みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
今週のフレッシュプリキュア感想
映画『チョコレート・ファイター』コミカライズ版が漫画サンデーで連載開始
最近読んだ漫画/『BAD BOYS』輪廻編&BEST FRIENDS編
今週の「エデンの檻」感想
リボルテックのディスヌフ
今週のフレッシュプリキュア感想
購入録
ウルヴァリン観てきた
映画『リボルバー』(2005)観た
今週の「エデンの檻」感想
最近のコメント
  • 最近読んだ漫画/『BAD BOYS』輪廻編&BEST FRIENDS編
      └ 名無しさん 2009.09.19
      └ みやも(管理人) 2009.09.19
      └ 猛魂 2009.09.20
      └ みやも(管理人) 2009.09.20
  • 映画『チョコレート・ファイター』コミカライズ版が漫画サンデーで連載開始
      └ 名無しさん 2009.09.19
      └ みやも(管理人) 2009.09.19
  • 今週の「エデンの檻」感想
      └ みかぜ 2009.09.17
      └ 名詰 漢 2009.09.17
      └ 名無しさん 2009.09.17
      └ 名無しさん 2009.09.17
      └ みやも(管理人) 2009.09.18
  • カテゴリー
    過去ログ

    2009年09月18日

    最近読んだ漫画/『BAD BOYS』輪廻編&BEST FRIENDS編

    [ book ]

     お友達のおかげで読む機会を得ました。

    090918.JPG

     無印『BAD BOYS』の続きというか裏面史みたいなくだりをまとめたペーパーバック版です。とくに「輪廻編」(全2巻)はこれ単体でも楽しめる、ひじょうに熱量が高くていいドラマでした。

     昭和後期の広島を舞台に繰り広げられる、暴力によって友情の楽園が築けるという幻想を抱えて駆け抜けた少年達の痛々しい抗争劇。このジャンルはどうしてもヤクザ物のミニチュアになりがちですが、本作はそういう枠を突きぬけて一種の神話みたいな風格を得ていますね(語り部形式になっているのも大きいかな)。

     後半は松尾の内面描写にもっていかれましたねー。
     はじめは単に狂気に酔ってる悪役かと思いきや、ぶ厚いパーソナリティがあって、「友達をつくりたい」村越と対立する必然性がありました。すがった友情の線がたった一本しかなかったぶん、情念の濃さ・悲壮さではじつは村越より深みのある存在のようにすら感じます。

     とはいっても松尾を支えていた新太郎との関係の美しさにはやっぱりどこか否定されるべき不健全さもあって、彼らはお互いの弱さを鏡写しにするところから結びつきを始めているため、関係が高まって密になればなるほど自己愛にふける匂いがしてしまうんですね。そこが、つねに他人と関係の回路を開いていこうとした村越とは相容れなかったのは当然ではあったのでしょう。

    [追記]
     あやさんすげぇ可愛いねぇ。……可愛いのに……(´;ω;`)ウッ…


    【Amazon】
    BAD BOYS ギラギラする男たち[輪廻1]編 (ヤングキングベスト廉価版コミック)
    BAD BOYS 広島悪ガキ、フォーエバー [輪廻2]編 (ヤングキングベスト廉価版コミック)
    BAD BOYS BEST FRIENDS編 (ヤングキングベスト廉価版コミック)

    コメント

    このヤンキーものというジャンルも不滅ですなー。
    どんなジャンルの流行廃っていこうが関係なく、かならずどこかの漫画雑誌で一個は面白いヤンキー漫画が連載している気がします。

    Posted by: 名無しさん: 2009年09月19日 22:23

    >名無しさん
    チャンピオンのクローバー好きです。
    あ、そういえば、その一方でリアルでヤンキー体験がある描き手がどんどん少なくなってて出版社は困ってるとかいう話もあって心配ですね。

    Posted by: みやも(管理人): 2009年09月19日 23:37

    グレアーの輪廻編は、昔読んで今でも鮮烈に印象に残っているエピソードです。読み終えた後で、あの後味の悪い結末をお茶を濁さずにしっかり描き上げた作者の意地に驚かされた覚えがあります。
    それがあったから、グレアーの後半で松尾の子供も絡んだ、親達の因縁を子供達が清算していく話が見事な展開を見せたわけですが。
    >あやさん
    そういえば大友さんちの彩ちゃんは今小学生で、桐木さんちの久司君は高校生くらいの歳です。ずいぶん時が流れた気がします。

    Posted by: 猛魂: 2009年09月20日 12:36

    >>猛魂さん
    輪廻編、すげぇ感動しました。
    今年に入ってからフィクションで味わった感動では5指に入ります。
    あと、無印の途中あたりまで読んでる状態からいきなりこれを目にしたため、漫画力の進化のぐあいに小便漏らしそうになりました(笑)

    Posted by: みやも(管理人): 2009年09月20日 13:20
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?