みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
今週のチャンピオン
今週の金剛番長:ヒュぺリオン体質のモデル
[定期更新] 金剛番長のアオリ一覧
ばぶぅ
BabyPrincess姉妹日記、ヒカルの「だから私は──」に続く言葉は?
今週のジャンプ感想
今週のプリキュア5
「28週後...」観た
FREEDOM第6話が無料配信中
最近のコメント
  • 響きがカッコいい医学用語
      └ 名無しさん 2005.03.08
      └ みやも 2005.03.09
      └ attisdinyheed 2008.01.26
      └ attisdinyheed 2008.01.26
      └ CimaPrayerm 2008.01.26
  • 本条さん最終章
      └ Ronnie 2008.01.26
  • ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
      └ 名無しさん 2008.01.26
      └ みやも(管理人) 2008.01.26
  • カテゴリー
    過去ログ

    2008 01
    2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2003 12
    全エントリ一覧

    2005年09月20日

    9/19 記ス 「Don't Panic」

    [ book , movie ]

     朝、HDDレコに録り溜めていたビデオの消化に勤しむ。
     特筆することなし。

     昼、Amazonからの発送物を待って小一時間ほどぼけーっとするも音沙汰無し。
     食事をしながら「デス・プリ」を読む。サンデーGX掲載、作者は吉田蛇作先生。幼なじみ約束モノ&おしかけ女房ファンタジーのフォーマットだが、アナーキーな味付けでベタつきのない、現代的に乾いたコメディに徹した良作。作者のお家芸ともいえるお目目ぐるぐる少女が出てくるエピソードを読んで、抜本的改革がない限りメジャーラインに飛び出ることのないマニア誌のマニア誌たるゆえんを垣間見たような気がした。

     夜、最寄りの劇場にてレイトショー料金で映画『銀河ヒッチハイク・ガイド』を観賞。僕は3ばか大将もモンティパイソンもまともに観たことがないのでこの類のお笑い手法について踏み込んで言えることはないのだけど、ともかく楽しかったです。壮大さとみみっちさを結合させるSF諧謔はじゅうぶん堪能できたし。
     「さよなら 魚をありがとう」が耳に残る。この歌を聴けただけでも観たかいはあったかな。

     深夜、帰宅。SF喜劇つながりで、ビデオラックに積んでいた『火星人ゴーホーム』('89)の観賞を始めてみたり。
     夜食はキャベツ炒め。

    コメント

    銀河ヒッチハイクガイドについて、この映画の脚本が、原作者のダグラス・アダムス最後の仕事になってたんですね。しかも遺族が映画に出演するとは。ダグラスもあの世で苦笑いしてると思います

    結構小説とは違う展開(例えばマルコビッチがやってた教祖様は映画のみの登場、ただしあの宗教は銀河ヒッチハイクガイドに収録されたネタの一つとして出てくる)になってましたが、原作ファンも納得の出来になっていて一安心。ガイド使用時の画面や不可能性ドライブ航行の表現には感心させられました。
    監督始め製作スタッフやメインキャストの多くがこれのファンというのが、うまく働いた映画に仕上がっていたように思います。でもあれだけ好演していた大統領の人が原作を全く知らなかったってのは……。

    ただ主人公の原作での扱いを考えるとラブロマンス入れたのはどうかと思います。あの話の場合、アーサーがどこにでもいそうなちょっと頼りない(しかもかなりの凶運持ちの)人だからこそ、話が面白く転がっていくわけで。

    私としては、最強ロボマーヴィンの原作同様の活躍ぶりが観られたので、もう何も言うことはありません。良作認定しておきます。

    Posted by: 猛魂: 2005年09月24日 19:55

    >最強ロボマーヴィン
    いいキャラですねえ。21エモンのゴンスケみたいなボヤキ係かと思ってたら……まさかあの鬱っぷりが一番の見せ場の伏線だったとは!(笑) 

    ラブロマンスがねじ込まれたのは、まあアレでしょうな、大人の事情(^^;;

    Posted by: みやも: 2005年09月24日 20:04
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?