みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
購入録
今週のフレッシュプリキュア感想
携帯の待受画像を変えた
最近おもろかったスレ
最近お気に入りのニコ動
コブラ読了
自分で自分を追いつめる遊び ビデオ編
お当番ヒロインに揺るがない本妻ヒロインたちの貫禄
今週のフレッシュプリキュア感想
「けいおん!」第6話のアレに対する各界の反応
最近のコメント
  • 今週のフレッシュプリキュア感想
      └ 名無しさん 2009.05.17
      └ みやも(管理人) 2009.05.17
      └ 名無しさん 2009.05.18
      └ みやも(管理人) 2009.05.18
  • 携帯の待受画像を変えた
      └ 名無しさん 2009.05.17
      └ みやも(管理人) 2009.05.17
  • 最近おもろかったスレ
      └ 隆之介 2009.05.17
      └ 名無しさん 2009.05.17
      └ みやも(管理人) 2009.05.17
  • カテゴリー
    過去ログ

    2009 05 04 03 02 01
    2008 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2003 12
    全エントリ一覧

    2009年05月12日

    お当番ヒロインに揺るがない本妻ヒロインたちの貫禄

    [ book ]

     先日まとめ買いした『コブラ』、ちまちま読み進めてようやく半分くらいまで。
     エピソードごとのまとまりがよくて、それぞれ一本の長編映画を観てるみたいな感じで楽しいなぁ。


     それにつけてもレディはいいっすね。
     コブラが行く先々で女性にコナをかけるのに鷹揚なレディ。なんともいえない魅力があります。仕事でも私生活でもパートナーとして永続的に磐石な立場にあるので、その場その場の表面的な男女問題にはおおらかという。

     エピソード単位の浮気心を彩る「お当番ヒロイン」という概念の対極にある、こういう永続的な肝をおさえたパートナーポジションのヒロインは何と呼べばいいんでしょうね。機能的には「秘書」「マネージャー」が近いけど私情も織り交ぜるからちょっと違うな。ふつうに「(ゲストヒロインに対する)メインヒロイン」とか「本妻ヒロイン」かな。


     このへん、よくあるハーレムラブコメ構造におけるメインヒロインはみんなそうじゃないかとも思われそうですが、ここではお当番ヒロインに色恋沙汰のいざこさで主人公との関係の根っこをおびやかされない(張り合う必要がない)どっしりした次元をもっているメインヒロインであるというところに絞った話をしております。
     そのため顕著な傾向としては、本妻ヒロインにはお当番ヒロインにムキにならず親切にしてやるくらいの余裕があるんですよね。(だからお当番ヒロインが本妻ヒロインに好意や敬意をもったりして、そのために格がはっきりすることも多々ある)

     したがって、サブヒロインとの競合で本気で張り合ってしまうラム(『うる星やつら』)タイプとか、自分の立ち位置に意地を張ってしまうあかね(『らんま1/2』)タイプはここでは除外します。
     また、サブヒロインに優しくても内心で主人公を奪われることへの根本的な不安にかられうるものも基本的には除きます。

     この本妻ヒロインたちが教えてくれるのは、複数ヒロインで真正面からしのぎをけずって時には心を壊す者がいるほどに不安定なハーレム物とも、一対一で固めて安定志向から箱庭化してしまうことがあるいちゃラブバカップル物とも違う(もしくはその両方をまたいで御する)第三の道があるんだよということです。

     もちろんどのヒロイン様式がいいということではなくて、そういうバリエーションがあるということ自体が大事だという話ですけどね。
     


     ちょっと具体例が少ないので、思いつき次第あとで追加していくつもりです。

    COBRA ザ・サイコガン 前編 (MFコミックス)COBRA ザ・サイコガン 前編 (MFコミックス)
    寺沢武一

    メディアファクトリー 2008-05-23
    売り上げランキング :
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

