みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
漫画『放課後ウインド・オーケストラ』第4巻発売、部活漫画の優良作が見事に完結
「ヱヴァンゲリヲン箱根補完マップ」が届いたよ
今週の「エデンの檻」感想
黒髪ロングのヒロイン一覧
【今週のジャンプ感想】ToLOVEる最終回メモ
今週のフレッシュプリキュア感想
観たい映画
最近目についたトピック&動画
今週の「エデンの檻」感想
今週のフレッシュプリキュア感想
最近のコメント
  • 今週の「エデンの檻」感想
      └ 名詰 漢 2009.09.03
      └ みやも(管理人) 2009.09.03
      └ 名無しさん 2009.09.05
      └ キケロ 2009.09.05
      └ みやも(管理人) 2009.09.06
  • 「ヱヴァンゲリヲン箱根補完マップ」が届いたよ
      └ 名無しさん 2009.09.05
      └ みやも(管理人) 2009.09.06
  • 漫画『放課後ウインド・オーケストラ』第4巻発売、部活漫画の優良作が見事に完結
      └ 名無しさん 2009.09.06
  • カテゴリー
    過去ログ

    2009年09月02日

    今週の「エデンの檻」感想

    [ book ]

    第36話。

    ・洞窟脱出編と、同時にこーちゃん関連の一区切りの回。大森さん抱えて軽々とロープをよじのぼる矢頼は相変わらずの高スペックぶりで……って、ミイナちゃんくっついてるー!

    ・やはり先週ラスト付近のミイナの恍惚顔(笑)はそのまんまの意味だったようで、現状でおそらく(物理的な意味で)一番頼りになる矢頼くんのコバンザメを決め込むことにしたってことかな。もともとそういうキャラ(フィジカルな弱みを埋めるために庇護者を求める)なので驚きは無いんですが、表情がどうも惚れツラっぽくて危ない香りがするというかミイナ君きみセクシャリティはどうなってんの? という疑問が……(^_^;; たしか女装バレしたときはふつうの男の子意識だったと記憶してるんですが……め、目覚めた?

    ・3ページ3コマ目、りおんのスカートからふとももへ伝う水がどうみても擬似おもらし演出ですありがてぇありがてぇ(拝む) なんか『コブラ』でよくあるような股ぬきアングルですね。

    ・鉄砲水からの避難。二手に分かれた道で幸平の案内に従うかどうかのとっさの判断で、アキラは率先して幸平の指した道へ賭ける。何があっても友を裏切らないということで友情を証明するドラマもありますが、アキラたちの場合は"裏切った友・罪を犯した友をなおも信じられるか"という試練性の濃いものになっています。

    ・このへんは難しいですね。社会的なモラルの意味で許していい許しちゃいけないとは別次元のことですから(だからアキラもモノローグで「許されることじゃない、だけど……」と前置きして、許しじゃなくて「助けになりたい」と独白している。客観的にみれば、一番苦しかったのは殺された被害者たちなわけで。劇中で許しを口にしたのは自分が刺された大森さんだけ)。

    ・こういうのは多分すぱっとした一つの正解はなくて、だから友や家族など親しいものが罪を犯したときにどうするかという物語が古今東西どこでも作られ続けているんでしょう。

    ・アキラとりおんを脱出させ、姿を消すこーちゃん。ハデスがらみがあるし、脳の機能障害がどうなったわけでもないので、果たして次の登場がどんな形になるか……気持ちが通じたからといって楽観はできないですねー。

    ・一息ついたところで矢頼がアキラに話しかける。

    090903.gif
    斬新なプロポーズだなおい!

    ・「子作りしましょ」みたいにさらっと言いおった(^_^;; ここのところ、スペックの高さを見せつけるインパクトは稼ぎつつも味方化いちじるしくて緊張感が減っていたんですが、またザワッときましたね。

    ・想像できる意図としては、日本に帰ってもつまんない暮らしが待ってるだけだからこの島で自由に生きていかないか、といった感じの誘いでしょうか。しかし主人公として、あくまでも非日常から日常への回復を求める立場のアキラとしてはそういう非日常に留まる姿勢を是とすることは出来ないわけで、このギャップがアキラと矢頼の対立のきっかけとなるか?

