みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
今週のチャンピオン
今週の金剛番長:ヒュぺリオン体質のモデル
[定期更新] 金剛番長のアオリ一覧
ばぶぅ
BabyPrincess姉妹日記、ヒカルの「だから私は──」に続く言葉は?
今週のジャンプ感想
今週のプリキュア5
「28週後...」観た
FREEDOM第6話が無料配信中
最近のコメント
  • 響きがカッコいい医学用語
      └ 名無しさん 2005.03.08
      └ みやも 2005.03.09
      └ attisdinyheed 2008.01.26
      └ attisdinyheed 2008.01.26
      └ CimaPrayerm 2008.01.26
  • 本条さん最終章
      └ Ronnie 2008.01.26
  • ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
      └ 名無しさん 2008.01.26
      └ みやも(管理人) 2008.01.26
  • カテゴリー
    過去ログ

    2008 01
    2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2003 12
    全エントリ一覧

    2004年05月09日

    「アホ毛」は辞書に載っている

    [ note ]

     某所の「瓶詰妖精」スレッドで紹介されていたトリビア(?)。

    「アホ毛」の定義が新語辞典に掲載されている

     すでに市民権を得てるのか……。
     これ、てっきりごく最近のアニメや漫画関係で生まれた造語なのかと思っていたんですが、ここを見るにどうも「局所的な縮れ毛」という意味では、わりに前々から使用されていたようです。「アホ」の組み込み方から推測されるところでは、おそらく関西圏が発祥ではないでしょうか。
     ただ、ここで問題となる「触覚のようにハネている一房の毛髪」という意味に限定しての「アホ毛」がどんな由来と歴史を持っているかはちょっと定かではありません。マホ。

    追記: 
     似たような例として、「漢」と書いて「おとこ」という読みをあてるのもオタク系造語だと誤解されがちですね。これは司馬遼太郎が作品(「新選組血風録」など)で好んで使用しておりましたので、少なくとも30年はさかのぼることが出来ます。

    コメント
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?