みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
BabyPrincess姉妹日記にみる、姉妹の交流描写まとめ
管理メモ
ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
今週のチャンピオン
今週の金剛番長:ヒュぺリオン体質のモデル
[定期更新] 金剛番長のアオリ一覧
ばぶぅ
BabyPrincess姉妹日記、ヒカルの「だから私は──」に続く言葉は?
今週のジャンプ感想
今週のプリキュア5
最近のコメント
  • 今週の金剛番長:ヒュぺリオン体質のモデル
      └ みやも(管理人) 2008.01.25
      └ 名無しさん 2008.01.26
      └ みやも(管理人) 2008.01.26
      └ anw 2008.01.27
      └ みやも(管理人) 2008.01.28
  • 管理メモ
      └ 名無しさん 2008.01.27
  • ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
      └ 名無しさん 2008.01.26
      └ みやも(管理人) 2008.01.26
      └ KOS 2008.01.27
      └ みやも(管理人) 2008.01.27
      └ 名無しさん 2008.01.27
  • カテゴリー
    過去ログ

    2008 01
    2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2003 12
    全エントリ一覧

    2008年01月24日

    今週の金剛番長:ヒュぺリオン体質のモデル

    [ book ]

     サンデー連載の『金剛番長』で、生まれつき異常発達した筋力をもつ美少女「剛力番長」が先週から登場しています。彼女の体質……劇中でヒュぺリオン体質と呼ばれるものは、まるっきりのトンデモというわけでもなくて、いちおう医学的な下敷き(と思っても差し支えないもの)が見当たるようです。

     どういうものかというと、ミオスタチン(遺伝子の一種で、筋肉の成長をおさえこむ因子)が変異したせいで生まれつき異常に筋肉が発達しやすい体質が現実に存在するんですね。

     くわしくは以下を参照。

    “超人”は実在する ― 現時点で100人の存在を医学的に確認、うち1人は心臓疾患が自然治癒し生後5ヶ月で十字懸垂

    筋肉がつく人、つかない人:(1)「スーパーベイビー」が暗示するもの

    小児の筋肥大に関連するミオスタチンの変異(リンク先ページ下方)

     また、昨年ニュースサイトで取り上げられたロシアの怪力美少女も参照のこと。

     つまり今週語られた剛力番長の設定については、呼び名は創作だしその度合いは極端に誇張されているが、体質そのものは近似のモデルが実際にあるという受け取り方でよいようです。


    聖マッスル  上巻聖マッスル 上巻
    ふくしま 政美 宮崎 惇

    ゴマブックス 2006-11-25
    売り上げランキング : 123800

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    コメント

    実在したんだ!!
    私、こういう自分の考えた特殊能力に、一生懸命科学っぽい説明をつけよういう努力が大好きです。
    ガオガイガーの必殺技しかり、忍空の忍術しかり。
    忍空で「空気中の酸素を燃やし、その炎を腕にまとう」なんていう説明を見たときは「酸素は燃焼を助ける助燃物であり、そのものが燃える可燃物ではないから酸素だけでは燃えない。つまり、それお前の腕が燃えてるからね」とか思いつつも滅茶苦茶楽しく読んでいたわけですよ。
    そして、今回のヒュペリオン体質。まさか実在したとは。っていうかこの作者の漫画の主人公って、超人か天才ばかりですから、出世作のライジングインパクトのころから、この設定を知っていて、主人公も超人にしたのかもしれませんね。十歳で三百ヤードとか。
    で、今回の金剛番長との戦いは、実は金剛番長は瞬発力の白筋と、持久力の赤筋の両方を兼ね備えた桃筋の持ち主で、金剛番長にスタミナで勝つ。だと思います。お前が金剛番長なら、俺は(筋肉が)混合番長だ。的な。
    っていうか、これじゃ にわのまことに怒られるか。汚い長文失礼致しました。

    Posted by: 名無しさん: 2008年01月25日 03:21

    上の記事で取り上げた遺伝子変異の話は、あくまで「かなり近い」という程度ではあるんですが(筋肉の問題なのでヒュぺリオン体質の説明にあるように血管までどうこうというのはなさそう)それでもマッチョ赤ちゃんのインパクトはすごいです。

    もっともらしいものがネタだったり、ネタだと思ってたら調べてみると実際があったりで、フィクション作品というのは油断できませんよねー(笑)

    >瞬発力の白筋と、持久力の赤筋の両方を兼ね備えた桃筋の持ち主
    モモタロウなつかしいいい!(笑)

    Posted by: みやも(管理人): 2008年01月25日 04:34

    やっぱりミオスタチン関連筋肉肥大がネタ元かw思わずググってしまった俺はばか者か?ww

    Posted by: 名無しさん: 2008年01月26日 06:06

    いや、ぼくもすかさずヒュぺリオン体質で検索しちゃいましたよ!(笑)
    まぁネタ元とみることができる、というくらいでしょうかね。

    Posted by: みやも(管理人): 2008年01月26日 06:12

    まあ可愛いまま超筋力ってのは物理的にありえないでしょうけどね。
    現実には以下URLみたいな遺伝疾患?になるのかな。
    http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070706_muscle_whippet_wendy/

    Posted by: anw: 2008年01月27日 12:26

    >anwさん
    実際問題でいえば、ハンターハンターのビスケみたいなことになりそうですよね。
    そうしてみると、上でリンクしてるロシアの怪力少女はいい線いってるなぁ(笑) 今はどうなってるんだろう。

    Posted by: みやも(管理人): 2008年01月28日 00:05
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?