みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
今週のチャンピオン
今週の金剛番長:ヒュぺリオン体質のモデル
[定期更新] 金剛番長のアオリ一覧
ばぶぅ
BabyPrincess姉妹日記、ヒカルの「だから私は──」に続く言葉は?
今週のジャンプ感想
今週のプリキュア5
「28週後...」観た
FREEDOM第6話が無料配信中
最近のコメント
  • 響きがカッコいい医学用語
      └ 名無しさん 2005.03.08
      └ みやも 2005.03.09
      └ attisdinyheed 2008.01.26
      └ attisdinyheed 2008.01.26
      └ CimaPrayerm 2008.01.26
  • 本条さん最終章
      └ Ronnie 2008.01.26
  • ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
      └ 名無しさん 2008.01.26
      └ みやも(管理人) 2008.01.26
  • カテゴリー
    過去ログ

    2008 01
    2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2003 12
    全エントリ一覧

    2004年08月29日

    ゾンビ本

    [ book ]

     いずみのさんにお借りした同人誌。
      あらゐよしひこ氏による、ロメロ版ゾンビに依拠した世界観で描かれたオリジナル漫画です。

    ■「LIFE OF THE LIVING DEAD」
     うはっ、ゾンビハンティングという状況設定だけで原典信仰者はもうニヤニヤですよ。
     青臭い退廃観がいい感じです。そういや、あれだけ長大なシリーズであるロメロの三部作ですが、あの終末世界におけるティーンズの心理的様相ってのは実は全然描かれてないんですよね。その意味で、ひじょーに補完的な価値を見いだせる作品ではないでしょうか。
     というか、殺伐とした空気の中に儚い情緒をこすりつけるこの語り口は、ロメロ的(あるいはフルチ的)世界をどれだけ拡大延長しても出てこないものです。 まさにあらゐ氏本人があとがきで指摘しているとおり、これだけコアなゾンビ愛好同人作家においてさえ「日本人のはらわたとアメリカ人のはらわたって、何か別のものでできてる」ことを他ならぬ自身の作品によって証明しているように思います。

    ■「HEART OF THE DEAD」
     死者の心理を推定する短編群。思考実験としては好きなんだけど、どのお話も「死人の抱える悲哀(を死人自身が実感できないという悲哀)」で尻を切っちゃってるもんだから、"メメント・モリ"アプローチの本懐である「死から逆照射して生を拾う」ところまで手を伸ばしていないのがちと肌に合わないかも。もちろん好みの問題といえばそれまでなんだけどね(→ボク自身は「ゾンビの出てくる世界の話」は大好きだけどゾンビというイコン自体に愛着はないので)。

    ■「LINK OF THE DEAD」
     前2作の世界観にディテールを継ぎ足して練り直した異編、といったところ。ここまでくると安定感が先に立って立派な"読み物漫画"になっている。
     知恵あるゾンビ像の模索といえば「死霊のえじき」のバブ君のエピソードがありましたが、あれ泣けますよね〜……と、筆がどこまでも滑りそうなので止めておこう。
     あとがきに関しては、「愛する死人との共存」というトピックを語るなら『ケンタッキー・フライド・ムービー』('77)の「死者の権利を守る会」もレファレンスに加えて欲しかったり。あの寓意に満ちたギャグは「●●権利団体」風刺にとどまらず、生死の相克で戯れるゾンビマニアにも示唆するところの多い傑作だと思います。

    コメント
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?