みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
今週のチャンピオン
今週の金剛番長:ヒュぺリオン体質のモデル
[定期更新] 金剛番長のアオリ一覧
ばぶぅ
BabyPrincess姉妹日記、ヒカルの「だから私は──」に続く言葉は?
今週のジャンプ感想
今週のプリキュア5
「28週後...」観た
FREEDOM第6話が無料配信中
最近のコメント
  • 響きがカッコいい医学用語
      └ 名無しさん 2005.03.08
      └ みやも 2005.03.09
      └ attisdinyheed 2008.01.26
      └ attisdinyheed 2008.01.26
      └ CimaPrayerm 2008.01.26
  • 本条さん最終章
      └ Ronnie 2008.01.26
  • ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
      └ 名無しさん 2008.01.26
      └ みやも(管理人) 2008.01.26
  • カテゴリー
    過去ログ

    2008 01
    2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2003 12
    全エントリ一覧

    2004年01月24日

    種ガンダムDVDミリオンセラー

    [ news ]

     あえて肩を持ってみる試み。

    「ガンダムSEED」DVDが売り上げ累計100万枚を突破 [情報元:楽画喜堂]
     売れてんじゃん! おそるべし種マジック。
     過去のシリーズとの相対評価で賛否するのはさておいて、「ガンダムSEED」という一本のアニメとして商業戦術的には勝ち組になったわけですな。

     本当はここで「いくら売れても美形キャラ頼りの疑似トレンディドラマに走ってガンダムという長寿ブランドにトドメを刺すような作品内容では云々」なんて益体もない繰り言を垂れ流すところだったんですが、頭を冷やして考えれば「ガンダムW」の宝塚路線でも既得のファンが渋い顔をしたわけで、その点今さらといえば今さらなんですよね。
     ファーストからZ、ZZ、間を置いてV、G、W、X、ターンAときてSEED──常に新作は前作を前提として色々あげつらいを受けてきました。「ガンダムである必然性」とか「ガンダムの本質」なんてのは案外作り手よりも受け手によって紡ぎ上げられてきた面が大きいのかもしれません。
     その中にあって、少なくとも「商業的成功」というひとつの看板を飾るに至った以上、種ガンダムは必ずしも安易な苦笑をもって一蹴にできる存在ではないように思うのです。
     いくらSF戦争ドラマとして噴飯ものの破綻があっても、またいくらキャラのカップリングをダシにした整合性ブッちぎりの愛憎劇に過ぎたとしても、今この現在に生きる大勢のお客さんに対して広くアピールできたというのはリアルタイムな消費娯楽として強みを持っていた証であり、それは芸術ボケや思想ボケしていないことを示しています。例として適切かどうか分かりませんが、たとえば板垣恵介センセの漫画のように人物・事件の前後を臆面もなく飛躍して場当たり的な刺激提供に徹底してしまえる動物性の高い語り口というのは、実は商業エンターテインメントタイトルとしてある意味では立派なことでなはいでしょうか。

     つーか、Gガンダムが存在した後ではもうなんでもありになってるような気がするんだけどなぁ、というオチをつけたところで拍子木をチョンと鳴らすワタクシでありました。ぎゃふん。

    コメント

    なるほど、そういう見方がありましたか・・・キャラが受ければストーリーがぐだぐだでも許される、というのは悲しいですが、制作側としたら「売れればよかろうなのだァー!」ですしねぇ。どうせならその儲けを元手に「ガンダムセンチネル」や「コロニーの落ちた地で・・・」のようなマニア受けするOAV作ってもらえないかしら・・・。

    Posted by: 猛魂: 2004年01月27日 23:28

    まあ、上で述べたのは要するに「よー売れたねぇ」って結果論なわけで(^^; やっぱり物語作品としては釈然としない面も多々あったのは否定しません。次にしっかりした監督さんがガンダムを作るとして、その際にSEEDが何かのレファレンスになるとはちょっと考えにくいですし。……反面教師にはなるか?(^^;

    >OAV作ってもらえないかしら・・・。

    トミノ御大はキンゲでまた違ったところへ旅立たれましたからねえ(^^;

    Posted by: みやも: 2004年01月28日 01:09

    >「ガンダムセンチネル」や「コロニーの落ちた地で・・・」

    08MS小隊や0083はかなりこっち方面を意識して作成されたモノだと思われるんですが、どっちも

    「付加価値(華)として追加されたメロドラマ要素」

    が、『濁りを加えた』と言うか『足を引っ張った』印象もあり…(^^;;

    でもまぁ、仮にワタシが企画を通す側だったとしても、美少女キャラどころか「女っ気がまったくナイ」センチネルのアニメ企画にGOを出すとは、正直あんまり思えないんですよねぇ(^_^;)

    勿論嫌いじゃあない(むしろ「積極的に好き」)んすが、これを経済活動として捉えた場合、投資に対する目標範囲(市場)が狭すぎるような気がします→ヒトを巻き込むには作戦リスクが大きすぎるかな、とか。

    どーでもいーんですが、アナハイムジャーナル、どこにも売ってません(T_T)

    キンゲ<すばらしくエンターテイメントでした(笑) 特に開き直りか具合が素晴しい。

    Posted by: と: 2004年01月29日 10:01

    >経済活動として捉えた場合、投資に対する目標範囲(市場)が狭すぎる

    今のご時世、どこも「作品」的冒険をするにはちょっと台所が厳しいですからねえ(^^;

    >すばらしくエンターテイメント

    ヒゲガンダムで自分のまとめをやっちゃったトミノさんがまさかああいうはっちゃけた方向へいくとわ(笑)

    あのお年で「次はどんな作品を作るんだろう」と思わせるってのは、凄いことです(^^;

    Posted by: みやも: 2004年01月29日 13:52
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?