みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
今週のチャンピオン
今週の金剛番長:ヒュぺリオン体質のモデル
[定期更新] 金剛番長のアオリ一覧
ばぶぅ
BabyPrincess姉妹日記、ヒカルの「だから私は──」に続く言葉は?
今週のジャンプ感想
今週のプリキュア5
「28週後...」観た
FREEDOM第6話が無料配信中
最近のコメント
  • 響きがカッコいい医学用語
      └ 名無しさん 2005.03.08
      └ みやも 2005.03.09
      └ attisdinyheed 2008.01.26
      └ attisdinyheed 2008.01.26
      └ CimaPrayerm 2008.01.26
  • 本条さん最終章
      └ Ronnie 2008.01.26
  • ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
      └ 名無しさん 2008.01.26
      └ みやも(管理人) 2008.01.26
  • カテゴリー
    過去ログ

    2008 01
    2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2003 12
    全エントリ一覧

    2004年01月16日

    かんちがい

    [ note ]

     日本語をネタに扱っているサイトを巡ってみると、「勘違い」の誤用として「感違い」がよく槍玉に挙げられているのを見かけます。
     ところが先日、昭和初期の小説、具体的には夢野久作の短編作品を読んでいた際に、作中で「感違いの感違い」というようなサブタイトルが使われているのを確認できました。
     となると……「感違い」は誤用というより、たんに"現代では一般的でなくなった表記"と考えれば良いのでしょうかねえ??
     あるいは夢野センセの用法が特殊なのかな、とも思いますが、そこは寡聞にしてよく分かりません。

     うーん、これは手元に大きな辞書がないのが悔やまれるな。
     明日にでも近所の図書館に行ってくるか。

    参照:
    夢野久作「いなか、の、じけん

    コメント
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?