     レディ大好き。

    CITY HUNTER Vol.9 [DVD]CITY HUNTER Vol.9 [DVD]
    伊倉一恵, 神谷明, こだま兼嗣

    アニプレックス 2008-02-27
    売り上げランキング : 29890

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

     ジャンプ漫画でいえば、例えば『シティハンター』の香ちゃんあたりもじつは同じで、依頼人の女性にちょっかいをかける遼にいちいち怒ってはいるんだけど、あの100tハンマーでの抑止はその場その場で消化されるさっぱりしたツッコミ(しかも大半は仕事に差しさわりがある軽挙を戒める程度のもの)であって、深刻な恨み事として次のエピソードに引っぱらないし、ましてや嫉妬にかられて遼を刃物で刺すような"絶対解決"は図らないという意味で、やっぱりおおらかなパートナーっぷりだったという見方ができます。
    (ただし若さゆえの未熟というか、自分のほうが遼にふさわしいパートナーだとして張り合おうとするお当番ヒロインにちょっと脅かされたことはあった)

    〈ANIMEX1200 Special〉(11)ジャングルの王者ターちゃん オリジナル・サウンドトラック〈ANIMEX1200 Special〉(11)ジャングルの王者ターちゃん オリジナル・サウンドトラック
    TVサントラ 夏野芹子 さいとうみわこ

    コロムビアミュージックエンタテインメント 2005-07-06
    売り上げランキング : 30561
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

     ジェーンは実際に本妻だったわけですが(笑)

    うしおととら (10) (少年サンデーコミックス)うしおととら (10) (少年サンデーコミックス)
    藤田 和日郎

    小学館 1992-06
    売り上げランキング : 1308694

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

     主人公が浮気心をもつわけではないですが、次々と女の子を惚れさせていく構造における串団子の串に相当するという意味で、うしおに対する麻子、そしてたぶん、とらに対する真由子が本妻的な立場にあったかと。

    To Heart(1) [DVD]To Heart(1) [DVD]
    川澄綾子

    ケイエスエス 1999-06-04
    売り上げランキング : 43470
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

     アニメ版で、各エピソードの他ヒロインに対して幼なじみとしての鉄板を言外ににじませるあかりちゃんの存在感(笑)
    ※訂正:原作版と記憶がごっちゃになってたっぽい。

    ふたりはプリキュア 1 [DVD]ふたりはプリキュア 1 [DVD]
    稲上晃 川崎良

    マーベラス エンターテイメント 2004-08-18
    売り上げランキング : 18863
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

     これは半分妄想が入った見方ですが、藤P先輩にメロメロするなぎさの隣で「なぎさはしょうがないなぁ(ニコニコ)」的な立ち位置を保っているほのかも本妻としての貫禄に満ち満ちていましたね!


    【要検討】
     『ウイングマン』のあおいさんはどーかなー。パートナーシップではあったけど、主人公が卒業することが前提のおねーさんヒロインはまた別に考えた方がいいか。

     あと『コードギアス』はあらすじくらいしか知らないんですけど、C.C.とルル山さんの関係ってどうだったんでしょうか。

    コメント

    あれ?アニメ版のあかりって、マルチに親切にする博之ちゃんに対して「なんでマルチちゃんばっかりなの!」って本気でやきもち焼いていませんでしたっけ?
    確かに、彼氏が電化製品に夢中になった日には、やってられませんが。

    Posted by: 名無しさん: 2009年05月12日 13:59

    >アニメ版のあかり
    あ、しまった。ひょっとしたら原作と記憶がごっちゃになってたかも。
    打ち消し線引いときました(^_^;;

    Posted by: みやも(管理人): 2009年05月12日 14:19

    本妻ヒロインがバイで、お当番ヒロインを主人公と競って喰っちゃえばより強固なハーレムが!w

    ……ああ、これ、恋姫†無双だった。

    Posted by: 名無しさん: 2009年05月12日 18:33

    ベルダンディーはガチじゃないですかね。数回ジェラったことあるけど、基本的にはお当番とはまさに「格」が違うヒロイン。
    あとはCLANNADの渚、うたわれるもののエルルゥあたりが候補でしょうか。エルルゥはベルダンディークラスと比べると揺らぎが多いと思いますが。
    るろ剣の薫は…対抗馬が少ないから箱庭寄りかも。

