』(2010)予告編

    YouTubeで見かけて興味をそそられた映画。
    アユタヤ王朝時代のタイ、日本人町で暮らす侍ヤマダが民衆を脅かす悪の忍者軍団を倒すべくムエタイを学ぶ映画。お、面白そう……!(笑)
    このヤマダというのは史実の人物で、山田長政のことですね。
    アクションもすごそうで、予告編に出てくるヤマダと心を通わせるムエタイ戦士の動きがキレっキレで素晴らしい。どうやら映画に出てくるのは本職のムエタイ選手たちらしいです。なるほど。

    しかしこの映画、日本未公開のうえDVDも国内販売はされておらず、なんとか見ようと思ったら海外盤を個人輸入するしかないようです。残念。

    映画『007:スカイフォール』(日本公開12月1日)予告編

    ダニエル・クレイグのごりっと硬派でハードボイルドなボンドもこれで3作目。相変わらず男前すぎる。
    どうやら予告編の中に出てくるシルエットがボンドと対決する敵の暗殺者のようですね。演じるのはハビエル・バルデム! 『ノー・カントリー』(2007)で不気味すぎる殺し屋シガーを演じて、『ダークナイト』(2008)のジョーカーを演じたヒース・レジャーに並ぶ映画史級の怪人芝居を見せた役者さんです。早く見たい〜!

    コメント

    >渡瀬
    インタビュー読んでたら、いきなり創価の紹介になって吹いたw
    「信仰に救われた」とかうさんくさー。インタビュアーも変に話あってるしwww


    >YAMADA
    映像見る限り、『ラストサムライ』的な感じなんですかね?
    異邦人の主人公が、異国のつわもの達と心通わせ、みたいな。

    山田長政関連だとどマイナーですが、マンガの『浪人海廊』をお勧め。

    大阪夏の陣後、真田信繁配下の赤備え生き残りが、鎖国政策が進む日本を捨て、タイ・アユタヤを目指す、なんてお話。

    「ドイツ人傭兵 VS 侍」なんて、ほかに類を見ない対戦もありますよw

    Posted by: 名無しさん: 2012年05月22日 05:32

    漫画家と宗教という話題で久しぶりに中城健氏は引退後に宗教団体(確か天理教)の職員になったことや、黒田みのる氏や山本鈴美香氏が宗教団体の教祖になったことを思い出しました。

    Posted by: 名無しさん: 2012年05月23日 12:37

    >>名無しさん: 2012年05月22日 05:32
    ああ、ラストサムライはちょうど比較対象としていいですね。
    「浪人海回廊」興味あります。いずれ読んでみたいです。
    史実の山田長政は後でゴタゴタして日本人街も焼き払われたりと切ないことになってるんですよねー

    >>名無しさん: 2012年05月23日 12:37
    漫画にかぎらないですけど、作家さんってタイプによってはほとんどイタコみたいな域に達する人もいるみたいですからねー。
    渡瀬先生の場合は、作品そのものは読者のためのエンターテインメントに努めるバランス感覚を失ってないところが立派だと思います。

    Posted by: みやも(管理人): 2012年05月24日 02:59
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?