みやもの作品
修正報告
銀河ツンデレ伝説
初の長編小説。イラストは上連雀三平先生!
二見書房 630円
プロフィール
名前:みやも
限りなく無職に近いライターです。小説も書きます。
これまでの仕事一覧
Web拍手
サイト内検索


最近の入力
ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
今週のチャンピオン
今週の金剛番長:ヒュぺリオン体質のモデル
[定期更新] 金剛番長のアオリ一覧
ばぶぅ
BabyPrincess姉妹日記、ヒカルの「だから私は──」に続く言葉は?
今週のジャンプ感想
今週のプリキュア5
「28週後...」観た
FREEDOM第6話が無料配信中
最近のコメント
  • 響きがカッコいい医学用語
      └ 名無しさん 2005.03.08
      └ みやも 2005.03.09
      └ attisdinyheed 2008.01.26
      └ attisdinyheed 2008.01.26
      └ CimaPrayerm 2008.01.26
  • 本条さん最終章
      └ Ronnie 2008.01.26
  • ばぶぅでGO!べビプリあさひの可愛さに備えるための赤ちゃん作品特集
      └ 名無しさん 2008.01.26
      └ みやも(管理人) 2008.01.26
  • カテゴリー
    過去ログ

    2008 01
    2007 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2006 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2005 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2004 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
    2003 12
    全エントリ一覧

    2003年12月20日

    きょうの読み物

    [ book ]

    アンブローズ・ビアース「妖物(ダムドシング)」
     山中で不可視のバケモノに遭遇した人間の体験談を描いたお話。 
     純然たるホラーではありますが、知覚外の存在による怪異という筋はSFでもよく使われますね。
     また、著者A・ビアースがクトゥルー神話の短編創作にも手を出していることを念頭に置けば、いかにもといった趣が見いだせます。

     ちなみにビアースは警句集『悪魔の辞典』で有名な米国の作家で、本作は岡本綺堂の訳による『世界怪談名作集』収録の一編。映画マニア相手には、ビアースといえば『フロム・ダスク・ティル・ドーン3』の主人公のモデルと説明した方が分かり良いかも。

    オスカー・ワイルド「わがままな大男」
     個人の所有権に固執していた男が虚しさを経て公共利益に思い至るというお話。
     我々の生きる現代社会においては、ベタベタな宗教的寓話として大男の心理分析をするより、劇中内の状況を「フリーウェア」やなんかの思想性にからめて語ってみる方が面白い気がします。

    コメント

    nice site!!!!

    Posted by: penis enlargement pills: 2006年03月14日 18:49
    ツッコミを入れる









    名前、アドレスを登録しますか?