    Posted by: tanagon: 2009年05月12日 21:24

    タイトル見てシャーマンキングの話かと思ったのですが。

    Posted by: hatikaduki: 2009年05月12日 23:44

    男の身勝手な理想が本妻ヒロイン

    他の女のこに目移りする彼氏を冷静にみてられる子なんていないよ!怒るだけじゃなくて悲しんでいるのに、その悲しませてる事実から目をそむけて「器が大きくて素晴らしい女」みたいに都合よく持ち上げるのはやめて><
    その大事な彼女を苦しめてるのはあなただよ!

    Posted by: 名無しさん: 2009年05月13日 06:16

    >名無しさん : 2009年05月12日 18:33
    節子それドロップちゃう、寝取られや!

    >tanagon : 2009年05月12日 21:24
    「ああっ女神さまっ」の場合じつは蛍一に恋愛感情でアプローチする女性がほとんどいないというのもありますが、ともあれベルへの対抗心から蛍一にちょっかいかけるキャラがいても堂々としてますよね。(例の巫女さんの話はそれをあえて揺るがしたからインパクトがあった)

    >hatikadukiさん : 2009年05月12日 23:44
    アンナは姐さん的な貫禄ありましたね、たしかに。

    >名無しさん : 2009年05月13日 06:16
    とりあえず個別の作品の内容・個別のキャラの感情とあなたが望んでいる現実生活のモラルのありかたを区別するところから始めましょうか。(例えば「この悪役かっこいー」と持ち上げるのと「俺も同じような犯罪者だ」というのは別です)
    「そういうフィクションが現実の男の都合良い思考を強化するからけしからん」というご批判なら至極ごもっともで、甘んじて受けます。そこはもうエロゲだのギャルゲだのをあつかっている当ブログに関するそもそも論になるので、確信犯で言っていますとしかお答えできません。申し訳ない。

    Posted by: みやも(管理人): 2009年05月13日 09:56

    生臭い話で恐縮ですが、レディの場合物理的に肉体関係を持てない、という要因が大きいんじゃないでしょうか。私も(榊原さんの声込みで)レディ好きですけどね。
    生臭ついでに、映画「鬼龍院花子の生涯」に、お妾さんがお床入りする前に本妻さん(岩下志麻!)に仁義切っていくというシーンがありました。

    ところで、「最近チェックした資料」が何げに「食人族」というのが凄すぎです。

    Posted by: KOS: 2009年05月13日 23:23

    >KOSさん
    俺はレディならいける!!(何がだ)
    ちなみに、「食人族」の後は「2000人の狂人」(1964)を観ました。明るくて愉快な映画でした。

    Posted by: みやも(管理人): 2009年05月13日 23:25

     この話題でガチ妻のヂェーン持って来るのは反則な気もしますが
    最終的に成就する、という点で見れば最後の最後で
    第一子を設けてますから、確かに該当するかもしれませんね。

    >ムキにならず親切にしてやるくらいの余裕がある
     この一点に限って言えば、自分以外のルートに於ける
    KANONの水瀬名雪なんかそうかなー、と思ったんですが
    その本妻の座をごっそり持ってかれてるので全然違いますね。
    しかも東アニ版アニメだと「せめてファーストキスは貰って行くぜ」
    な事やってましたし。

    Posted by: 真 大地: 2009年05月14日 02:09

    幼なじみというのは、恋愛感情一本頼りではないので本妻ポジションに限りなく近くなれるんですよね。ただしキャラの性格次第で心を病んじゃうパターンも多々あるので諸刃の刃ですが。

    Posted by: みやも(管理人): 2009年05月14日 19:27
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?