みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
ジブリの新作
今週のフレッシュプリキュア感想
今週のフレッシュプリキュア感想
先週の今週のプリキュア感想を書かないうちに今週のプリキュアの日になってしまったでござるの巻
ときメモ4進捗状況
今週の「エデンの檻」感想
『ときめきメモリアル4』購入
31年間生きてきて今日初めて気づいたこと
「源氏物語ヒロイン図鑑」(12月12日発売)に執筆参加しました
今週の「エデンの檻」感想
最近のコメント
  • ジブリの新作
      └ 名無しさん 2009.12.17
      └ みやも(管理人) 2009.12.17
  • きょうのビデオサルベージ(Pink/剣之介さま/小助さま力丸さま)
      └ Inoue 2005.11.24
      └ みやも 2005.11.24
      └ もふもふ 2009.12.17
  • 今週のフレッシュプリキュア感想
      └ 真 大地 2009.12.15
      └ はね 2009.12.15
      └ みやも(管理人) 2009.12.17
      └ び〜まっくす・つぅ〜 2009.12.17
  • カテゴリー
    過去ログ

    2009年11月07日

    今週の「エデンの檻」感想

    [ book ]

    第44話。
     
    ・暴れ狂うクマたちからの脱出行、途中で離れてしまったりおんが一大事。さいわいというか地面の割れ目に落ち込んで気を失ったりおんのもとへ駆けつけた鈴木が、彼女の肢体へよこしまなまなざしを向ける…

    ・というわけで鈴木ちんこもげろ祭りな回でありました。危険な状況で気持ちがたかぶって性欲爆発というのはありがちですが、危険な状況のまっただなか現在進行形なさいちゅうにエロにかまけるというのはちょっとそのなんというか、こいつアホかと(^_^;;

    ・クマに立ち向かうオオカミたち。一匹の妊娠したメスを守るべくボス狼が群を率いて決死の戦いを挑むそのありさまを、生徒会長は「狼王ロボ」に引いて解説する(真理谷くんの代理ごくろうさまです)。やはりエピソード序盤でアキラがオオカミのボスを「アーネスト」と称していたのはシートン先生由来になりそうですね。そして、後でアーネストと呼ばれるそのボス狼に、アキラはリーダーのあるべき姿を何か学んだ様子。

    ・そうして一団となって生きる戦いを繰り広げる狼たちとの対比で、己一人の欲のために仲間をかきまわしバラバラにして笑う鈴木の姿が描かれる。ちんこもげろ。相変わらず気絶したままのりおんの下着に手をかけたところで、怒りに燃えるアキラがつっこんで鈴木を威圧し、りおんを確保して「俺の女だ」宣言。キャー りおんは途中で目が覚めてばっちり聴いてるようで、一段落ついてからのラブコメ局面が楽しみですな。

    ・んで、アキラがどこまで論理的に意図したかは定かでないですが、とりあえず切羽詰った現状でこれ以上ゴタゴタしないためにはとにかく集団のアタマに立つ人間が不安定な要素をびしっと取り締まって、集団の動きにノイズを生じさせないのが望ましいのはたしかで、ラブコメ的にどうこうはひとまず置いておいてサバイバル的にもここで鈴木を威圧するのは必要な段取りだったといえると思います。さて、果たしてアキラは自分の"国"における狼王となれるのか。ここから例の、崖下に怪我して倒れているシーンへどうつながっていくかもふくめて注目です。

    【関連】
     これまでの「エデンの檻」感想


    【最新巻】

    エデンの檻 4 (少年マガジンコミックス)エデンの檻 4 (少年マガジンコミックス)

    講談社 2009-09-17
    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    【既刊】
    エデンの檻 1 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 2 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 3 (少年マガジンコミックス)

    コメント

    あの非常事態にチンコをいきり立たせたあげく、現場を押さえられたにもかかわらず
    「まだごまかせる!」
    と思ったクラスメイトの図太さにびっくり。

    Posted by: 名無しさん: 2009年11月07日 00:09

    >名無しさん: 2009年11月07日 00:09
    緊急事態で目先の欲にかられるあたり、彼にはリーダーの資質はまったくないですね。主人公には絶対なれない(笑)

    Posted by: みやも(管理人): 2009年11月07日 01:21

    あの場面で自分の生存よりも性欲を優先させた鈴木君の見事なかませ犬っぷりが今週一番の見どころでした。
    やはり少年漫画で好き勝手したキャラにはこういう結末がなければ。

    あと、「俺の女だ」発言も、自信がなくてうじうじしていたアキラが吹っ切れるきっかけになるのではないかな、とも思います。

    Posted by: にんクン。: 2009年11月07日 01:45

    まずは一言。 「(私の知っている限りでは)誰も"44話"と"死(今週のタイトル)"で、"44死(シシシ)"ということに触れていない・・・。(寂)」

    今回はアキラと鈴木、この二人がまったく意味の異なる「狼」として表現されていますね。
    もちろんアキラの場合は"人"としての誇りを失っていない「誇り高き狼王」。(個人的にはアキラには"王"というイメージはあまりありませんが。 むしろ今まで通り"リーダー"がしっくりくるなぁ、と思います。)
    そして鈴木の場合は目の前の獲物(しかも無抵抗の)を貪ることを第一と考える「"狼"という名の"ケダモノ"」。

    他の方々も同様に感じていらっしゃいますが、はっきり言って見下げ果てましたね、鈴木の今回の行動と思考には・・・。 遅かれ早かれ彼は(多分、元いた"世界"でも)ロクな死に方をしないでしょう。 何か一矢報いようと生きているうちに余計な真似をするのかも知れませんが。

    「あの発言」もあって、(しかもりおんに聞こえている模様)これから先、何としてでもアキラはりおんを守り通さなければならなくなりましたが、それは同時に彼の"王"としてだけではない新たな試練の始まりでもあるといえますね。 もしかしたら、いつか元の"世界"に戻ったときも、この「大切なひとを守り通す」という試練はこれから先もずっと続いていくはずだと思います。

    最後に、「鈴木君、そんな考え方は18禁PCゲームぐらいにしか通用しないと思うよ。(それでも主人公は無理っぽい)」

    Posted by: 名詰 漢: 2009年11月07日 16:59

    ホラーやパニック映画だと、真っ先に死ぬタイプだったねw

    Posted by: 惑群: 2009年11月07日 23:17

    >にんクン。さん
    「俺の女だ」発言によって、りおんを守らないといけないものとしてはっきりと背負い込む覚悟が明確になって、アキラの主人公らしさにはずみがつくかなと期待してます。

    >名詰 漢さん
    >44話「死」
    ああ、そういえば(笑) 目には入ってたけどスルーしてしまいました。不覚!

    >惑群陲気
    絵に描いたようなダメっぷりでむしろ気の毒になりますね(^_^;;

    Posted by: みやも(管理人): 2009年11月08日 09:47
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?