みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
今週のチャンピオン
今週の金剛番長:ヒュぺリオン体質のモデル
[定期更新] 金剛番長のアオリ一覧
ばぶぅ
BabyPrincess姉妹日記、ヒカルの「だから私は──」に続く言葉は?
今週のジャンプ感想
今週のプリキュア5
「28週後...」観た
FREEDOM第6話が無料配信中
最近のコメント
  • 響きがカッコいい医学用語
      └ 名無しさん 2005.03.08
      └ みやも 2005.03.09
      └ attisdinyheed 2008.01.26
      └ attisdinyheed 2008.01.26
      └ CimaPrayerm 2008.01.26
  • 本条さん最終章
      └ Ronnie 2008.01.26
  • ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
      └ 名無しさん 2008.01.26
      └ みやも(管理人) 2008.01.26
  • カテゴリー
    過去ログ

    2008 01
    2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2003 12
    全エントリ一覧

    2004年06月03日

    DVD観賞メモ

    [ movie ]

     つい最近できた駅近くのショッピングモールに良いビデオ屋さんが入ってまして、サービス期間にまかせて入り浸っております。割引券、無料券をかたっぱしから使い込んでいく日々。

    「続・座頭市物語」 (1962年、森一生監督)
     第1作ではまだこの作品のどこが大衆にウケるか固まっていなかったため、実際に斬る人数も少なく、展開的にも抑制の効いたお話だったんですが、この第2作からはさっそく超人・座頭市がバッサバッサと大量殺人を繰り広げていく量的なチャンバラ娯楽の供給が芽を出しております。(ただし開花はしきっていない)
     しかしそれより本作で気を引くのは設定上のアピールですね。

     ・劇中当時の市の年齢は26〜27歳
     ・市の盲目は後天的な障害
     ・市には実兄がいたが、女を巡って禍根を残していた

    という重大事実がポコポコと明らかになる本作はシリーズ上かなり大きな意味をもっています。ってか、2番目と3番目はぜんっぜん知りませんでした(^^;
     なお、市のお兄さんを演じるのは勝新の兄である城健三郎(若山富三郎)だったりして、シャレの効いたキャスティングであります。というか、勝新の兄を出すから市の兄を造形したのか。

    「座頭市血煙り街道」 (1967年、三隅研次監督)
     母を亡くした幼子を父親の元へ届けることになった市の旅路を描く、シリーズ第17作目。座頭市ってどんな映画? と聞かれた時、とっつきやすさからこれをオススメしたい。
     子供をダシに使っているので人情話にウェイトを置いた印象ですが、お約束である「因縁のお侍」キャラに戦前からの剣豪スター・近衛十四郎を相手に迎えたことで、チャンバラの完成度も非常に高くなっています。クライマックス、細かい段取りを用意せずに繰り広げたという勝新との殺陣は凄まじい緊張感。
     個人的にはルトガー・ハウアー主演で米国リメイクされた「ブラインド・フューリー」('89)の原作ということで意義深い一作だったりします。つくづく、アレはもうちょっとどうにかならんかったのかと(^^;

    「ジャッキー・チェン 必殺鉄指拳」 (1978年、チャン・シン監督)
     若い! ジャッキー若い! って、ただそれだけの映画(^^; ジャッキーのアクションの素地がいろいろ詰め込まれているという点では面白いんだけど、お話のグダグダ感が凄まじいので資料的価値以上のものはない……と思うなぁこれは。
     米国版のフィルムをベースにしたDVDなので、エンディングが本邦初公開のバージョンになっています。既発売のビデオ版よりもこっちのほうがしっくりくるぞ。(DVDでは両バージョン収録)

    「ブラッディ・マロリー」 (2002年、ジュリアン・マニア監督)
     日本のアニメ、マンガのオタクさんであるフランス人監督がヒーロー物を意識して作ったことを公言しているオカルトアクション映画。悪の組織の怪人幹部やら雑魚の戦闘員がぞろぞろ出てくるあたり、明らかに「そんな感じ」ではある。ベルばらオマージュの衣装を着た女吸血鬼が出てきたときは爆笑。
     今の時期に観ると、カラーリングのせいで主人公が実写キューティーハニーに思えてしょーがないや。

    「荒野の用心棒」 (1964年、ボブ・ロバートソン[=セルジオ・レオーネ]監督)
     スパゲッティ・ウェスタンの決定版。「用心棒」の無許可パクリ映画という点でずーっと賛否が問われる宿命にある本作だけど、いま思えば、洋の東西を越えてここまでそのまんま翻案できたという再構築技術はかえって凄いと思うのです。いや、ホンマに(^^;

    コメント
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?