    ・ちなみに山田恵庸先生の過去作品『EX 少年漂流』は主人公達がサバイバルの果てに国造り(ムラ造りか)をして幕を閉じるのですが、それは帰りたい日常世界のほうが完全に失われてしまったシチュの中でしたので、エデ檻では、少なくとも現時点では、矢頼くんの誘いは一種の逃避につながりますからアキラには相容れないと思われます。

    ・そういや「おかしな島に来た」という図にはなってますけど、島の外がいまどうなってるかって全然分からないんですよねえ。終局物だと、故郷へ帰ってきたらそこも同じようなありさまだったというイヤなオチはよくありますが…(^_^;;;

    【関連】
     これまでの「エデンの檻」感想


    【最新巻】

    エデンの檻 4エデンの檻 4 (少年マガジンコミックス)

    講談社 2009-09-17
    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    【既刊】
    エデンの檻 1 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 2 (少年マガジンコミックス) エデンの檻 3 (少年マガジンコミックス)

    コメント

    次回からは孤島の少年版『項羽と劉邦』ですかね‥。

    Posted by: 名無しさん: 2009年09月03日 19:30

    確かに矢頼ぐらいの人物なら一国を創ってしまいそうとは思いましたが、まさか本気で言い出してしまうとは・・・。(汗)

    ちなみに私は「EX 少年漂流」は読んでませんのでその作品でその様な結末になる事は知りませんでした。

    さて、仮にアキラが矢頼の誘いに乗らなかったとして、彼と対立する事になったとしたら、太刀打ちできるのでしょうか?
    そして、何人位アキラの意見にメンバーが同調してくれるのでしょうか?
    現実的に考えれば、ここは一時的にでも矢頼に従う方が被害は最小限に抑えられるとは思いますが。

    「この"世界"を望む者と望まない者」

    この二者の価値観の相違もこの作品においての重要なキーワードのひとつなのでしょう。

    Posted by: 名詰 漢: 2009年09月03日 19:31

    >名無しさん
    正直言うと、島の謎解きの方ももうちょいさくさく進めて欲しい気はするんですけどね(^_^;;。

    >名詰 漢さん
    恒久的に島で暮らすつもりがなくても、とりあえずキャンプを構築するのは間違ってないんですよねえ。ただ、例の飛行機を燃やした時にアキラが背負ったモチベーションを考えると、まだ人探しを優先したいんじゃないかなと。

    なお、「EX」は「ドラゴンへッド」みたいな世界終末物の路線なので、じつはエデンとは似て非なる作品でした。遭難とサバイバルから話が転がるのでどうしても比較されがちですけれども。

    Posted by: みやも(管理人): 2009年09月03日 21:11

    絶対死ぬと思っていたこーちゃんが、男塾の飛燕ばりに生還が約束された一時退場するとは意外でした。
    悪く言えば「引き立て役・独眼鉄や男爵ディーノポジション」、よく言っても「びっくりする役の虎丸、富樫ポジション」であるザジはともかく、知識が豊富で「知っているのか雷電役」の眼鏡や、超人的な身体能力を持ち「伊達臣人ポジション」にいる矢頼と、独自の武器を持ったキャラクターに挟まれていても、アキラが剣桃太郎的な「必殺技を沢山持っていて超強いキャラ」じゃなくて「人を信じられるいい人」なだけで主人公にいつづけ周りからも認められているのはジャンルの違いゆえなのだろうか?それとも時代の違いゆえなのだろうか?

    Posted by: 名無しさん: 2009年09月05日 10:32

    はじめまして、この作品いつも楽しく読ませてもらっております。
    さて、突然で何よりですが今回の話を見て一言思った事、ないし今後の展開としての予想を発言させてください。

    それは.....。

    大森さんが妊娠、出産する!

    .....と申しますのは前・今回からしてザジ君にとっては「いいチャンス」だったのかもしれません。
    彼の性格や性欲を考えると「ああいうこと」してもなんら不思議ではないでしょう。
    今回、こーちゃんをガン見したのだって自分に対する疑惑を紛らわすためだったのかもしれません。

    もしかしたら10ヶ月後、りおんや雪の介護もあって無事出産!
    なーんて事になったりして。

    それこそ矢頼君の言った通り「国」を作る。ないし一ヶ所に定住する方がいいのかもしれません。

    グリプトドンの親子が微笑ましいですね。

    Posted by: キケロ: 2009年09月05日 10:44

    >名無しさん
    スキル以上に人徳優先なのはこの手のサバイバル物では昔からそうなんじゃないかなと思います。とくに少年物では。
    大人主人公でも、たまたま仕事で身に付けた知識がサバイバル状況を切り抜けるのに役立つとかはお約束ですけど、それでもやっぱり最終的には人望があるかないかが物語の鍵になる場合がほとんどかと。

    >キケロさん
    俺は謎の島の謎パワーで偽ミイナくんが男の子なのに妊娠しちゃう展開が見たいですぜ!(笑)

    Posted by: みやも(管理人): 2009年09月06日 01:08
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?