みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
今週のチャンピオン
今週の金剛番長:ヒュぺリオン体質のモデル
[定期更新] 金剛番長のアオリ一覧
ばぶぅ
BabyPrincess姉妹日記、ヒカルの「だから私は──」に続く言葉は?
今週のジャンプ感想
今週のプリキュア5
「28週後...」観た
FREEDOM第6話が無料配信中
最近のコメント
  • 響きがカッコいい医学用語
      └ 名無しさん 2005.03.08
      └ みやも 2005.03.09
      └ attisdinyheed 2008.01.26
      └ attisdinyheed 2008.01.26
      └ CimaPrayerm 2008.01.26
  • 本条さん最終章
      └ Ronnie 2008.01.26
  • ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
      └ 名無しさん 2008.01.26
      └ みやも(管理人) 2008.01.26
  • カテゴリー
    過去ログ

    2008 01
    2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2003 12
    全エントリ一覧

    2005年10月31日

    日記(10月30日 記ス)

    [ book , movie ]

     朝番組を視聴後、いったん寝直してから昼過ぎにのそのそ起き出して食事をとる。
     部屋に戻って、ふくしま政美『聖(セント)マッスル』を読了。全裸ヒーロー・名無しのマッスル青年が繰り広げる自分探しの旅は想像以上のぶっ飛び具合で、1ページごとに強烈な目眩を禁じ得なかった。飯を食ってすぐに読むもんじゃねぇなこれ。
     第1部「人間城」の王様が放つ悲痛なキモメン激白には素直に涙をさそわれましたよ。絵ヅラは肉体描写で埋め尽されてるのにストーリー展開は観念性100%なのな、この漫画。
     さらに続けて手塚治虫『鳥人大系』も読了。SFだねえ。

     昼遅くから夕方にかけて、てきとうに家の周辺を散策。徒歩30分ほどの場所にある神社でお参りしてから帰宅する。歩いている道中に、数日前から読み進めていた『シナリオの基礎技術』と『インスタントラーメン読本』を最後までやっつけた。それぞれ違う意味でためになる本だった。

     夜、日が暮れてから再び外出。近所の劇場で映画を2本観賞。
     まずは『SAW2』。もともと監督が別口で書いたオリジナルの脚本があって、それを『SAW』の設定に組み直して続編にしたのが本作らしい。が、それは言われないと分からないほどに消化してあるのでシリーズとしての違和感はない(ちなみにパンフレットの記述によれば、もとの脚本では14人の登場人物が館の中で最後の一人になるまで殺し合うお話で、深作版バトロワにインスパイアされたと監督が語っているらしい)。
     内容は正直、良くも悪くも期待値から外れない作りだったものの、小説ならともかく映像作品で●●トリックをやろうと思い立ったある種の図々しさにむしろ好感がもてた。ただし話のフックになるはずのギミックがどれも基本的に登場人物のマヌケさ頼みなので、見終わったあとの何となく釈然としない思いまで前作以上にスケールアップしとりますのぜ。

     んで、後味の悪い気分を払拭する口直しがてら、明るくヌルいファミリー映画でも観ようと『キャプテン・ウルフ』を選択。
     うはっ、てっきりヴィン・ディーゼル版『キンダーガートン・コップ』あるいは『マイホーム・コマンドー』かと思いきや、あにはからんや映画好きの触角をくすぐる小ネタを織りまぜつつ『サウンド・オブ・ミュージック』モチーフで引っ張った佳作でありました。

     23時過ぎ、帰宅。先日、本屋の古本コーナーで買った『魔法陣グルグル』(1)〜(3)を読む。この漫画を手に取ったのは数年ぶり。ククリってこんな可愛いキャラだったんだなあ。アニメ版も観直したくなってきた。
     一歩引いて作品そのものの次元で見ると、やっぱりドラクエ4コマ出身の作家だけあって和製RPGファンタジーの約束事を茶化す手際が、初手から完成の域に達しているのが面白いよね。(その一方で2巻収録の外伝「ククリルク」みたいに素でメルヒェンな話も早々とくりだしているのも見落とせないわけだけども)

    コメント

    聖マッスルは漫画家、原作者共にオリジナルの古代神話を描こうと意気ごんで始めたものの、二人の見解がだんだん違うものになっていった為に結局漫画家だけで描き上げた、と聞いた覚えがあります。
    世界各地に内容が似ているようで違う神話伝承が数多く伝わっていることを考えると、うなずける話ではあります。人の数だけ神様はいるということで。結局打ち切りとはいえ、こういう漫画を連載させた昔の少年誌はいろいろな意味ですごかったんだと(少年マガジン)改めて再認識。
    神話の主人公である聖マッスルが一糸纏わぬ姿なのはおかしくないのですが、股にあるべきものが描かれていない件について、かつて色々な漫画評論家が神話的見地から説を述べていました。で、後に聖マッスルが再評価された際に作者のふくしま氏がその件を聞かれて一言。
    「少年誌だから描けなかった」
    深読みって時にとんでもない誤解を招くんですね。

    Posted by: 猛魂: 2005年11月01日 12:13

    マッチョな題名はついてますけど、実際はフィジカルなものに無頓着な作品ですよね。筋肉描写は不正確きわまりないし(笑) ほんまに観念がほとばしってて、たしかに神話を作ろうとした志は(ネタ抜きで)感じられました。

    >深読みって時にとんでもない誤解を招くんですね。
    基本的に名作、傑作というのは作り手の思想以上に受け手の側で「誤読」していくことで生き延びていく面があるんでしょうね。だから極端にワケの分かんない作品がかえって長生きすることもある(^^;;

    Posted by: みやも: 2005年11月01日 15:21
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?