みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
ジブリの新作
今週のフレッシュプリキュア感想
今週のフレッシュプリキュア感想
先週の今週のプリキュア感想を書かないうちに今週のプリキュアの日になってしまったでござるの巻
ときメモ4進捗状況
今週の「エデンの檻」感想
『ときめきメモリアル4』購入
31年間生きてきて今日初めて気づいたこと
「源氏物語ヒロイン図鑑」(12月12日発売)に執筆参加しました
今週の「エデンの檻」感想
最近のコメント
  • ジブリの新作
      └ 名無しさん 2009.12.17
      └ みやも(管理人) 2009.12.17
  • きょうのビデオサルベージ(Pink/剣之介さま/小助さま力丸さま)
      └ Inoue 2005.11.24
      └ みやも 2005.11.24
      └ もふもふ 2009.12.17
  • 今週のフレッシュプリキュア感想
      └ 真 大地 2009.12.15
      └ はね 2009.12.15
      └ みやも(管理人) 2009.12.17
      └ び〜まっくす・つぅ〜 2009.12.17
  • カテゴリー
    過去ログ

    2009年11月24日

    『Disney's クリスマス・キャロル 』でデジタル3D初体験してきました

    [ movie ]

    ロバート・ゼメキス監督の『Disney's クリスマス・キャロル』観てきました。

    公式サイト

     いわゆるデジタル3Dは今回が初体験。
     本編だけでなく予告編(アバターとか空飛ぶおっさんとか不思議の国のアリスとか)の段階でもう3Dになってて、どういうものか感じをつかめてよかったです。

     やー、赤青セロファン時代の3Dとは全然違いますねー。
     基本的に、こちらに飛び出す感より「向こう側に奥行きがある」感に強みがあるっぽいですね。

     ちょっと面白いのは、その奥行きというのがすごく書き割りめいたレイヤーの風味なので、立体的であることによるリアリティというか現実との混同度はかえって減ってる面があるように思いました。ジオラマっぽいというか、飛び出す絵本をひらいてオブジェクトをながめる感じ。
    これは上下左右をスクリーンの四角い枠でぴっちり裁ちきられてるというメディアの限界のせいもあるのかな。

     だから、それこそクリスマス・キャロルとかアリスとか、おとぎ話の系統とは良くなじむのかもしれない。


    クリスマス・キャロル (竹書房文庫)クリスマス・キャロル (竹書房文庫)

    竹書房 2009-11-10
    売り上げランキング : 17138

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    コメント
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?