みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
今週のチャンピオン
今週の金剛番長:ヒュぺリオン体質のモデル
[定期更新] 金剛番長のアオリ一覧
ばぶぅ
BabyPrincess姉妹日記、ヒカルの「だから私は──」に続く言葉は?
今週のジャンプ感想
今週のプリキュア5
「28週後...」観た
FREEDOM第6話が無料配信中
最近のコメント
  • 響きがカッコいい医学用語
      └ 名無しさん 2005.03.08
      └ みやも 2005.03.09
      └ attisdinyheed 2008.01.26
      └ attisdinyheed 2008.01.26
      └ CimaPrayerm 2008.01.26
  • 本条さん最終章
      └ Ronnie 2008.01.26
  • ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
      └ 名無しさん 2008.01.26
      └ みやも(管理人) 2008.01.26
  • カテゴリー
    過去ログ

    2008 01
    2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2003 12
    全エントリ一覧

    2004年11月18日

    漫画漬け

    [ book ]

     ここ数日は漫画成分の摂取につとめておりました。
     買っては読み、借りては読み、漫画喫茶へ行っては読み。

    「デスノート」(1)〜(4) 原作:大場つぐみ 画:小畑健
     いやー、実はまだ読んでなかったんです。 
     内容は、えーと、自らの手で編集できる恐怖新聞みたいなもんか。相変わらず小畑氏の描く女性キャラのボディラインは艶めかしい。
     作品の対象年齢(中学・高校生)のボキャブラリからさほどはみ出さずにアタマの良さそうなモノローグおよびダイアローグをポンポン放り投げるところに感心する一方、週刊連載媒体で毎度毎度この文字びっしりのページ構成追っかけるのは疲れそうだと思ったりも。コミックス向きの作品ってあるよなあ、とこういうのを読むと思うのです。富樫先生の「レベルE」とかもね。

    「アグネス仮面」(5) ヒラマツ・ミノル
     マチルダがおいしすぎる。マーベラス様もマーベラス様で、その何も考えてなさそうで実は何か考えているようで本当は何も考えてない天然(?)っぷりがだんだん可愛くなってきた。「人生リセットしてみませんか」はいつかどこかで誰かに使ってみたいなあ。
     エピソードそのものjは、尾崎先輩の収まりが良すぎてあまりハジけた観もなくまとまったというか。

    <「金色のガッシュ!!」(18) 雷句誠
     千年魔物編が片づいて、ツナギの局面に入った状態。おおきな山を越えた直後の、適度にダレた感じが嫌いではない。突っこんだコメディを織り込めるのもこういう時だけだしね。……にしたって悶々はねえだろ悶々は(笑)
     あと、とうとう一次接近遭遇を果たした日常ヒロインと戦闘ヒロインの図がたまらない。ラブコメわっしょい、ラブコメわっしょい。
     ちなみに僕は恵さん派です。むかしは鈴芽の方が好きだったんだけどなあ。ティオに引きずられてパートナーの印象まで上がったんだろうか。
     
    「大飢饉」本宮ひろし
     漫画喫茶で読んだ。本宮ひろし傑作集に収録されてたんだったかな? 表題作は昭和57年に少年ジャンプで掲載された中編で、気候変異による大不作で農民が飢えの極みに追いやられ、牛を食い犬を食い人をさえ食うに至った天明の大飢饉を描いた歴史ドラマ。飢饉状況下での非常食なんてのにも言及があるものの、サバイバル物というにはセンチメンタル勝ちなお話なのでそっち側の漫画としての面白みはなかった。
     絶望感たっぷりの不条理状況を扱ってはいるが、いちおうラストが新たに生まれた生命に切実な希望を託す、という美しい結びになっているので後味は……いいかなあ、これ?

    「デビルマン」全巻 永井豪
     同じく漫画喫茶にて。これ、通読は何度目かなあ。
     改めて読み直すと、映画でおかしいと思った場面が実は原作に忠実すぎるほどに忠実だった結果だったりして面白いですな。映画化作品において「原作の絵とセリフそのまま実写に起こせばいいってわけじゃない」事がよく分かる。

    「AKIRA」(1)〜(6) 大友克洋
     そういえば、ちゃんと最初から最後まで読んだのはこれが初めてか(^^; 前は順番を前後して読んじゃったからなあ。
     ところでこの漫画、アキラが金髪白人幼女、ミヤコ様が巨メガネ巫女だったらまた違った歴史的作品になってたと思いません?
     
    「鉄罠アトム 史上最大のロボット」 手塚治虫
     「プルートウ」1巻を読んでから、猛烈にチェックしたかった一編。
     ……って、これ最近アニメで見たじゃん。
     とりあえず、浦沢バージョンではゲジヒトとウランたんの処遇がどうなるのやら気になります。

    コメント

    単行本向けという前に、購読向けの漫画という側面もあるでしょうね。>デスノートやレベルE
    もっと言えば「早売り向け」か(笑)。
    実際ぼくもレベルEの載ってた号だけジャンプを買って熟読してましたし、当時のジャンプ(暗黒期まっただ中)はその時だけ売れてたようで。

    Posted by: いずみの: 2004年11月18日 23:25

    >熟読

    そういえば、両者に共通するのは構成力の高いサスペンス性→「つねに次が気になる」「手元に確保してじっくり読まないといけない」作品という意味で、購読を促す効果が高いのかな。

    なお、サスペンスではありませんが、現在ぼくはネギま!のためだけにマガジン購読するのがやめられなくなってます(笑)

    Posted by: みやも: 2004年11月19日 02:23
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?