みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
今週の「エデンの檻」感想
アメリカ合衆国大統領のありがたいお言葉
『めだかボックス』概観;めだかの支持率98%設定と天命説
今週のフレッシュプリキュア感想
最近目についたトピック
ビデオ購入録
今週の「エデンの檻」感想
購入録
図書館で借りてきた本
今週のフレッシュプリキュア感想
最近のコメント
  • 『めだかボックス』概観;めだかの支持率98%設定と天命説
      └ 名無しさん 2009.10.21
      └ 名無しさん 2009.10.21
      └ みやも(管理人) 2009.10.21
      └ び〜まっくす・つぅ〜 2009.10.21
      └ みやも(管理人) 2009.10.22
  • アメリカ合衆国大統領のありがたいお言葉
      └ 名無しさん 2009.10.22
      └ 名無しさん 2009.10.22
  • 最近の妄言
      └ 武蔵野のS 2009.10.06
      └ みやも(管理人) 2009.10.06
      └ 名無しさん 2009.10.07
      └ みやも(管理人) 2009.10.07
      └ 名無しさん 2009.10.20
  • カテゴリー
    過去ログ

    2009年10月19日

    『めだかボックス』概観;めだかの支持率98%設定と天命説

    [ book ]

     孟子いわく

    「民を貴しと為し、社稷之に次ぎ、君を軽しと為す」

     まず人民(の気持ち)が最優先であって、国やら君主さまやらは優先順位としては二の次・三の次やねん、という。
     とにかく君主は武力でどーこー無理くりかますより、仁徳で民の心をがしっとつかんで支持されるタイプの方が上等やでーと。これは当時としてはかなりエッジの効いた発想だったそうですな。

     んでもって、孟子によれば君主が天下を取るってのは天からそういう使命というか運命というか、"天命"なるものを与えられたってことなわけですが、"天命"は天の神様からダイレクトにもらうわけではなくて、人民に支持されているというところに顕われるということらしい。

     『めだかボックス』において、めだかちゃんが「なんかしらんが生徒(民)の支持率を98%も得ちゃってる」という設定に立脚している事と、雲仙くんのような武力制圧タイプが立ちはだかったり、いま新章に入ってお金持ちや軍関係といったお国スケールの連々が人工的に完成された天才を量産するシステム構築を進めている様子が描かれているのをあわせてみるに、どうしてめだかちゃんが主人公たりうるのかということがじんわり見えてきて、この段へ至る前に打ち切られることがなくてよかったなーと胸を撫で下ろしている今日この頃なわけです。いやまだ掲載位置は危なっかしい状態ですが。

     「誰にも相談しない〜」云々の説明や、他人にはさっぱり分からんオリジナルの数字言語(^_^;;でしゃべる雲仙姉のキャラ立てが如実に示してる通り、フラスコ計画は人とつながらない天才を生むタチの物らしく、行き着く先はまあおそらく人類社会の破綻であって、計画を進めてる連中が思うほど明るい未来には向かわないだろうことは容易に推測できますよね。少なくとも、一般通常人である殆どの読者からして気持ちいい未来像にはなりようがない。

     で、対するめだかちゃんは人の相談を聞いちゃうし、オリジナルの数字言語も解読して会話に臨んでしまう。彼女は天才として孤独ではあるんですが、その孤独さがかえって誰でも(=一般人である読者も含めた意味での"誰でも")乗っけられる広い地平になっていて、そこが他の十三組と一線を画してる……んじゃないかなーと。たぶん。

     本作はみだりに天才キャラを安売りしているわけではなく「天才ではまだ足りない」という物語に(少なくともテーマ的には)踏み込んでて、そこは素直にアツいと言えるように思うのです。

     あと、2%の不支持というのも、雲仙君を内なる敵対者として積極的に求めたように、世界を自分だけの一色に塗りつぶさないあそび幅をもってるという意味ではむしろ徳があるゆえかもしれませんね。世界や自分を完成させきらないことで活性を担保してるというか。

     という流れでみると、今回、一般生徒からわーわーウケを取ってる猫実先輩は案外、天才キャラ相手のバトルだけど勝ち……はしなくとも、いい勝負をして改めてめだかちゃんにバトンを返すのかなと。そこで先輩が冗談で言った「大好きな友達」発言がマジになる展開だったら萌えますね(笑)

    【関連】
    孟子 - Wikipedia


    めだかボックス 1 (ジャンプコミックス)めだかボックス 1 (ジャンプコミックス)
    西尾 維新

    集英社 2009-10-02
    売り上げランキング :
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    孟子〈上〉 (岩波文庫)孟子〈上〉 (岩波文庫)
    小林 勝人

    岩波書店 1968-01
    売り上げランキング : 103705
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    コメント

    原作者がデビュー作から多くの著作の中で、いろんなタイプの天才を出しているので、天才慣れ、というか天才の出し慣れをしている気がします。
    だからこそ生まれたのが、欠点がないゆえに、愚民どもに嫉妬されてしまうという天才特有の欠点すら、克服した超・天才がめだかちゃんなのです!
    とか言ってみます。

    Posted by: 名無しさん: 2009年10月20日 18:23

    そもそも孟子が孟先生という意味だから、孟子先生というのは可笑しい。

    Posted by: 名無しさん: 2009年10月21日 00:34

    とりあえず競水メガネポニー会計さえいれば生きていける俺参上!

    Posted by: 名無しさん: 2009年10月21日 05:54

    >名無しさん: 2009年10月20日 18:23
    嫉妬するのは「なりたいけどなれない」ギャップのせいで、めだかちゃんの場合は「応援したい、けど俺たちがああなる必要はねーな」と一般生徒に思わせられるのが肝みたいですね。
    天才を描きまくってるゆえに行き着くのが天才に対する凡人(つまり我々自身の人生)の問題だというのはいい感じがします。

    >名無しさん: 2009年10月21日 00:34
    うおっと恥ずかしい(^_^;;
    修正しました。子いわくの子ですね。

    >名無しさん: 2009年10月21日 05:54
    もがなと二人の男の関係はさわやかだけどエロいですね。

    Posted by: みやも(管理人): 2009年10月21日 10:37

    いろいろ評価ありますが拙者は楽しく読んでますね、勿論めだかさん目当てでw
    ・・・原作者繋がりで『化物語』観るべきかな?なんて思ってます。

    Posted by: び〜まっくす・つぅ〜: 2009年10月21日 17:05

    >び〜まっくす・つぅ〜さん
    そういえば今期は「化物語」と「大正野球娘」をチェックしそびれたのが惜しまれます。
    一方で「バスカッシュ」は全話りちぎに追いかけてしもうた。

    Posted by: みやも(管理人): 2009年10月22日 23:01
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?