みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
今週のジャンプ感想【おっぺけペンション】
「作者の思想」と「キャラクターの思想」と「作品の思想」は必ずしも一致しない
今週のチャンピオン感想【危機(ピンチ)こそ好機(チャンス)だ!!】
今週のYes!プリキュア5GoGo
「REC」観てきた
DS版DQ5が待ちきれないのでDS版DQ4をやってます
『金色のガッシュ!!』第33巻(最終巻)読んだ
今週のジャンプ感想【湯けむり (C) To LOVEる】
ドラゴンクエスト5(DS版)予約したYO!
今週のチャンピオン感想【ローズヒップサレンダー(意味なし)】
最近のコメント
  • 「作者の思想」と「キャラクターの思想」と「作品の思想」は必ずしも一致しない
      └ 名無しさん 2008.06.25
      └ みやも(管理人) 2008.06.25
      └ 名無しさん 2008.06.28
      └ みやも(管理人) 2008.06.28
  • 今週のチャンピオン感想【危機(ピンチ)こそ好機(チャンス)だ!!】
      └ 名無しさん 2008.06.23
      └ みやも(管理人) 2008.06.24
  • 今週のYes!プリキュア5GoGo
      └ 名無しさん 2008.06.23
      └ みやも(管理人) 2008.06.23
  • カテゴリー
    過去ログ

    2008年06月25日

    「作者の思想」と「キャラクターの思想」と「作品の思想」は必ずしも一致しない

    [ note ]

     フィクション作品において、思想の評価というのはなかなかの厄介物ではある。

    ・作者の思想
    ・キャラクターの思想
    ・作品の思想

     これらは実のところそれぞれまったく別物で、当然どれかひとつについての評価をもって他のものへの評価がそのまま規定できるわけではないのに、実際には我々は往々にしてそこに分別をきかせづらい。


     いわく「このキャラクターがこんな思想を表明した。作者はそういう考えの持ち主なのだ」

     しかし作家は批判されるべきものとしてキャラクターに特定の思想をもたせることができるし、作者の信条から外れていてもより大きな何事かを描き出すためにあえて己とズレのある思想をシミュレーションすることもできるし、あるいはただ単純にそういう思想をもっているという設定自体を目的として思想をもたせることもできるのであって、なるほど作者が演出に介在する以上キャラクターのメンタリティが作者と無関係ではないにせよ、いつもまったく相似的に作者=キャラクターを同一視してそのアタマの中をのぞきこんだつもりになっていいわけではないのである。

     区別をつけた上で関連づける、それならまだいいが、区別の手間を惜しんで短絡的にまるまる重ね合わせることは避けておいたほうが、整理がついて、かつ幅のある見方ができて望ましい。


     また、いわく「このキャラクターがこんな思想を表明した。この作品はそういう主義をアピールするためのものなのだ」

     しかし個々のキャラクターの思想が相互いにぶつかりあい否定と肯定と照応をせめぎあわせる地層のうえに、作品全体の示す思想のレイヤーが存在しており、その全体はキャラクター個々の思想によって単面で把握することはできないものである。

     とりわけ喜劇的なカリカチュアにおいて、キャラクター……それがたとえ主人公であっても個人の思想が作品によって揶揄もしくは否定のまなざしでスポットを当てられる場合があるし、また、キャラクター個人には最後まで答えの出せない思想上の問題の解答を、作品がそのキャラクターの外に暗示するという手法もあり、キャラクターの思想=作品の思想とはならない。


     では、限りなく近似値を取りそうな作者の思想と作品の思想はどうか。

     いわく「この作品にはこういうテーマが描かれている。作者の思想はもとよりこれなのだ」

     しかし、じつはこれも必ず同一視できるものではない。
     たとえば作者自身ですら一体どうすればいいのか答えを出しあぐねて話を進めていた思想上の問題を、そこまでに積み上げられたドラマの推移が自然に解答を創発して作者のほうが「ああ、この作品はこういう思想を描いているのか!」と"教えられる"ことがある。そのとき作品は作品の思想を作品自らによって示すのである。そこで一般の考え方とは反対に「作品>作者」のフレームができあがる場合が存在する。

     また、作品外のなんらかの原理から、計画的にか結果的にかはともかく、作者の信条から外れた不本意な主題をこめた哀れむべき(しかしケースによっては面白い)作品がつくられることもあるのは諸氏ご存知の通りである。


     ことほどさように、作者の思想/キャラクター個々の思想/作品の思想は、それぞれ目先の何らかの部分を反映しあいつつも究極的にはきちんと区別すべきもので、さもなくば白と言っているものを黒だと誤読し、そこに不当な毀誉褒貶を与えるおそれがある。難しいが、重々気をつけておきたいところだ。


    国語 文学的文章読解のコツ (秀英BOOKS)国語 文学的文章読解のコツ (秀英BOOKS)
    秀英予備校教務課

    秀英予備校 2005-12-19
    売り上げランキング : 527115

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    地下室の手記 (新潮文庫)地下室の手記 (新潮文庫)
    ドストエフスキー

    新潮社 1969-12
    売り上げランキング : 51798
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    あしたのジョー (1) (講談社漫画文庫)あしたのジョー (1) (講談社漫画文庫)
    高森 朝雄

    コミックス 2000-06
    売り上げランキング : 12854
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    コメント

    つまり、プリキュアがどんなにいい話だったとしても、製作サイドは「子供だましプギャー!」って思ってるかもしれないから気をつけろ。
    重要なのは視聴者がエターナルの現実主義とプリキュアの理想主義のどっちを選ぶか。ということですか?
    かれん至上主義でいきたいと思います。

    Posted by: 名無しさん: 2008年06月25日 20:35

    >ということですか?
    まあそれはどうか分かりませんが(笑)
    そこで製作サイドを非難したからといって作品までいっしょくたに否定しなくてもいいよね、とか、または「作品について作者のいうことが"正解"とは限らない」みたいな話にもっていけますね。

    Posted by: みやも(管理人): 2008年06月25日 22:01

     作品と作者を分けて考えられないと
    カイジとかシグルイなんてとても読めませんよね。
    あんなキチ○イ作家さっさと逮捕しろって話になりますし。

    Posted by: 名無しさん: 2008年06月28日 11:19

    福本先生は初期にわりと明るめの人情噺を描けてた人なので、いまの芸風が先生の全面ではないですよね。

    Posted by: みやも(管理人): 2008年06月28日 21:35
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?