みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
今週のYes!プリキュア5GoGo
大注目の漫画評論書『漫画をめくる冒険』、ショップ販売は5月10日からメロンブックスにて
立夏V.S.四葉
購入録:孤独のグルメ新装版
最近ハマっている遊び
【べびプリ雑記】今月の電撃G'smagazine買った(ネタバレなし)
今週のジャンプ感想【俺はっ誰の二世でもねえ】
最近目についたニコ動
今週のYes!プリキュア5GoGo
今週のチャンピオン感想【春巻遭難中】
最近のコメント
  • 大注目の漫画評論書『漫画をめくる冒険』、ショップ販売は5月10日からメロンブックスにて
      └ 名無しさん 2008.05.03
      └ みやも(管理人) 2008.05.03
  • 悪役論・補記:悪から善への軽やかなシフトチェンジについて
      └ Inoue 2008.04.06
      └ みやも(管理人) 2008.04.06
      └ 名無しさん 2008.05.02
      └ みやも(管理人) 2008.05.02
  • 何度気をつけても間違うもの
      └ 名無しさん 2008.04.18
      └ みやも(管理人) 2008.04.19
      └ Inoue 2008.04.24
      └ みやも(管理人) 2008.04.24
      └ 名無しさん 2008.04.29
  • カテゴリー
    過去ログ

    2008 05 04 03 02 01
    2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2003 12
    全エントリ一覧

    2008年05月03日

    大注目の漫画評論書『漫画をめくる冒険』、ショップ販売は5月10日からメロンブックスにて

    [ book ]

     先日、日本が誇る超ファンタジー大河コミック『キメラ』の最終巻『キメラ ファイナルクロニクル』(2)が発売され、長らく同シリーズを追いかけてきたファンに惜しまれつつも堂々の大団円を迎えました。

     その単行本の巻末に、とある若手漫画評論家が書評を寄せて、「キメラ」という作品全編をつらぬく勢いと熱さを支える大事な要点をまとめて解説しておられます。
     
     その人のお名前は、泉信行さん。
     ネットでは赤松健論「SchoolRumble」のデータベースを手がけ、商業ではユリイカなどの文芸誌で御活躍の新鋭マンガ評論家、いずみの氏もしくはイズミノウユキ氏として知られるかたです。(blog:ピアノ・ファイア

     このたび、いずみの氏が今年初春に発表されて以来、部数希少のため"幻の同人誌"となっていた『漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで―〔上巻・視点〕』が増刷され、イベントとショップで入手できる運びになったそうで、大きな喜びをもってここに紹介いたします。

    漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 上巻・視点漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 上巻・視点
    泉 信行

    ピアノ・ファイア・パブリッシング 2007-03-14

     ショップ委託:メロンブックスで5月10日から
     イベント頒布:「春の文学フリマ」(秋葉原庁舎で開催)にて5月11日、ブース「B-59 ピアノ・ファイア・パブリッシング」で頒布。目印は石仮面

     僕は初版が出たさいに一部確保させていただいて拝読しましたが、そもそも漫画の媒体である"本"の物理的なありかたから説き起こして、我々が漫画を読むさいの視線・視点のダイナミズム、キャラクターの目からみた主観・半主観・客観の描かれ方、それにともなう漫画における感情移入の原理について、ひじょうに分かりやすい文章で解明した名著です。

     このレベルのものが学者としてのバックグラウンド(しがらみともいう(^^;;)をもたない、完全に在野の研究家によって、しかも同人誌という場でリリースされるということで、じっさい漫画評論の畑ではちょっとした──どころではない──事件になりそうな気配があります。半分はそうなってほしいという期待も(笑)

     しかもこれだけ影響力を潜在した内容で、まだ上巻。近い将来、下巻が出て、それを読んでしまったら僕たちは一体どうなってしまうのでしょうか!?(笑)

     というわけで、ご関心がおありの諸氏におかれましては、どうぞ入手のチャンスをお見逃しなきよう、強くお勧めしておきます。

    【参照】
    増刷された『漫画をめくる冒険』/オビ推薦文は緒方てい先生、元長柾木先生、斎藤環先生! [ピアノ・ファイア]


    キメラファイナルクロニクル 2 (2) (ジャンプコミックスデラックス)キメラファイナルクロニクル 2 (2) (ジャンプコミックスデラックス)
    緒方 てい

    集英社 2008-05-02
    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    コメント

    いずみのさんのピアノファイアは拝見しております。
    ふだん、スクランもネギまもあまり深く考えずに、エロイよ、おもろいよ。と読んでいるので、
    いずみのさんの深い考察を読んだあとで、雑誌を読み返してみると、非常に見え方が違ってくるものがあります。
    特にスクランの過去との対比など、コミックスを持っていないと楽しむどころか、気が付かないものなので、非常にありがたいです。

    Posted by: 名無しさん: 2008年05月03日 21:53

    スクランはよく、ずーっと前のエピソードに使った図をゼロ説明で重ねてくるので気が抜けませんね(笑)

    Posted by: みやも(管理人): 2008年05月03日 22:18
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?