みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
今週のチャンピオン
今週の金剛番長:ヒュぺリオン体質のモデル
[定期更新] 金剛番長のアオリ一覧
ばぶぅ
BabyPrincess姉妹日記、ヒカルの「だから私は──」に続く言葉は?
今週のジャンプ感想
今週のプリキュア5
「28週後...」観た
FREEDOM第6話が無料配信中
最近のコメント
  • 響きがカッコいい医学用語
      └ 名無しさん 2005.03.08
      └ みやも 2005.03.09
      └ attisdinyheed 2008.01.26
      └ attisdinyheed 2008.01.26
      └ CimaPrayerm 2008.01.26
  • 本条さん最終章
      └ Ronnie 2008.01.26
  • ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
      └ 名無しさん 2008.01.26
      └ みやも(管理人) 2008.01.26
  • カテゴリー
    過去ログ

    2008 01
    2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2003 12
    全エントリ一覧

    2007年09月07日

    クルドの星読んだ

    [ book ]

     てなわけで、安彦良和お勉強週間を継続中。今日は「アリオン」に続いて「クルドの星」を読みました。
     月刊少年キャプテンで1986〜87年に連載された少年冒険活劇で、クルド人の母親と日本人の父親の血を引く若者ジローが、クルド人ゲリラの一団に交じってトルコからソ連国境地帯まで経巡り、己の身に降りかかった運命と人類の在り方に直面するお話です。

     先入観で、もっとポリティカルな局面へ突っ込む作品だと思い込んでたから、実際読んでみると「えっ、そっち方向にいくのん!?」みたいな(笑)
     でも、おかげで安彦先生の"ニュータイプ的なもの"に対峙する姿勢の分かりやい具体例が確かめられて、その意味では収穫がありました>後半の展開

     リラかわいいよリラ。物語の骨と肉でいえば肉にしかなってない賑やかし要員だけど、骨を担う方のヒロインがマザコンドラマに殉じてくれたので結果くりあがり。よかったね。
     それにしても、あの状況をどうやって生き延びたのか説明求められて「話すこと多いから今はダメ」でかわす演出は超便利だな! 巻きの入ったラスト直前だから許される大雑把さ(笑)

     なお、本作一番の萌えどころはリラでもウルマでもなくて、デミレルに「好きだ 大好きだ!」と抱きついたジロー君だったと思うのですが如何に。


    クルドの星 (上)クルドの星 (上)
    安彦 良和

    チクマ秀版社 2005-05
    売り上げランキング : 254696

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    クルドの星 (下)クルドの星 (下)
    安彦 良和

    チクマ秀版社 2005-06
    売り上げランキング : 252626

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    コメント

    「メカアクション作家としての安彦氏」を一般に認知させた作品でもありますよね。ガンシップの襲撃シーンとか、終盤の戦車戦とか。
    今でこそ、ファーストガンダムのメカ作画の相当な部分を安彦氏が手がけていたのは有名ですが、当時はあまり知られていなかったように思います。(少なくとも、小学生だった私は知りませんでした。)
    そういう意味で、ジ・オリジンの源流のひとつと言える作品ではないかと。

    Posted by: KOS: 2007年09月09日 02:12

    >メカアクション作家としての安彦氏
    ああ、そういう見方もあったんですね。
    アリオンの古代史ファンタジーの次がこれですから、ふり幅大きく見えたでしょうねぇ、当時。

    Posted by: みやも(管理人): 2007年09月09日 06:29

     メカならヴィナス戦記でしょうね。
     重戦車と対戦車銃装備の単車の勝負という、ありえない組み合わせ。単車が走れない不整地が戦場になったらどうすんだよ?

     これも、アニメはやっぱりクソです。

    Posted by: Inoue: 2007年09月09日 10:20

    >ヴィナス戦記
    あー、アニメはビデオで観たなぁ。
    作品の描かれた順番でいうとアリオン→クルド→ヴィナスだからメカ度が上がっていった形ですね。
    でもその次はスポ根ものだったらしいけど(笑)

    Posted by: みやも(管理人): 2007年09月09日 11:01

     クルドの星のコミックスを引っ張り出してみたんですが、作品そのもよりも驚いたのが、少年キャプテンの連載陣ですな。
    主だったところをあげても、
    ・たがみよしひさ
    ・高屋良樹
    ・安彦良和
    ・岡崎つぐお
    ・永野のりこ
    ・柴田昌弘
    ・岡崎つぐお
    ・大橋薫
    こんなメンバーが一斉に連載していたんだから、まさしく夢の雑誌です。
     しかも、競合誌がほとんどなかった。こりゃあ売れますよ。

    Posted by: Inoue: 2007年09月22日 20:00

    >少年キャプテン
    ガイバーと逆境ナインを世に送り出した功績は計り知れませんね(笑)
    けっきょく徳間の尻拭いで休刊したけど雑誌自体は黒字をキープしてたらしいですし。

    Posted by: みやも(管理人): 2007年09月22日 22:31
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?